Day3:ジンバブエ入国、バオバブの木(Big Tree)を見に行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/4/29

ザンビア側のヴィクトリア・フォールズを見終わった後、ジンバブエ側に向かうべく、歩いていくと、まずザンビアのイミグレがある。橋の手前でまずはザンビア出国手続き。
DSC07969

大体こんな感じで窓口がいくつかあって、パスポート渡して、出国ハンコを押してもらう。もう一つ、出国ハンコが押された小さな紙をくれるのだが、それは実際国境を通るときに係員に渡す用なので、もらって、紙を渡して出国する。
カメラロール-5027

先ほど滝のほうから見た橋は、ここはザンビアとジンバブエの間にかかっており、ステイタス的にはどちらの国にも属していない。
DSC07970

DSC07972

ちょうど真ん中でバンジージャンプ。
DSC07980

こっちザンビア
DSC07981

あっちジンバブエ
DSC07982

せっかくなので、バンジージャンプの冷やかしでもしていこう。バンジーやる人用の映像を撮っている。
DSC07984

ちょうど日本人男性二人が飛び込むところだった。
DSC07985

川にせり出した飛び降り台はなかなかスリリング。
DSC07986

絶叫とともに、落ちていきました。いやはや。
DSC07987

しかし、この渓谷の絶景の中、飛び降りるのはすごい。バンジーの景色としては世界一だと思う。
DSC07994

今度は橋をジンバブエ側に渡り切ったポイントから撮影。虹がかかってる。
DSC08011

また、飛び降りる人あり。結構頻繁に飛び降りてる。
DSC08017

谷底に落ちってった。勇気のある人にはお勧めするが、私はやってませんwDSC08019

橋を渡り切った後もしばらくは歩く。真昼間結構暑い。
DSC08020

イノシシの親子。
DSC08022

やれやれ、やっと着いたよ。ジンバブエイミグレ。今度は入国スタンプを押してもらう。ジンバブエビザは30ドル。日帰りでも取られるので、ちょっと勿体いないけど仕方なし。ちなみに、バンジージャンプのところまで行くならジンバブエ入国は必要ないし、ザンビア側も出国ということにはしないそうだ。
DSC08024

ジンバブエイミグレからジンバブエ側のヴィクトリア・フォールズは徒歩で行ける距離だが、おなかがすいたので、街までタクシーに乗っていった。4ドルぐらい。ジンバブエのヴィクトリア・フォールズはかなり人工的な観光地の街並みだった。リビングストンのようなローカルさがない。
DSC08029

ローカルブランドでKFCとピザハットのマネっこのようなファストフード店でお昼。
カメラロール-5043

KFCのマネっこみたいなランチ。ジュース入れて4.5ドル。払うのはUSドル、お釣りは南アフリカランド。ある意味めちゃくちゃw 1兆ジンバブエドルとかで流行っていたジンバブエドルはもはや、ジンバブエの一般生活では使われなくなっており、たまに道の人が昔のお札を売りつけようとするぐらい。
カメラロール-5044

食べ終わって、滝に行ってもよかったのだが、バオバブの木があるとのことなので、行ってみることにした。
DSC08031

バオバブの木はゾウの絵がある右下のBig Treeが目印。
DSC08033

まずは滝に向かって歩く。
DSC08036

と、道端に象いた!
DSC08038

かなりシュールだ、この風景。ゾウが普通に道端に。
DSC08040

気が立っているのか、水浴びしたくてしょうがなかったらしく、ドロドロ。
DSC08045

一匹だけかと思ったら、草むらにたくさん象がいる!!すれ違う地元の人は「あっちに象がいるから気を付けて」と言っていたぐらいなので、野生の象は注意が必要。しかし、アフリカってすごいなぁ。
DSC08048

ヴィクトリア・フォールズは道の一番奥の緑の屋根あたりなのだが、左側の人が固まっているあたりで左に曲がるとBig Treeに行く道。
DSC08050

ヴィクトリア・フォールズの上流を見ながら徒歩移動。
DSC08052

しかし、近いと思っていたら意外と遠く、そして、こういう時に限って車が一台も通らない・・・・あーあ、来なきゃよかったかなと思いながら、歩く。Big Treeの手前にも結構立派なバオバブの木があった。
DSC08056

ヴィクトリア・フォールズも滝壺を抜ければこんなに穏やかなところがある。
DSC08057

でも、水辺にはあまり近づかないほうがいい・・・・「クロコダイルに注意」ってワニいるのか。危ない。
DSC08061

そして到着した、Big Tree! 見事なバオバブの木。あまり観光地でもないようで、人おらず。ツーリストポリスの男女と世間話。ここまで歩いてくるのが結構大変だった。
DSC08059

そして、帰りぐらいタクシーに乗りたいと思ったが、乗りたいときにタクシーは全くおらず、工事の車がたまに通るくらい・・・こんなんだったらヴィクトリア・フォールズの街で10ドルで行って帰ってくるよ、というのに乗って楽すればよかった・・・・。
DSC08062

結局再び来た道を炎天下30度ぐらいの中歩いて戻った・・・。激疲れ。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加