Day4:チョベ国立公園・ゲームドライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/4/30

チョベのボートトリップから戻ってきたところで、ボートの発着場のホテルでビュッフェランチ。結構品数は多い。
カメラロール-3391

グリルもある。アフリカにしてはかなりクラスの高いホテルなのではないかと。
カメラロール-3388

デザートもたくさん。メニューは完全に欧米人向き。
カメラロール-3390

盛り付けるとこんな感じ。左下の白いものは「シマ」と呼ばれる、トウモロコシの粉をお湯で練って作られたもの。手でちぎりながら食べる。味があまりないので、それほどおいしくないけれども・・・。
カメラロール-3392

ランチ後はランクルに乗ってゲームサファリへ。
DSC08396

ホテルから公道を通って公園入口まで行く。
DSC08399

公園内に入るとフロントガラスが折りたためるサファリ仕様。ガイド兼運転手が無線で回りのドライバーと連絡を取りながら動物を探しに行く。ただ走っていても公園が広すぎて動物って居ないものなので、この動物を探し当てるノウハウはさすがだと思った。
DSC08409

まずはヒヒの一家。序の口。
DSC08411

いきなりキリン遭遇。本当に首が長いわ―。
DSC08421

ガイドが「オスハツノガアリマス!」と日本語で説明してきた。日本人も多く訪れるので、日本語勉強しているらしいw
DSC08420

しばし進むと、前方にゾウ!
DSC08424

近づいてみると、草むらに小象と母象かな?
DSC08425

雄インパラは角が美しい。
DSC08428

水辺に行ってみると、ボートからも見えたゾウの一族。
DSC08433

ゾウの鼻の動きはずっと見てても飽きないな。本当器用に使う。
DSC08436

チョベにはゾウがたくさんいる。ほら、もう、うじゃうじゃ。
DSC08439

小ゾウも多くてかなり萌え。白い土をなめているのは、地面から塩分やミネラルを得るからだとガイドが教えてくれた。
DSC08448

いきなり目の前にゾウが立ちはだかった。野生のゾウは威嚇してくる。
DSC08453

チョベは水辺でカバとゾウが中心なので、あまり期待していなかったが、やっぱりサファリをするにはビック5は見たい。午前中にライオンを見かけたとガイドが言っていたので、それを探すべく、無線で連絡を取りながらライオン探し。
DSC08456

チョベには、インパラも山のようにいた。これももう全然ノーマルw
DSC08459

そして目星をつけて、いきなり道なき道をランクルで入っていくと、いたー、雌ライオン!!しっかし、ひどい恰好をしているwww 左側には食べつくされたインパラの無残な姿があったので、ちょうど食事を終えて、おなか一杯だったらしい。いやはや、車から落ちたらわれらも食べられる・・・。
DSC08463

またキリン遭遇。キリンは首が長いので、地面のものを食べるときは前足を開いて前屈をする。
DSC08478

さて、また道なき草むらを進むといたー、雄ライオン!!大あくび!
DSC08485

おなかがすいているのか、舌をペロペロ。
DSC08487

近くに雌ライオンもいた。夫婦らしい?
DSC08491

私も眠いのヨー。昼のライオンはあくびばっかり。
DSC08492

ガチで百獣の王と目が合ってしまった。
DSC08498

腹減ったーガルルルー。やっぱりライオンがいると盛り上がる!
DSC08499

そして先ほどは木の影越しに見えていたバッファローもいた!結局チョベではビック5のうち、バッファロー、ライオン、ゾウは見られたが、ヒョウとサイは見かけなかった。
DSC08507

最後はきりんさん。モグモグ。
DSC08518

遠景で見ると、こんな感じで野生に存在するキリン。野生の王国の世界がまさにそこにあった。
DSC08520

帰りはまた来た時のようにボートに乗ってボツワナからザンビアにわたり、イミグレを終えてチャーターされたタクシーに乗ってリビングストンに戻った。運転手と「サイは見れなかったんだよねー」と話していたら、あれ、確か、この辺に野生のサイがいるよ、と。うそー?
DSC08531

後姿からだけど、確かにいたわ、サイ。国立公園って区切りはついているけど、なんだか動物はどこにでもいる、それがアフリカな気がした。
DSC08533

ホステル帰還は17時過ぎ。日帰りで水陸両方のサファリを体験できて楽しかった!

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加