Day6:Elim Dune, セスリムキャンプサイトの夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/5/2

日没まで後1時間。ゲートから45キロのDune 45に行くには時間がないので、公園入口からすぐのElim Duneに車を走らせた。駐車場について、これがElim Dune。結構草が生えている砂漠。
DSC08652

上に登ってみて振り返った図。下に見える車の置いてあるあたりに私も駐車した。
DSC08659

この辺はまだ砂漠感が薄いが、でも広大な大地で見晴らしがいい。
DSC08648

お金持ちのツアーの人たちはこういうところでピクニックセットを広げて、ワインを飲みながらサンセットとかやっている。もちろんセッティングもツアー会社の人がやってくれるようだ。優雅〜。
DSC08658

砂漠に落書きw 砂がさらさらよ。
DSC08668

座って日が沈むのを見る。
DSC08665

でも、ここからは直接夕陽は見えない。空の色が変わって行くのを楽しんだ。ついに来たなー、ナミブ砂漠!明日が本番、楽しみだ。DSC08672

程なくしたら、自分のキャンプサイトの確認。私は13番をあてがわれた。大きな木があって、発電機と水道がある、本当のキャンプ場w しかし私はキャンプ道具も何も持って来ていないので、食事はレストランで、そして車中泊という一番キャンパーらしくない客だと思う。
DSC08673

しかし、ロッジに行くとバーがちゃんとある。
DSC08677

レストランも併設。だから、食料を買って行かなくても食いっぱぐれる事は無い。調理も面倒だしねー、1泊ならここで済ませるのがよいだろう。
DSC08679

ビールは17ナミビアドル。170円だから安いね!運転たくさんしたから飲むぞー!ビールが美味しいのも旧ドイツ植民地の意地かしら。
DSC08676

そして食事。ステーキのセット。これが出てくるのがやたら時間がかかった。急いでないけどお腹が空いたー。
カメラロール-3477

ビール2杯目はウィントフックというナミビアの瓶ビール。
DSC08680

ここで食べていたら、ポルトガル人の旅行客Rに話しかけられる。彼は1人で何と、バックパッカーでここまで来たらしい。ウィントフックからヒッチハイクで、ここまで来る人を探すのに2日かかったよ、と。強者だw しかも、多分先ほど見たリッチなツアーに乗せて来てもらったらしい。そこに頼み込んで乗せてもらう度胸もすごい。ナミビア自体、2週間以上滞在するとかで時間があるからなせる技だな。

私に声を掛けて来たのもつまり、ここまで来たがいいが、公園入口から一番奥のデッドフレイやソススフレイまでは片道70キロぐらいあるので、足が無いと砂漠にたどり着けないのだ。まぁ、私もひとりより誰かいたほうが写真も撮ってもらえるだろうし、便利かな、ということで、翌朝一緒に砂漠をまわる事にした。翌朝5時半の開門だが、噂によると5時15分ぐらいに開くということをRが聞いて来たので、ロッジに4時半に集合して、門の前で待とうという事になって夜は散会となった。

セスリムのキャンプサイトはレストランもあるし、トイレもきれい。砂漠なのにちゃんと水も流れるし、ここはアフリカだけれども、お金を落として行くのは欧州人というのをよくわかっていて、設備の充実度は日本よりも進んでいた。ちゃんとシャワールームも備えてあった。
DSC08674

そして夜は先ほどのキャンプサイトに戻ってもう寝る準備。ちょっとばかり星空撮影に挑戦してみたが、難しい!見た目に近い空はこんな感じ。
DSC08689

ゲインをISO12000ぐらいまで揚げるとこんな感じ。落としどころがよくわからない。
DSC08690

キャンプサイトに行くにあたり、テントをどうするか、寝袋をどうするか、迷って、ウィントフックからレンタルする事も考えたが、レンタル屋はメールに無反応w どうせ一泊なら、ってことで割り切って日本から非常用のアルミの寝袋を持って行った。そして車はSUVなので、後部座席を倒すと寝転がれるスペースができたので、テントが無くても大丈夫。エア枕をして寝て、1泊ならこれでいいかなと。

これが大正解。最初は暑くて何もかけないで寝ていたが、さすがに砂漠の夜は冷えて、これを広げてくるまって寝たら、暖は取れた。まぁ、かなりサバイバル的だが・・・。折り畳むのが結構面倒なので、翌朝、そのままゴミ箱に捨てて来た。まぁ、300円だし、日本から寝袋持って来て荷物がかさばるよりかは使い捨て感覚でいいかなと思う。

また、星を撮る時の三脚も楽天で買って持って行った。1500円の安物だけど、アルミで軽石、雲台もあってこれからも色々使えそう。

車中泊はさすがに海外でした事はなかったけど、意外にもちゃんと眠られて、翌朝はいよいよナミブ砂漠、Dune 45に向かう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加