Day8:遅延しまくりナミビア航空でケープタウン、テーブルマウンテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2013/5/4

ウィントフックの次はケープタウンに直接飛ぶナミビア航空の便での移動だった。この便、朝6:55発だったので、朝の4時半にホステルからのタクシーを予約していた。結局ホステルの滞在時間はわずか8時間ほどだった。

ご親切なことに、ホステルの警備員が4時ちょっと前に部屋の外から私の名前を呼んで起こしてくれた。私は起きていたので大丈夫だったが、寝ていた人には少し申し訳なかった。。。部屋にもシャワーはあったがうるさいと思うので、部屋の外の共有部分にあるシャワーを浴びていたら、まだ4時10分ぐらいなのにもうタクシーが来て、一緒に行く人が待っているから、と言ってきた。おいおい、早いtって!急いでシャワーを浴びて、タクシーに乗り込んだ。

ウィントフックの国際空港はレンタカーを借りたエロス空港とは異なり、ウィントフック市から郊外へ40キロも行かないといけないのでかなり遠い。しかし、朝は車がほとんど走っていないので、5時過ぎには空港に到着した。空港は新しいが小さい空港だった。
カメラロール-3525

そしてカウンターに行ってチェックイン。そしたら、私の6:55の便は2時間遅れというではないか!せっかく4時起きだったのに、早く起きてきた意味なし。
カメラロール-3524

ところで、エアナミビアとリフトハンザのマークって似ている。(右:ルフトハンザ、左:エアナミビア)
カメラロール-3532

約9時発の遅延になって、そしてそれを言われたのは5時過ぎ、と4時間も待つはめになった。加えてこの空港、Wifiも飛んでいなく暇でしょうがない。出国してしまうと退屈な椅子だけの待合なのだが、その横にラウンジがあった。有料で20ドルぐらい、この際払って入ることにした。入るとWifiが飛んでいて、パスワードをもらってネットをして時間をつぶした。朝食もおいてあったので、いただく。
カメラロール-3529

チェックインの時に9時発に変更になると言っていたのが、またさらに遅延して、結局6:55の出発が10:15に変更になった。最悪すぎる。車を借りてのケープタウン観光をこの日にしようと思っていたのに、既に3時間遅れ。そしてやっと搭乗になった。
カメラロール-3533

ウィントフック空港なんて、一応ナミビア航空のホームなんだから、機材くらい残しておけ、と言いたくなった。国際空港だけどボーディングブリッジなどない、徒歩で飛行機に向かって搭乗した。
カメラロール-3534

ウィントフックからケープタウンまでは2時間のフライト。一応機内食も出た。
カメラロール-3537

もう、早くケープタウンに着きたいんだけど!くたくた。
カメラロール-3539

ナミビアと南アフリカは1時間の時差があり、南アフリカが1時間進んでいる。本来は10時に到着予定が、結局3時間遅れの1時ぐらいに到着した。ケープタウンの空港で予約していたThriflyで車を借りて、あてがわれたのは日産のTIIDA。
カメラロール-3540

南アフリカは日本と同じ右ハンドルなので、日本車ばかりだった。加えて、ケープタウンはオートマが安いのが特徴。欧州やナミビアでもそうだったが、オート マは1日あたりのレンタル料が高いので、私はマニュアルを運転するのだが、ケープタウンは1日1000円くらいの値段差しかなかったので、楽してオートマを借りた。結論としては、坂の多いテーブルマウンテンあたりに行くならオートマで正解だった。まぁ、マニュアルで運転しようと思えば坂道発進とかするけど、、もうフライト遅延で疲れていたので。。

ケープタウンに降り立ったとき、空は雲のない快晴だった。これはもしかしたらテーブルマウンテンが晴れているのではないか?と思い、空港からGoogle Mapのナビでテーブルマウンテンに直行した。駐車スペースは混んでいたが、なんとか駐車。そしてケープタウンの街が一望できる。おお!とテンションあがる。
DSC09009

そしてテーブルマウンテンも快晴!ここは雲がかかることが多いと聞いていたので、快晴なのはかなりラッキーだった。
DSC09010

ロープウェーに乗って頂上まで行く。往復R205=2050円。結構高い。
カメラロール-3543

丸い形のロープウェーで、動き出すとロープ―ウェーが回りだして、どこに立っていても360度の景色が楽しめるように工夫されている。
DSC09011

どんどん昇っていく。
DSC09013

すれ違い。こんな感じでVISAのスポンサーを全面にだした広告が派手なロープ―ウェーだった。ワールドカップ開催のときにでも整備したのかな??とにかく、南アも他の南部のアフリカもMasterに比べてVISA強い印象だった。DSC09014

そしてテーブルマウンテンの上に上って見えた景色がまた最高!海の色綺麗すぎる。
DSC09020

テーブルマウンテン山頂は岩場でごつごつしている。
DSC09022

そして山頂から市街地の展望。海がなんでこんなに綺麗なんだろう。
DSC09023

こちらは山頂からみたライオンズ・ヘッド。海が近いのに急に山があるなんて、面白い地形だ。
DSC09034

しばらく山頂を歩いていたけど、私は市街地より喜望峰側の景色が好きだったな。しかし、山の天気は変わりやすく、来るときには無かった雲ができ始めていた。
DSC09040

渓谷の段々も素晴らしい。
DSC09041

さて、ここから喜望峰まで行ってみようと、車を南に走らせた。途中、崖を切り開いたチャップマンズドライブ等を通りながら。しかし、喜望峰の閉まる時間が迫っていたので、写真を撮る暇もなく、ひたすら運転・・・・。そして喜望峰!?と思ったら、冬時間でもう閉まっていた!!!!まだ明るいのに冬は17時でこの門がクローズ。
DSC09046

がががーん。これも全て3時間も遅れたナミビア航空のせいだ。。。。

仕方が無いので、ここからケープタウン市内に戻った。あーあ、喜望峰に到達できなかったからいつかリベンジだな。その近くの海岸線だけ写真に収めて来た。
DSC09047

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加