Day9:ケープタウンでワイナリーツアー(Wine Flies)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/5/5

旅行最終日はケープタウンでワイナリーツアーに参加したいと考えていた。日曜日はやっていないワイナリーツアーが多いと聞いていたが、日曜日にもツアーを行っているWine FliesをWebで探し出して、事前に予約を入れておいた。料金はR595で5950円といったところか。メールの反応もよく、当日は朝ホテルまで迎えに来てくれるとのことだった。

そして、当日朝。約束は8:20-8:40にピックアップだと8時過ぎにホテルのレストランで朝食を食べていたら、もう迎えが来た!ちょっと早く来すぎてしまったとのことで、こちらもちょっと焦って朝食をすます。私が1番目のピックアップだったらしい。その後、ダウンタウンで何組かピックアップし、郊外でも1組ピックアップ。約12人乗りのバンがほぼいっぱいになった。

ケープタウンのワイナリーは東に1時間ぐらい郊外に出たストレンボッシュというところにまとまっている。この日もテーブルマウンテンは快晴だった。
DSC09135

そして一挙に田舎景色。
DSC09136

ワイナリー1: Fairview Wine and Cheese

最初に到着したワイナリーはFairview。まず葡萄畑の見学。
DSC09137

ガイドのGが南アフリカのワイン作付けについての歴史背景説明を始めた。南アフリカのワインは400年の歴史があるらしい。ほぼ、白人がやっているっぽい。説明はちょっと長くて日焼けしそうだった。
DSC09139

ぶどうはあまり残っていなかった。秋口だったから収穫済み?
DSC09141

歴史のお勉強がおわったら、試飲!
DSC09163

個人で来る場合はチーズテイスティングR12(=120円), スタンダードテイスティングR25(=250円)、マスターテイスティングR60(=600円)って結構安い。我々はツアーに組み込まれているので支払いはここでは必要なかったけれども。
DSC09148

試飲コーナー。
カメラロール-3592

カメラロール-3582

私たちは白から始まり、ロゼ、赤ワインと6種類を堪能。白も赤も割とスモーキーな味わいのワインが多かった。ロゼはやっぱりあまり好みじゃない。最後の赤ワインはスイートワイン。全部飲んでしまわないで、チーズテイスティング用に1杯残しておいて、と最後に言われる。え、もっと早くいってよ!
カメラロール-4583

こちらで飲んだワインの数々。
DSC09154

6本組がR350って3500円。1本平均500-600円。すごく安い。単品1本で300円ぐらいから売られていた。こんなに安くていいのかしら。
カメラロール-3597

そしてお次はチーズテイスティング。
カメラロール-3594

チーズもここ、Fairviewで作っている。ブリ―とカマンベール。1個180円とかですごく安い。
カメラロール-3596

こちらはクランベリーなどトッピングされたクリームチーズ。スイートワインとよく合った。
DSC09160

Fairviewで買ったチーズ。これでR103だったから、1030円ってことですごくお買い得だった。チーズはこの後のワイナリーでは売ってなかったので、ここで買って正解。
カメラロール-4001

サイロにはヤギがいた。
DSC09166

ほろ酔いのまま、次のワイナリーへ。この開ける景色、最高。
DSC09172

ワイナリー2: Muratie Wine Estate

1件目のFairviewとは趣がことなり、こじんまりとしたワイナリー。
DSC09190

歴代のワイナリーオーナーの名前が飾られていた。約300年の歴史のあるワイナリーのようだ。
DSC09193

中の作りも歴史を感じる。
DSC09180

そしてこのCaveのような建物の中で、試飲開始。
DSC09181

ガイドのGがシャルドネのスパークリングを開けている。
DSC09182

1杯目シャルドネ・スパークリング、2杯目ソーヴィニヨンブランと何かのブレンド、3杯目はピノノワール。香りよく、普通のピノノワールより濃い色。結構樽の味がする、重めの赤だった。4杯目は赤、カベルネ・ソーヴィニヨンがメインのミックス。やっとカベルネだ。癖がなく意外とすっきりで重い味だった。
カメラロール-4584
5杯目はポルトワインで白か赤を選ぶ。私は赤にした。既にランチ前にして、1軒目と入れて11杯のテイスティング。テイスティングだから1杯の量は少ないけれど、それでも10杯以上飲むと結構酔ってくる。
DSC09186

ここでもワイン以外にジャムなど売っていたが、私は買わなかった。手作り感満載。
DSC09187

小さいけれど、歴史を感じるワイナリーだった。
DSC09189

青い空とワインの木。小さいけど大自然で歴史あり
DSC09195

2軒目のワイナリーを出て、車はステレンボッシュの町中を進む。ケープタウンのダウンタウンとは大違いの雰囲気いい街並み。
DSC09199

ヨーロピアンな建物が多い。
DSC09201

そして再び大自然へ。
DSC09207

ワイナリー3: Middelvlei Wine Estate

こちらはランチ休憩がメインで立ち寄り。芝生がきれいなレストランで見晴らしがいい。
DSC09212

我々の席はこちらのテラス席。
DSC09216

シンプルだけど、新鮮な野菜とBBQとサンドイッチ。
カメラロール-3616

そしてワインはここでも2杯(笑)。白の銘柄は忘れたが、赤はピノノワール。
カメラロール-4585

BBQは奥で炭火で焼いているから風味があっておいしかった。
DSC09218

快晴だし、雰囲気も最高だった。さて、食事後も次のワイナリーへ。
DSC09221

ワイナリー4: Lovane Boutique Wine Estate Guesthouse Vlottenburg

ランチのワイナリーから割と近い、また違うワイナリー。
DSC09224

まず地下で樽蔵の見学。
DSC09229

そしてその横のテイスティングバーでテイスティングとなった。
DSC09226

ワイングラスがずらっと。
DSC09231

この辺から、もうすべての写真は割愛。記録によると1杯目白でシャルドネ、2杯目からは赤でカベルネ・ソーヴィニヨン、3杯目もカベルネ・ソーヴィニヨンだけど若くて香りの立つスパイシーな銘柄。4杯目はカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンとPetit Verdotというミックスでとても飲みやすかった。5杯目はカベルネとなんかのmix。6杯目は赤のスイートワイン。ダークチョコレートと一緒に飲んだ。
カメラロール-3621

こちらが飲んだワインボトル。ここでは赤が多かった。参加しているヨーロピアンたちもさすがに最後のほうは全部飲みきれない人も出てきたけど、私はがんばった!
カメラロール-3622

4軒目終わって試飲19杯。まだまだワイナリー巡りは続く。
DSC09225

ワイナリー5: De Morgenzon Estate

5軒目のワイナリー。雰囲気のいい建物。
DSC09241

目の前に広がるワインヤードを見ながら・・・
DSC09242

こちらで試飲会開始。
DSC09245

1杯目はロゼ。まぁ、ふつう。
DSC09246

2杯目はこちらの白。ピーチとアプリコットの風味で結構好きな味だった。こちらは日本にも購入して持ち帰った。
DSC09248

写真はないが3杯目は赤のシラーズで、バロック音楽を聴かせた葡萄だとか(笑)そして4杯目も赤で5種類のぶどうのブレンドの赤。香りはすごくよく、これもご購入。赤白2本買っても1000円で安い!南アフリカってこんなに安くていいのってくらい、ワインが安い。

5杯目はワインではなくてブランデー。ブランデーは年数が経てばたつほど味がまろやかになるが、我々が飲んだのはまだ若い3年目のstrongなTasteのもの。結構ぴりっと強かった。
DSC09249

結局こちらで最後のワイナリーとなった。ここは売り場もしっかりしていたし、最後に好きな風味のワインがあったので、先述したワインをここで購入した。1日で5軒のワイナリーで24杯の試飲。内容としては大満足のツアーだった。運転手役のため、全く飲めないガイドのG、ご苦労様でした。
DSC09243

ワイナリーを後にして、ケープタウンの町中に戻るころにはもう日が暮れていた。テーブルマウンテンがきれい。
DSC09253

帰りにはケープタウンのダウンタウンではなくて、ウォーターフロントで下してもらった。親切なガイドのG。大満足のワイナリーツアーだった。やっぱり、ケープタウンはワインが素晴らしいので、ワイナリーツアーは行く価値はあると思う。

参加したワイナリーツアー:Wine Flies
参加費R595(約5950円)
HP http://www.wineflies.co.za/
TripAdvisor
お申し込みはHP中のBookingFormより。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加