Day1:ヨールキー=パールキーでのディナー、赤の広場の夜景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日:2013/7/28

初日の夜ご飯はボリショイ劇場横のこのツム百貨店の裏にある。
DSC09326

行きたかったのは、この店。ヨールキー=パールキー(Ёлки-палки)というロシア料理のチェーン店。外壁工事中だけど、店行ったら開いていたので入店。
DSC09328

内装はジャングルっぽい。
DSC09331

さながらびっくりドンキー?
DSC09330

こちらがメニュー。うれしいのは写真が載っていること。これだと迷わなくていい。雰囲気的に日本のロイヤルホストっぽい。
IMG_9501

まずはドリンクとしてチェリージュース?を頼んだ。濃厚!!
IMG_9502

そしてボルシチの小サイズ。
IMG_9503

サワークリームを入れると味が変わるよね、ボルシチって。具もたくさん入っていて満足。
IMG_9509

さて、メインは何にしよう・・・これも写真が掲載されているので、イメージがわきやすい。250ルーブル~400ルーブルなので、750円~1200円という料金設定も良心的。結局右の列の上から2番目のサーモンのディッシュをオーダーしてみた。
IMG_9514

そしてこちらが出てきたもの。大体写真と同じで想定通り。サーモンとハーブをクリームスープと絡めて食べるとおいしい。ジャガイモも入っているのでおなかにもたまる。なかなかあたりだった。
IMG_9511

チェリージュースの後はビールを。0.5lで107ルーブルって321円なので、ロシアはビールは意外と安い。
IMG_9515

お会計は721ルーブル、2163円なので、まぁビールも0.5l飲んでるし、夜にしては値段の割に満足だった。モスクワ以外にもいろんなところにチェーン店であるらしいので、ロシア語の読めない旅行者には優しいレストランだと思う。
IMG_9516

食事が終わって11時ごろだが、このくらいでやっと空は真っ暗になった。夜景を見るのに、また赤の広場に行くことにした。ロシアは夜景がやっぱりすごいと思った。ボリショイ劇場とツム百貨店も明るい時より夜のほうが建物の美しさが際立つ。
DSC09338

赤の広場の入り口には人がたくさん。観光客は夜景が目当てで夜になってからバスで赤の広場に乗り付ける人も多く見かけた。
DSC09345

とにかく赤の広場はライトアップがすごい。夕方よりもきれいなんじゃないかな。入口の門。
DSC09348

そして赤の広場。建物すべてライトアップ。
DSC09352

クレムリン。
DSC09353

博物館
DSC09358

グム百貨店も窓枠のライトアップの手が込んでいる。
DSC09359

これだけまんべんなく光を当てるのもすごいなーと思った。
DSC09363

そして闇に浮かび上がる聖ワシリイ教会。
DSC09366

こちら右サイドから。正面からは見えにくい階段のゲートも手が込んでいて素晴らしい。やっぱり夜に赤の広場、絶対来ることをお勧めしたい。
DSC09375

赤の広場からホステルに戻るときに通った公園のライトアップもすごい。モスクワのこの夜景の力の入れようは世界でもまれじゃないかな。
DSC09396

夜景を堪能したので、結局ホステル着は12時を過ぎていた。治安的には危ないとは感じなかった。初日にしてはかなりアクティブに行動できたと思う。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加