Day2:モンゴル遊牧民ゲルホームスティ2泊3日(3)乗馬体験よりも激しい馬追い体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2013/8/16

朝ご飯を食べた後、乗馬をすることになった。お父さんが馬具を持ってきてセッティング。この馬具も手作りらしい。
DSC05426

おとなしそうな馬ではあるが・・・?
DSC05428

そしてとりあえず乗せてもらった。
DSC05429

この日はお父さんではなく、こちらのおじさん。後から英語の話せる末息子に聞いたら、お姉さんの旦那さんとのこと。すぐ近くのゲルに住んでいる。
DSC05431

おじさんと一緒に乗馬へ。とりあえず、引き綱でやってもらった。
DSC05432

と思ったら、いきなり山を登り始め、馬を追っかける馬追いの手伝い?をさせられた。
DSC05434

馬追いとは、馬に近づいて「シュッシュッ」って声をかけながら、散らばる馬をまとめる作業。これがまた見事にまとまる。
DSC05436

あ、おじさんこっち向いた。しかし、馬に乗っていきなりの結構なアップダウン。しかも一度乗ってる馬が興奮して危なく落ちそうになった。ひやひや。乗馬は上り坂より、下り坂が怖い。山から下るときは前につんのめりそうになった。いきなりスパルタだしw
DSC05437

にしても、どこまでいっても自然の景色は馬に乗っていて気持ちいい。
DSC05441

馬追いが終わったら、しばし近所のお散歩。少々雨が降ってきて、加えて犬に思い切り吠えられたw
DSC05442

別の家の牛たちに見つめられ・・・・
DSC05445

途中雨模様ではあったが、あるところまで行って戻ってきた。
DSC05457

だだっ広い、そして、民家がほとんどない。
DSC05460

途中、牛の群れ。結局乗馬は2時間半ほど行った。観光客向けのものは何もない、あるままの自然が素晴らしかった。
DSC05466

言葉は通じないけど「楽しかった?」とお父さんに聞かれたような気がする。
DSC05470

お昼ご飯はゲルに戻ったらお母さんが持ってきてくれた。マトンのひき肉の野菜炒めとごはん。なかなかおいしい。
DSC05474

ゲルの中は日中は光が入って心地よかった。しばしごろごろ。
IMG_0107

ゲルの壁。木枠を立ててから羊毛の絨毯を重ねて壁を作る。屋根も組み立て式。これだとどこでもすぐに建てられるらしい。
DSC05477

日中、ゲルの周りの家畜は遠くに草を食べに行っているが、この3つ子のヤギだけはペットのように飼っているようで、たまに遊んでいた。かわいらしい。
DSC05483

野花。
DSC05495

あまり花は咲いていないのだが、かわいい。
DSC05494

牛も、囲いがなくて自由。逃げるとか、そういうのはないようで、牛も行きたいところに自主的に行動しているような気がした。
DSC05499

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加