温泉+グルメの那須高原日帰りドライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




少し前の話になるが、11月の3連休の初日に那須高原に友達と日帰りドライブに行ってきた。

3連休最初の休みで東北道が激混みということで、宇都宮出身者の提言より、常磐道でいわきまで行ってから郡山経由で那須高原ETC専用出口で高速を降りる順路をとった。遠回りではあったが渋滞0。ドライブとしては遅い8時出発だったが、昼には那須高原に着くことができた。東北道は首都高の入口激混み、加えて事故もあったらしく、常磐道作戦は成功したような気がする。

那須高原に着いてまずはランチ、ということで、和牛ステーキ桜の那須高原店に行った。幹線道路から入っていくと森の中に店があってよい雰囲気。駐車場の広さも十分。12:30頃入店。
DSC06847

ログハウス風の店内。庭の紅葉がきれいだった。私達は予約をせずに行ったのだが、運よく5分ぐらい待っただけで通されたが、後ろの人では並んでいた人もいた。
DSC06850

友達がソフトドリンクのクーポンを持ってきてくれ、ジュースがただで注文できた。ランチのソフトドリンクは525円、馬鹿にはできない。グァバジュースを頼んだのだが、中の氷もグァバジュースを凍らせたもので手が込んでいる。これだと溶けても薄まらなくていい。
DSC06851

ランチのメニューはこちら。結構いい値段する。めったに来ないと思ったので黒毛和牛ロース5,500円頼んじゃった。ランチメニューはスープ、サラダ、ライス or パン or 焼き飯、デザート、食後のコーヒー or 紅茶が付く。まずはスープ。コンソメのスープは上品な味。
DSC06852

サラダも新鮮。
DSC06853

そして来たー、黒毛和牛。ソースは跳ねると嫌なのであらかじめかけて来てもらった。テーブルでかけている人からはじゅーじゅーとした音が聞こえた。とってもやわらかくておいしい。そして備え付けのジャガイモはサツマイモのように黄色くてこってりした味だった。
カメラロール-444

私はライスを焼飯にしてもらった。焼飯とはステーキを食べた後のステーキソースで焼飯を作るので、ステーキの後に一旦鉄板を下げられ出てくる。体には悪そう?だけど、おいしかった。
カメラロール-446

食後のデザートは抹茶ババロア、チョコロールケーキ、フルーツと盛り合わせ。想像よりも多くて驚いた。これに紅茶を頼んでランチコースは終わり。いやー贅沢した。
DSC06855

食べ終わって13:40頃。食後は温泉に向かう。狙いは那須高原の一番奥の大丸温泉旅館の日帰り入浴。ここの日帰り入浴は11:30-14:30までで15:00には撤収しなければいけないとのことだったので、食べてすぐ向かった。しかし、那須高原道路は途中渋滞していて、本来なら20分ぐらいで行けるのが倍の時間がかかってしまった。駐車場到着が14:20。ほーぎりぎりの時間だ。そしてかなり秘湯の雰囲気醸し出している!
DSC06856

ほんとに一番奥にあり、この先は徒歩で向かう。
DSC06857

いい雰囲気。
DSC06858

玄関も趣ある。
DSC06874

フロントで日帰り入浴料金1000円を払う。体吹き用の小さなタオル付き(持ち帰り可能)。また、混浴に入る際に体に巻く緑のタオルももらうことができ、それは混浴入浴後に回収するボックスがあるとのことだった。屋内もきれいに清掃され、古すぎない旅館の雰囲気で交換が持てた。
DSC06863

温泉は写真が取れないので見取り図を。この大丸温泉は山間の渓谷を流れる温泉の川をせき止めて露天風呂にしており、「源泉川流し」のかなりワイルド露天なのだ。まさに野生の温泉と言える。女湯は脱衣所からまず桜の湯という内湯につながっている。そこから露天の石南花の湯、山ゆりの湯と女子専用露天風呂につながっている。また、混浴に行くのも可能でフロントでもらった緑のタオルを体に巻いて白樺の湯からあじさい、あざみの湯に入るという構造になっている。
daimaru

女風呂露天のあざみの湯が特によく、川の上流で景色が開けていて野生感満載だった。お湯は次々と熱いお湯が入ってくるので、いつも新鮮。女湯の後に混浴もいったが、白樺の湯は広いのではあるが、下流側で景色がコンクリートの壁がほとんどだったので、いまいちな感じがした。通常、こういう温泉は男湯優遇の場所がおおいのだが、この大丸温泉は、総合的にみて混浴よりも女風呂優遇なのがおすすめできる点だと思った。日替わり入浴の終わりころの時間にいったせいか、湯船は我ら2人でほぼ貸し切り状態だったのも◎だった。お湯は那須湯本の大部分が濁り湯であるのとは対称に透明だが、柔らかく、いい湯だった。満足満足。結局15:30ぐらいまで入っていたのだが、追い出されることなく入ることができてよかった。

湯上り後は飲泉所で温泉を飲むこともできる。体にいいらしい。
DSC06865

ロビーだが、ここはカフェのスペースなので日帰りの人がおいそれ、と休憩できる場所ではない、とのことで風呂上り後はそそくさと退散。しかしいい湯だったな。
DSC06866

気温がだんだん下がってきて、湯けむりも目立つようになってきた。
DSC06873

大丸温泉旅館、今度は泊まりで来てみたい!
DSC06878

来るときは時間がなかったので寄れなかった展望台へ。那須高原山頂は紅葉を通り越してもう枯れていた。11月前半は那須高原の中腹が紅葉のピークという感じがした。
DSC06882

山頂からの風景だが、どういうわけか、ものすごく黒い雲に覆われてしまった。来るときは青空だったのに。
DSC06884

那須湯本といえば、1300年の歴史を持つ栃木最古の温泉・鹿の湯も有名なので、400円だし、とりあえず行ってみた。16:15頃到着。
DSC06885

ここは濁り湯で湯の花の川が流れている。しかし行ってみると人が多すぎて、ここは芋洗い状態。湯は硫黄分が多い濁り湯で、面白いのは41度から46度の温度別湯船があることだけど、湯船が混みすぎてダメ。15分くらいで上がってしまった。まぁ、入ったというネタは出来たかな。
DSC06886

そして那須高原の最後の立ち寄りは南ヶ丘牧場。しかし、牧場と言ってももう日没後になってしまった。16:50頃。
DSC06888

ここは入場無料で魚釣りや動物と戯れたりできるようだが、もう暗いので目的は売店!
DSC06889

売店の横のソフトクリーム休憩にここにわざわざ来たのだった。ソフトクリームの種類は2種類。300円の普通のソフトクリームと500円の究極のソフトクリームである「プレミアムソフトクリーム」がある。友達は300円の、私は500円の方を買ってみた。
DSC06890

こちらがプレミアムソフトクリーム。日本で200匹しかいないガーンジィ種のカーンジィゴールデンミルクを原料の72%まで使用し、超濃厚で甘さ控えめの究極のソフトクリーム、という事だった。食べ比べてみると確かに濃厚だった。
カメラロール-452

せっかくなので、売店でそのガーンジィゴールデンミルクを買って帰ることにした。500mlの方を翌朝家で飲んだが、市販の牛乳より濃い味がした。
カメラロール-453

南ヶ丘牧場を最後に那須高原を出発し東京に戻ることにした。17:15頃出発。帰りは東北道でも行けるだろう、と思い、東北道を南下することにした。

しかし、これでまっすぐ帰ったわけではなく、せっかく東北道乗るなら、ってことで宇都宮でぎょうざを食べていくことにした。知人たちにおすすめを伺うと「みんみん」「まさし」の2店舗を勧められたが、若干まさしを勧める人が多かったので、狙いはまさしで。しかし宇都宮の餃子屋は19時で閉店、ということでまた時間との闘い。

色々情報をかき集めると、正嗣 駒生店が割と夜遅くまで餃子が残っている率が高く、高速からも行きやすいのでそこに向かった。行ってみると店の横は3台ぐらいの駐車場しかないのだが、向かい側に6台くらいおける駐車場があるのもよかった。行ってみると開いていた、よかった~。18:40頃着。
DSC06892

入ってみると待っている人3人くらい。しかし回転は速い。お店の人のおすすめは餃子2人前とライスで540円の餃子セット。注文はいったん決めたら追加注文はできませんとのことで二人前は多いかと迷ったが、結局勧められるがまま頼んだ。まさしはここの店だけライスがあるということも後から知った。周りの人を見てると、男性は餃子ライスに水餃子1人前を頼む人が多いようだ。

カウンターからお店の人を見ていると注文が入ってから焼いているので、焼き置きでない点は◎。そして出てきたよ、餃子セット。餃子多いw 1人前が6個ということか。
カメラロール-456

食べてみると、普段食べる餃子よりずいぶん野菜が多く入っている感じがした。肉を食べているというよりは、野菜を多く取れるので、少しぐらい多くても食べれてしまう。このさっぱりさが人気の秘密か??おいしかったので満足。

車に乗ると乗って数分で大雨。おー、私達ラッキー。再び東北道に乗って東京へ向かう。途中渋滞マークが見えたが、佐野SAで休憩することにした。

栃木と言えばレモン牛乳!!なにこれ、今こんなにグッツ?が出てるの??
カメラロール-458

圧巻である。。。。栃木恐るべし。
カメラロール-459

本来のレモン牛乳はこちら。今は姉妹品ぶどう、というのもあるらしい。
カメラロール-460

一応本物を飲んでみた・・・甘くて酸っぱい飲み物という感じ。レモン牛乳なのに無果汁というのは気になった。。。
Untitled

佐野SAで20分ぐらい休憩&お土産購入して車に戻ったら、なんと渋滞マークが消えていた。なんてラッキー!!!渋滞にあまり巻き込まれることなく東京には21:30頃到着。日帰りでも結構行けるということがわかり、楽しかった~。

走行距離は570kmだった。ところで、今回は自宅近くのタイムズプラスを借りていった。ETCとタイムズプラスの料金は以下のような感じ。

ETC料金    
中野長者橋 常磐道接続 900
三郷 那須高原IC 2,800
那須 宇都宮 750
鹿沼 浦和本線 1,550
東北道接続 幡ヶ谷 700
    6,700

タイムズの料金プランは朝活キャンペーンの7:00-19:00 5,500円とはみ出た分は延長料金で対応した。

タイムズプラス    
時間料金 14時間14分 7,700
距離料金 570km 8,550
    16,250

ちなみにレンタカーを使用した場合、というのも一応計算してみた。

レンタカー代 8,400
燃費 11 km/l
ガソリン代 154 円/l
走行キロ 570 km
     
必要リットル 51.8 l
ガソリン代 7,980
     
合計 16,380

タイムズプラスの距離料金がかかるプランは遠距離は割高かなと思っていたが、昨今ガソリン代も高騰しているから、意外とレンタカーの場合とどっこいどっこいだな、という感じがした。もちろん、レンタカー代は軽にすれば安くなるとかという意見はあるだろうが、引き取りと返却で営業時間に縛られるのが大変。その点、タイムズプラスは自宅から3分ぐらいのところにあり、キャンセルも1分前までできるので、とても便利だなと思う。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加