Day2:プサン食べ歩きはまだまだ続く(カンジャンケジャン、伝統茶カフェ、ミルミョン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/8/25

甘川洞からマウルバスで下ってメトロで中央駅へ。ランチは蟹!!コルモッケジャンという店でカンジャンケジャンを食べるのだ。周りの店が日曜日で全部閉店している中、店はやっているのか不安になったが、ここは日曜日でもランチをやっていた。よかった!
DSC05496

店内。みんなカニを食べている。
DSC05498

メニュー、といっても読めないけど。ランチメニューは右上の黄色の枠の下。
DSC05497

ランチのカンジャンケジャンは6000ウォン。カニは一人2匹で1000ウォンを足すととびっこご飯にしてくれる。おかずもついて豪華!!日本で食べるとカンジャンケジャンってカニ1匹で平気で3000ウォンぐらいするのでこの価格は破格値。
DSC05502

カンジャンケジャン~。かにかに~。カンジャンケジャンとはワタリガニの醤油漬けなのだが、食べてみると、まーおいしい。生のカニっておいしい。
DSC05504

カニの殻も味噌が入っているのでご飯をいれて最後までエキスを味わう。うまいー!
DSC05505

カニを食べるには手が汚れるものだが、これは3本指にかぶせるカバーでアイディア商品。
DSC05499

こうやってつまめば手が汚れない。大満足のランチだった。
DSC05506

ランチの後は各自別行動。今回の仲間は普段は一人旅で旅慣れていることもあって、個人行動も自主的でとっても楽な旅だった。私はどこに向かったのかというと繁華街のソミョン(西面)へ。コルギとエステを予約していたのだ。
DSC05508

しかし、まだ時間があったので、カフェで一息つくことにした。目的のカフェは西面のロッテデパートの裏のこの小さな公園のあたり。
DSC05509

このビルの2階のハナ房が目的の店。
DSC05510

入ってみるとレトロなカフェ、という感じ。日本でいうとルノワール的な?来るお客さんも20代は皆無でおばちゃんばっかりだった。
DSC05511

ジョンガァ(水正果)という生姜と桂皮を煮た冷たい飲み物を頼んだ。消化不良によいそうだ。
DSC05513

そして2時過ぎに予約路入れているシャロッテエステへ。
DSC05516

ここで2時間半のシャロッテスペシャルコースを受けた。このコースは顔の骨気のケアが含まれており、ボディーケアはリンパ循環ケアとセルライトの集中ケア、ということだった。顔はソウルで受けたコルギのほうが痛いくらいで、ここのは大したことがなかったが、セルライトケアはまー痛い!痛いということは私の体が毒素だらけだ、ということなのかもしれないが・・・・。ゴリゴリもまれた。店長さんが日本語の話せる人で優しい人だった。

ちょうどエステは同行の1人も私が終わったぐらいの時間に終わったので、二人で空港に行く前の最後にミルミョンを食べに行くことにした。韓国の冷たい麺といえば冷麺だが、プサンでは麺を小麦麺で作ったミルミョンがご当地グルメなのだ、行ったのはソミョンの北側にある春夏秋冬というお店。
DSC05518

夕方5時過ぎの夕食としては早い時間帯だったのでまだ店に人は少ない。店の奥で麺を打っていたので打ち立ての麺を食べられる。
DSC05519

そしてこちらがミルミョン。暑い夏にはひんやり涼むスープでさっぱりしてておいしかった。
DSC05520

ミルミョンを食べたら西面から急いで空港へ。飛行機は19:35出発に対して、空港到着が18:20頃。ぎりぎり1時間前到着。免税店で大好きなトニーモリーの新作のふぐパックとカタツムリシリーズの化粧水と乳液のセットを買った。エアアジアに乗るときは手荷物オプションを付けていないので、液体物は免税店で買うといいよね。

ラウンジでしばらくうだうだしてから搭乗!しかしゲート前でiPhoneがないことに気が付く。カバンをいくら探してもない。もしやラウンジ?と思って急いで舞い戻ったら座っていた席にあった!よかった乗り込む前に気が付いて。
1238247_10152213865133712_1881333639_n[1]

成田到着は21:25頃で少し早着。帰りは東京駅までのバスに乗って帰ったが、時間が思った以上にかかりバスのほうが疲れてしまった。夜遅い到着はケチらないでスカイライナー使って家に早く帰るほうがいいという教訓になった。

しかし、往復1万円の旅はしたいけど、なかなかもうこの激安チケットには巡り会えなそうだ。復活望む!!

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加