プロカンジャンケジャンのカンジャンケジャンランチ@赤坂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




こないだプサンの旅行記を書いていたら、ものすごくカンジャンケジャンが食べたくなり、釜山に行った友達と一緒に赤坂のカンジャンケジャン専門店・プロカンジャンケジャンのランチに行った。プロカンジャンケジャンは韓国発祥のお店なので、期待して店に向かった。日曜日の昼の赤坂って本当、人気無い。左側のビルの2階が店舗。
DSC07097

しかし、この通りに来ても素通りしてしまうくらい、最初は目印がなく、わからなかった。街頭の番号、16番の前のビル、と覚えておけばよい。
DSC07098

ビル入り口。あまり目立たない看板。左奥のらせん階段を上り2階が店になる。
DSC07096

店入口。
DSC07095

入ったのは日曜日の12時ごろ。入った時は1/3ほどの席しか埋まってなかったが、30分もすると満席近くお客さんがいた。特徴的なのは、ほとんどが女性客。男性客もいたけど、女性に連れられてきた、という感じの人ばかりだった。休日ランチは渡り蟹の醤油漬けであるカンジャンケジャンセット2,900円と辛いヤムニョムケジャンセット3,100円。この日は他にも海鮮3種しょうゆ漬け2,800円もあった。私たちは初心貫徹・カンジャンケジャンセットを注文。
DSC07079

ランチはサラダバーが付いており、サラダは食べ放題。でもそれほど種類が多いわけではない。
DSC07092

葉っぱものとベビーコーンとミニトマト。
DSC07081

そして、ほどなくしてカンジャンケジャンセットが運ばれてきた。おおお。
DSC07082

カニ!!黄色いのがカニミソでオレンジなのが卵。ミソと卵のダブル攻撃。
DSC07084

カニは4等分に切られているので、ビニール手袋をして手で持って食べる。カニの身が生なので、身をちゅるちゅる吸いながら食べる、という感じ。身がとろける~。ミソと卵と会い重なって、絶妙な味。おいしい。
DSC07087

カニの甲羅の方にもミソと卵が結構残っていた。ごはんと混ぜるのは甲羅上ではやりにくいので、ごはん茶碗で混ぜ混ぜ。
DSC07088

カニごはんいっちょ上がり。
DSC07089

のりに巻いて食べるとおいしいんだ~。ああー幸せ。
DSC07091

プサンで食べたのは6000ウォンのランチで激安だったが、こちらは2,900円もするだけあって、あの時プサンで食べたカニよりは大きく、食べごたえがあり、また、みそも卵もこちらの方が多かった。気軽に食べるならもちろんプサンの価格にはかなわないが、プサンまでいく交通費を考えると、赤坂でおいしいものを食べれるなら、それはそれで使いようかな、と思った。また、友達によると、ソウルでの値段は3000円くらい、という話もきいたので、値段的にも法外に高い、というわけでもないらしい。

韓国料理屋はたくさん日本にあれど、なかなかカンジャンケジャンの店がないので、もっと増えてくれえるといいなぁ。

食後はクーポンでアイスサービス。わらび餅に見えるが、右はイチゴアイスで左はチョコアイス。
DSC07094

またカンジャンケジャン食べたくなったらここにこよう。週末の贅沢ランチだった。

プロカンジャンケジャン
HP 食べログ

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加