週末沖縄修行旅【後編】美ら海水族館、古宇利島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2013/12/15

朝食は無料のものがホテルについており、ロビーで食べるようになっていた。
カメラロール-520

食パンに珈琲のシンプルなものだが、無料なのはありがたい。
カメラロール-519

チェックアウトは9時半ごろし、徒歩で旭橋駅の方へ。この日は旭橋駅の近くでタイムカープラスを借りていた。6時間パック+3時間延長プランにして、まずは美ら海水族館へ出発。
カメラロール-522

しかし、美ら海に着くのが大体12時くらいと那覇から2時間ぐらいかかることが分かったので、美ら海の前にランチを取ることにした。前の日ダイビングオルオルで聞いてきた、おすすめのきしもと食堂の本店に来てみた。沖縄の高速を一番北で降りて、本部(もとぶ)という地区にある。かなりローカル感あふれる店だった。
DSC07547

店は11時半ぐらいに行ったせいか、空いていてよかった。夏は混みそうな。
DSC07548

壁には有名人のサインが沢山。
DSC07549

そば大650円にジューシー250円。おいしい!
カメラロール-525

夏だからかひっそりとした街並み。
DSC07558

風情のある本部のお店。
DSC07557

さて、ここから美ら海水族館は30分くらい。駐車場もすんなり入れてオフシーズン万歳。
DSC07561

海のすぐ前だ。
DSC07563

入ってみると入口にはヒトデとナマコが触れるコーナー。キモチワルイので結構w
DSC07565

そしてサンゴ礁の水槽が。ああ、昨日潜った海の中と一緒だな~。
DSC07569

巨大魚がいた。
DSC07578

ミニミニ魚類のコーナーなど。
DSC07587

この砂からでてくる筒状の動物面白かった。
DSC07590

そして圧巻なのはジンベイザメ3匹がいる黒潮の海水槽。
DSC07620

ジンベイは月並みだが、大きいなぁ。
DSC07626

マンタも。
DSC07628

地べたにはエイがいる。
DSC07631

沢山の魚がいてこれは見ていて迫力がある。
DSC07634

黒潮水槽の近くにはサメ博士の部屋。博士??要はサメについて詳しく展示してある場所。
DSC07637

そしてサメがいる。サメってホント悪そうな顔してると思った。下のはエイとちょっとばかし体が似ている。
DSC07644

天井が曲がっている部分があって、エイを下から見てみると、なんだか情けない顔のようだ。
DSC07672

再び黒潮の海に戻りジンベイ3匹入れようとするが、2匹が限界だった。
DSC07658

そしてこの黒潮の海水槽は上からの見学もできるのだ。
DSC07666

上からみたジンベイ。
DSC07667

黒塩の海を見ると、あとはメインの建物は深海魚とかそれくらい。外にはウミガメ館やマラウィ館があったが、時間もなかったし、また来ればいいかな、と思い、本館だけ見て立ち去った。

次に行きたかったのは景色のいいカフェ。
DSC07675

木の生い茂る道を行くと、、、、
DSC07676

海が見えた!
DSC07677

そしてこの近くにCafe CAHAYA BULANという古民家を改造したカフェがある。
DSC07683

瓦屋根で素敵
DSC07684

店にでるとオープンカフェで、青い海の目の前。それほど寒くないのでテラス席に座ることにした。
DSC07686

デザートを注文。このロケーション、冬だから空いているけど、ここも夏は混みそう。のんびりゆったりした時間を楽しんだ。
DSC07692

そして本部のあたりを北にぐるっとまわって古宇利島に向かおうとした。島に渡る橋の手前、青い海!南国だな~。
DSC07707

天気は雨がぽつぽつきていてよくなかったけど、それでもこれだけ青い海。東京じゃまず見れない色。
DSC07725

青いねー。
DSC07727

ビーチにも出ることができる。青い空だともっときれいなんだろうな。
DSC07731

夏の日差しの強い時にまた来てみたい!
DSC07743

こちらを最後にあとは、名護を抜けて、那覇まで舞い戻り。
DSC07756

ところで、那覇のショッピングセンターに中学の友達が働いているということで那覇副都心のサンエー那覇の駐車場に駐車したら、なんと、出るのに1時間弱もかかった!那覇という事で車がメインの移動手段なのに加え、このサンエー那覇の駐車場も立地も周りの道も、こんなにお客さんが来ることを見込んでなかったのか、動線は悪いし、周りの道もこのサンエーの車で大渋滞。

飛行機は19:30のを予約していて、18:10頃出たので余裕かなと思いきや、なんと駐車場から出れたのが、19:00。ありえない。実際そこにいるとわかるのが、出る動線と駐車する車の動線が混じっており、これだと混むにきまってる、というpoorな設計のように思えた。焦る気持ちを抑えながら、駐車場渋滞の時に一応ANAに電話しておいた。そして旭橋に車返却が19:10、そこからタクシーにのって那覇空港到着が19:20。あらかじめ電話しておいたのもあり、カウンターに行くと「まだ大丈夫ですよ」と。機材の到着が遅れて定刻より10分遅れになっていたのだった。ラッキーだった。

帰りの機材はB744。もうあと少しで退役だね。機内のプロジェクターとか懐かしかった。
カメラロール-543

羽田ー那覇便は羽田→那覇は3時間近くかかるが、帰りは2時間ぐらいで飛ぶ。真ん中席だったので、うとうと居眠りしながら乗っていたらあっという間についた。海外に行くよりはやっぱり近いね、沖縄。また行きたい!

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加