Day4:ハロン湾クルーズ・シーライフ号乗船記3 – ルオン洞カヤック、ブランチビュッフェ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/10/14

6:00
夜は11時位にねて、朝6時前に起床。意外と明るかったので、朝日もう昇ったか?と思ってあわててデッキにいってみると、まだ昇っていなかった。きれいなピンク色の空。
DSC01173

ホント、この景色を見に来るだけでも価値がある。
DSC01174

段々太陽が昇ってきた。
DSC01187

ハロン湾の日の出。
DSC01209

早起きした人はデッキから朝日をこんな感じで見ていた。
DSC01215

7:00 デッキで太極拳クラス。ほとんどの女性が参加していたが、私は早起きだったのでのんびりしながら最後見学。
DSC01230

日が昇り、周りの船も活動開始。
DSC01238

7:50 モーニングティータイム。欧米人って朝は軽くしか食べないからこんなメニューなのかな?
DSC01240

8:15 ルオン洞にむけて船からカヤック開始。二人乗りカヤックでルオン洞窟に向かった。私はクルーとのペア。
DSC01242

この洞窟をくぐると・・・
DSC01249

穏やかな入り江になっている。
DSC01253

この日は前の日よりも青空が見えて、気持ちいい。
DSC01260

ここでのカヤックはシーライフ号だけでなく、結構いろいろな船の人が来ていた。大体はオレンジベストの人だったが、私達は青いベストだったので見分けやすかった。
DSC01262

30分ほど湾の中を散策したら、また別の洞穴から外に出て変える。一方通行になっていて、入り江に入るルールが決められているらしい。
DSC01276

ほとんの船が前方のカヤック桟橋?まで本船から小舟に乗ってきてからカヤックに乗り換えていたのだが、シーライフ号は本船から直接カヤックに乗った。他の船よりもカヤックをやる局りがちょっと長い。
DSC01298

そのカヤックに乗る時間が長いおかげでクルーに教えてもらった「ライオンヘッド」。確かにライオンの横顔みたい!
IMG_0204

9:30 カヤックから戻ったら部屋の荷物をまとめてチェックアウト。その後、港到着までブランチビュッフェ。朝ご飯はおまけのようなもので、こちらの食事の方がメインという感じ。
DSC01306

フォーやオムレツの調理キッチンもあるので、作ってもらえるのがうれしい。
DSC01309

ブランチっぽく、ライスやヌードルのメニューもある。帰りはまた4時間ドライブなのでここでランチも兼ねてしっかり食べておくべき。
DSC01311

パクチーがたくさん載っていてうれしい!中華焼きそば。
DSC01312

フォーも頂いちゃいました。
DSC01313

そして港が見えてきた。
DSC01319

11:00 ハロン湾の港に到着して、クルーズ終了!とても快適な旅だった。
DSC01322

帰り道は来たときと同じくバンに乗って、ハノイに向かって4時間の道のり。再び障碍者の工房によったりするのも同じ。ハロン湾は片道4時間なのでやはり日帰りはきついと思う。1泊2日ならいいかな、という印象を受けた。

今回はもう多分めったに来ないし、ということで結局一番いいクラスのクルーズに乗ったわけだが、やはりこれだけお金を出すと船の設備も料理もホスピタリティも一流だと思った。安く上げるにはどこかが削れていくと思うので、その辺は落としどころをうまく探す必要がありそうだ。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加