ブラジル出張3 – クリチバとサンパウロ、食事とホテル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




出張期間:2013/12/1-12/7, 7日間

出張期間の食事編。今回はブラジル南部のパラナ州の州都・クリチバに2泊、サンパウロに1泊したときの食事になる。

■Barolo Trattoria, Curitiba, Brazil. Tripadvisor, 店HP

Barolo trattoriaはクリチバ到着日に同僚と行ったクリチバのイタリアン。トリップアドバイザーによるとクリチバにあるレストラン530軒中の1位にランキングされており、かなり評価が高い。行ってみると店も満席だった。

ここのコンセプトは”dish for two people”という事で大皿メニューをシェアするようだ。ようだ、と言っているのは店のメニューがポルトガル語で”para consumo de duas perssoas”と書いてあったため。英語でいうとfor consume of two personsということらしい。パスタに関してはパスタの種類とソースをそれぞれ選ぶオーダーメード式だった。そして来たものは、フライパンに入ったままの豪快な料理。Dish for twoというよりは3人前ぐらいの量はあった。こちらはクアトロチーズのパスタ。ソースはたっぷりで美味しいが、最後少し飽きた。
DSC07161

肉類はステーキペンネ入り、という感じで、こちらもソースが主体の料理だった。ビーフ、ブロッコリ、パスタをキノコソースで、と行った感じ。オーダーはブラジル人の同僚がしたので、詳細は不明。こちらも豪快な量。私はこちらのソースの方が好みだった。DSC07162

2つの皿をを3人でシェアしたが食べきれる量ではなかった。イタリアンの大皿コンセプトは、ちょうど日本のカプリチョーザに似ているかもしれないが、皿ではなく、ジュージューと音を立ててフライパンで出されるのは演出としてはいいかと思う。大勢で来るのに適した店だった。

■Churrascaria Badida, Curitiba, Brazil. Tripadvisor店HP

こちらはクリチバ2日目のディナーの店。実は上のBaroloと同じオーナーで、前日Baroloから帰ろうとしたときに玄関にオーナーがいて同僚が話していたのだが、オーナーがステーキハウスも経営している、とのことでそちらを2日目に来てみた次第。Baloroもおしゃれな外装だったが、こちらのBadidaも雰囲気が良さそうな外装。DSC07240

店内はワインの展示が目立つ。ブラジルは地震がないからこれが可能なんだろう。日本だと怖いね。
DSC07238

ブラジルと言えばカイピリーニャ。結構濃い味だった。
カメラロール-389

そしてこちらはアルゼンチンステーキのお店ということで、ステーキとチョリソーをオーダー。1つの皿がこの量!巨大で目が飛び出る。量をあらかじめ聞いていたので、一人一皿という暴挙には出ず、シェアして頂く事にした。
DSC07237

ブラジル人は意外と米を食べるそうで、ステーキに添える物は米が普通、と言っていた。アルゼンチンはフレンチフライが多いけれど、ブラジルは違うようだ。そして米の右隣にあるのは芋のペート。多分ブラジルでよく食べられるキャッサバが原料だと思うが、ブラジル人も英語で説明ができず詳細不明。肉は焼いただけのシンプルな物だったが美味しかった。ステーキはアメリカより南米の物がずっと美味しいと思う。
DSC07239

■クリチバのホテルのランチ。
今回仕事はクリチバで泊まったホテルの中のカンファレンスだったので、時間の節約の意味もあり、ランチはホテル内のランチビュッフェを食べた。ブラジルらしいのは豆料理とライスがある事かもしれない。
DSC07296

■サンパウロオフィスのキャンティーンランチ
こちらはサンパウロのオフィスのランチ。好きな物を皿に盛り付け、最後は重量で値段が決まる、というコンセプトだった。真ん中の黄色いのはクリチバのステーキハウスで食べたのと同じキャッサバのペースト。結構自分では気に入った味だった。
カメラロール-403

■Bourbon Curitiba Convention Hotel, Curitiba, Brazil Tripadvisor

クリチバで泊まったのはダウンタウンのBourbon Hotel。会議場が併設されており、仕事場としてはよかったが、ホテルが街の中心にあったにもかかわらず外出をほぼしていないので、街の様子は不明。
カメラロール-395

ホテルの周り。
カメラロール-399

クリチバでは上の方のホテルだが、ホテルの部屋は少し古さを感じる。
DSC07157

ビジネスホテルって感じ。よくもなく悪くもなく。5つ星にしては部屋はそれほどよくないと思った。
DSC07158

バスタブはなし。シャワーのみ。
DSC07159

■Golden Tulip Paulista Plaza, Sao Paulo, Brazil Tripadvisor

サンパウロのビジネスの中心、パウリスタ通りに近いホテル。日本人も多く泊まっているようで、ルームサービスには焼きそばなどの和食があった。部屋は広くて綺麗。
DSC07400

ソファーもありサービスアパートメント風な室内。しかし入口すぐに机があるのは少し場所がよくない。
DSC07399

ミニキッチン?と最初思ったが、よくよく見るとグリルは無くシンクのみ。あまり意味がないかも?
DSC07401

バスタブ付きでお風呂につかろう、と思ったがその前に寝てしまった。
DSC07402

サンパウロは同僚は自宅に帰り、出張は私一人だったのでホテルのルームサービスを注文したが注文しすぎた。ペンネは美味しいが量が多すぎた。フルーツはイチゴは酸っぱいし、パパイヤとメロンは甘みもなく美味しくなかった。
DSC07403

ホテルの部屋の絵だが、これなら私でも描けると思ってしまった。これも芸術・・・?
DSC07405

ホテルの朝食は1階ロビーで。ブラジルと言えば右のポン・デ・デージョ。やっぱりおいしい。朝食はおいしかったな。
カメラロール-402

サンパウロは今回は仕事でちょっと治安の悪いところもいく事になった。
DSC07407

落書きが雰囲気を物語ってるかと。
DSC07408

サンパウロには1日滞在後、夜の便でトロントに飛ぶ事になっていた。空港に行く途中に猛烈な雨に降られて大渋滞。その日は日中は35度で快晴だったのに、あれよあれよと曇ってしまい、雨。DSC07455

2時間ぐらい空港まではかかったが、かなり余裕を持って出て来たので、それでもまだ2時間以上離陸までに時間があったので空港をうろうろしていた。サンパウロの空港のスタバにはブラジルのスタバマグカップがあった。私もスタバのマグかハードロックのピンとか集めればいいのかもしれないが、今更、という感じもあるので、写真だけとっておわり。
カメラロール-408

仕事と食事以外ほとんど報告する事がないのだが、ブラジルはこんな感じだった、ということで報告終わり。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加