Day3:クラクフへ、クラクフ中央広場のクリスマスマーケット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2013/12/22

ベルリンフィルの余韻が消える間もなく、パッキングしてチェックアウト。本当はバスでアレクサンダープラッツからテーゲル空港に行くはずだったが、のんびりしてたのと、ラゲージが重くて階段とか嫌だな、と億劫になってしまって、結局空港へはホテルからタクシーに乗ってしまった。ホテル出発7:25でテーゲル空港までは20分、22ユーロだった。宿を出るときは9時の飛行機に乗るには遅刻気味だったが、7:45には空港に着き、余裕。

次の目的地はポーランドのクラクフだが、前に調べた時は結構飛行機代が高いところで、その中でもベルリンから飛んでいるエアベルリンは割と安いというのもあって、今回トルコ航空のヨーロッパの入りをベルリンに選んだというのもある。

エアベルリンは一応ワンワールドなのだが、建物はテーゲルの中でも別のところにあって、正直LCC並みのバラック。ラウンジもなし。チェックインのときは一応ワンワールド優先ラインがあったが、カウンター女史に「あなたここプライオリティってのわかってる?」と言われ、JALでワンワールドサファイヤ持ってるけど、と言ってもJALなんて知らんわ、という態度で、プライオリティタグは付けてくれないし、JALにマイルを付けて、と言っても結局付けてくれなかったという態度の悪さ。アライアンスとしてこれはどうなのよ、と思ってしまった。
カメラロール-639

そしてお決まりのボーディングは徒歩で。短い飛行なのでいいんですがね。。。少々雨が降っていたので大雨だときついな、という印象。
カメラロール-640

クラクフまでの飛行は1時間20分。ベルリンから東に飛ぶに連れて雪が降った形跡が見えた。
DSC07828

クラクフには定刻通り10:20に到着。朝もやの中着陸してとても綺麗な景色だった。国際空港といってもターミナルはとても小さい。しかし、荷物が出てくるのがものすごく遅かった。結局30分程度待ち、空港の到着ロビーに出れたのは11時。クリスマス休暇のせいかとても混んでいた。
カメラロール-641<

クラクフ空港から待ちに出るのには最寄駅まで空港から無料シャトルが出ており、そこから電車に乗って行くのが一番安くて早い。しかしタイミングが合えば、のはなしである。荷物がすぐ出てくれば10:49のバスに間に合ったのだが結局11:37が一番早いバスの時間でここで30分ほど待つ羽目になる。待っている間にポーランドは€ではなく、ズオチという通貨なので両替したりしていた。
カメラロール-642

クラクフ空港はできたばかりなのかとても新しい。気温は1度。暖かすぎる。
カメラロール-644

空港から駅までのシャトルは空港をでて右側。airport shuttle busと書いてあるのでわかりやすい。
カメラロール-643

バスは3分ぐらい運転していきなり林の中で下ろされる。え、ここが駅?という程小さな駅だった。
DSC07833

程なくして電車到着。電車は最新型でとても綺麗。
カメラロール-645

空港近くのKrakow BaliceからKrakow Gl(中央駅)までは12ズオチ。1ズオチ=30円くらいなので360円くらい。
カメラロール-648

空からは寒そうに見えたが、クラクフ近郊もやはり雪はない。暖冬だなぁ。
DSC07836

電車は20分弱でクラクフ中央駅に到着。
カメラロール-649

中央駅は絶賛工事中だったが、完成したら便利そうだ。
カメラロール-652

中央駅は駅前のショッピングモールと直結している。これがすごい便利。店も多いし、遅くまでやっているようだった。日本では駅とデパートが直結している事が多いが、欧州だと意外と少ないものだ。
カメラロール-653

中央駅の南側には小さなクリスマスマーケット。炭で焼いているガメラのようなものは何だ?その答えは後で。
カメラロール-654

クラクフではアパートメントタイプの宿を予約していた。中央駅の南で駅から歩いて20分弱ぐらいだったが、行ってみるとトラムの駅の目の前でトラムを使った方が楽そうだった。荷物を置いて、外出。

クラクフの滞在は22,23,24日だが、23はアウシュビッツに行く事になっており、24日はもう1つの世界遺産のヴィエリチカは閉まっているとのことなので、計画上はこの日のうちにヴィエリチカに行く必要があったのであまり時間がない。ヴィエリチカは夕方に行ければいいか、と15時のバスに乗る目標でいた。

その前に一目旧市街を見るために、トラムで駅の近くまで行って、旧市街へ。この日は日曜日でとても人通りが多かった。もみの木を持った人を沢山見たので、クリスマス前最後の買い出しと行った雰囲気だった。
DSC07850

クラクフ中央広場は中世から残る広場としてはヨーロッパ最大。一番目立つ建物は聖マリア教会。
DSC07852

織物会館の前はクリスマスマーケットでにぎわっていた。
_DSC7818

クリスマスのリース。
_DSC7817

お昼も過ぎてお腹が空いていたので、何やら行列の長いPierogiの屋台に並んでみた。
_DSC7803

店頭はポーランド語で意味不明だったのだが、他言語の解説があった。色々味があるようだ。カッテージチーズ入り、キャベツとビーフ入り、マッシュルーム入り、ほうれん草入り、スイートチーズ入り、ストロベリー入りなど。
_DSC7807

見てみると、ラビオリか水餃子??とりあえず10個、甘いのとベリー系以外の味を2づつ買ってみた。
_DSC7805

こちらがピエロギ。食べてみるとまんま水餃子。懐かしい味で美味しかった〜。
_DSC7806

こちらは肉屋台。豪快だ。
_DSC7809

煮物系も多い。クリスマスマーケットでもドイツとはかなり食べる物が違って見ているだけで面白かった。ポーランドの方がもっとちゃんと調理されている食べ物が売っているという感じがした。
_DSC7811

ホットワインの売り場。ワイン樽ってわかりやすい!
_DSC7812

パンのように見えるけれど、ポーランドでOscypkiとは羊の乳でできたスモークチーズのこと。Oscypekオスチペクというのが一般的らしいが。
_DSC7814

そしてこのお店の前で駅前にあったガメラの様な物が売られていた。
_DSC7816

通称ガメラ。このオスチペクを切ってカメの甲羅のようなギザギザを付けるのが習わし?らしい。ここで私も1つ買ってみた。実は買うまでチーズとは知らず、食べてみて、ああ、チーズか、と初めてわかった。ちょっと塩っぱくてビールが飲みたくなる味だった。
_DSC7815

もうちょっとゆっくりしていたかったが、段々陽も傾いて来たので、これにて旧市街退散。
_DSC7819

ヴィエリチカに行くバスに乗るために中央駅に向かった。
_DSC7822

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加