クラクフの宿・BlueBells Apartments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




滞在:2013/12/22-25, 3泊

クラクフで泊まったのはアパートメントタイプの部屋。BlueBells Apartmentはアパートであっても1階に24時間開いているフロントがあって、到着が深夜になっても鍵の受け渡しは安心。
_DSC7776

トラムの乗り場が徒歩30秒!旧市街まではトラム一駅か歩いて5分くらい、中央駅までは歩くと20分弱だったのでトラムを使うと楽だった。
_DSC7778

部屋はツインのベッド。日当りがとてもいい部屋だった。
DSC07838

逆側を見るとエキストラのベッドが1台。エキストラベッドはスプリングがかなりぼよーんとしてたベッドだったが、がんばれば3人泊まれる。ベッドの左側にキッチン。丸テーブルとソファにテレビ付き。
DSC07839

キッチンはフルキッチンではないけれど自炊するには便利。シンク下の真ん中は冷蔵庫。小さな冷凍庫もついていた。
DSC07840

食器も一応そろっている。鍋はフライパンと鍋1つづつ。包丁、缶切り、栓抜きはあった。あえて言うならばワインオープナーが無かったのでそれだけ追加して欲しい。あと鍋ももう1つあればさらによい。
DSC07841

シャワールームはバスタブ無し。こういうタンクタイプの温熱機は気をつけないと、お湯を使いきる事もあると思うが、気をつけていたので自分はシャワー最中にお湯を使いきる事はなかった。ドライヤーもついていた。
DSC07842

小さなベランダがトラム通り側についていて、旧市街が見えていい感じ!
DSC07844

上の景色の逆側。右の角を曲がったところにカルフールがあったので、買い物も便利。しかし気がついたのがクリスマスイブの日で実際は駅のカルフールで食材は買い出しして持って帰って来たのだが。
DSC07849

自炊ができるってかなり快適だった。加えて私の泊まったのはクリスマスイブ&クリスマスの朝チェックアウトで店がイブの日は昼から閉まってしまったので、ホテル宿泊だとホテルの高い食事か、食いっ逸れる心配があったと思う。しかしアパートメントなので食材を買い込んで、食事を作れたのはよかった。

そしてこのアパートメントはホテルといいとこどりで、アパートメントだが、お掃除が入ってくれるので、ゴミの回収とベッドメイキング、水回りの掃除をしてくれるのがよかった。フロントも24時間対応でチェックインチェックアウトもいつでもできるし(アパートメントの場合、鍵の受け渡しって結構重要だったりする)、朝食も700円くらい払うとフロントの横で朝出していたようだ(私は食べなかったが)。

そして何よりも安い!ポーランドって本当に物価安いのでアパートメントが2000円台で泊まれた、というのがすごいと思った。あえて言うならば電子レンジと洗濯機とワインオープナーがあればパーフェクトだったが、安いので文句は言わない。旧市街へのアクセスもいいし、逆側に歩くとユダヤ人街のカジミエシュ地区も近いし、もしまたクラクフに行ったら泊まりたい宿だ。

BlueBells Apartments
ツイン・キチネット付きアパートメント 7,770円/3泊
(1泊あたり2,398円)
HP Tripadvisor booking.com

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加