台湾料理光春の上海蟹コース@池ノ上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




年末に池ノ上の駅前にある台湾料理の光春に行ってきた。以前にも来たことがあるが、冬で上海蟹を出しているということで、ずっと前から行ってみたかったのもあり、友達を誘って2人で訪問。軒先には「上海蟹入荷」の暖簾あり。
DSC07759

店は入ってみるとほぼ満席だった。上海蟹の季節は予約なしでふらっと来店して食べるのは難しそうだ。我々はカウンターの2席をあてがわれた。カウンターの目の前には上海蟹がいた。
DSC07760

店内のポスターも蟹。
DSC07761

上海蟹コースは4500円。
DSC07762

まずは大根餅。暖かくて柔らかくておいしい。もちもちしていた。
DSC07763

ピータン豆腐は豆腐を細かく刻んでいるので、レンゲで食べる。パクチーも添えられていて○。
DSC07764

空芯菜の炒め物。しなっとしすぎない炒め時間がちょうどいい。
DSC07765

一品選択メニューはメニューから好きなものを選べるのはポイント高い。金針菜と海老の炒め物を選んだ。金針菜は初めて食べたが、ユリのつぼみとのこと。エビも大きくぷりっとしていておいしい。
DSC07766

光春の名物メニュー・豚の角煮もコースに含まれている。口の中でほろほろと崩れるほど柔らかい。
DSC07767

そしてメインの上海蟹。2人で行くと1杯の蟹が提供される。スープはカレー粉が少し入っているため黄色い。あとでリゾットにするので、スープは適度に残しておこう。
DSC07769

蟹横から。カニミソも浮かんでいて期待できる!食べてみると濃厚。
DSC07771

そして余った餡で蟹リゾットを調理してもらった。これはおいしい。しかもかなり量がある。
DSC07772

麺も選択式になっており、ビーフンか汁麺か焼きそばから選ぶことが可能。オーソドックスな五目焼きそばを注文した。リゾットでかなりおなかがいっぱいだが、がんばって食べた。
DSC07773

食後は杏仁豆腐。さっぱりしていて口直しにいい。
DSC07774

コースは4500円にしては大満足でおなかも一杯!都心だとこの内容だと6000円から1万円とってもいいくらいのメニューかと思う。どの料理も素材の良さを生かしたものが多かったと思う。あえて言うならば、これは自分たちの問題だが、このコースは空芯菜の炒めに加えて、野菜の添え物が多いので(角煮や)、自由に選べる皿はエビ以外の魚とか、冒険してみてもよかったと思う。

今度は蟹じゃないコースも気になるので、そちらに挑戦してみてもいいかもしれない。

光春
HP 食べログ

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加