Day9:サーミ人の博物館・SIIDA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2013/12/28

イナリ3日目。前の日は曇っていたため12時前には寝たので、ぐっすり睡眠。朝ご飯を食べても特にやることもないので、またiPadでドラマの続きをみたりしていた。

寝たい時に寝て、ドラマを何時間も見ても罪悪感が生まれない。こんな日々はここ数か月なかった気がする。オーロラが見えないことに周りからは焦りの声も聞こえたが、私はこれもまた休暇なのだし、いいのでは?とマイペースに過ごしていた。

気が付くとずっと室内にばかりいてしまうので、努めて明るい昼間に外出することにしていた。白樺と曇り空。
DSC08349

この日はフィンランドの原住民・サーミ人の博物館であるSIIDAに行ってみることにした。ホテルイナリより北方面に国道沿いを歩くこと15分ぐらい。大きな駐車場があるから絶対わかる、と言われて雪道を歩いて向かう。
DSC08351

行ってみると看板があったので楽勝。確かに大きな駐車場は歩いてくるとここぐらいしか無かった。
DSC08354

こちらが入口。
DSC08355

入口の右の方にはサーミ人の古い住居の再現などがあったようだが、雪でよくわからなかった。山小屋風の建物はあったけれど。
DSC08356

入場料は10ユーロぐらい。2階に通じるスロープの天井にはサーミ人がイナリ湖で使ったと思われるボートがつるされていた。なかなかこの展示の仕方は迫力がある。
DSC08358

スロープにはサーミ人の帽子の展示。
DSC08364

地方によって帽子のデザインが異なるようだ。これをみて相手が自分の種族かどうなのか判別するらしい。
DSC08365

毛がついている帽子はあたたかそうだ。
DSC08366

スロープから2階にくると先ほどのボートの上をみることができる。
DSC08367

さて、私の行った日は12時と15時にシアターでのショートムービーの上映があり、12時の回の少し前にSIIDAに到着していたので、私も見ることにした。内容はラップランドの自然ということで主にオーロラや雪化粧の風景だった。オーロラも実際に見えれば、これだけ素晴らしい、というのはわかったのだが、いかんせん空は曇り空で残念。。。
DSC08363

SIIDAの2階奥はフロア全体を使った展示になっている。中央には剥製や民族衣装の展示、そりなどがあって、生き物・原住民の生活の様子を伝えるものが多く、音声の出るスピーカーなどを設置してリアル感を出そうとしているが、30分もあれば見てしまった。
DSC08362

壁側は植物や自然の展示が多かった。
DSC08360

こちらは民族衣装。
DSC08369

餌を捕る動物の再現。
DSC08371

2階の展示室とは反対側にはカフェがあり、ランチビュッフェをやっていた。ホテルの朝食がビュッフェであまりおなかが空いていなかったので、私は食べなかったけれども。
DSC08373

レジの横でドーナッツが売っていたので、これとコーヒーでランチとすることにした。特に急ぐ用事もないのと、Free Wifiが飛んでいたので、インターネットをしながらのんびりお茶をしていた。
カメラロール-785

そしてなんやかんやで15時頃に出るころには空はかなり暗くなっていた。ホント、日が短いなぁ。
DSC08376

湖も夜に近づいていく。
DSC08378

SIIDAの帰り道の分かれ目にあったガソリンスタンドの横に店がありそうだったので行ってみた。
DSC08379

マクドナルドではないフィンランドブランドのハンバーガーショップがあった。ファーストフードもなぁ、ってことで食べずに出てきた。
DSC08381

ホテルに戻ろうとしたら地元の人がそりでさっそうと通りすぎる。キックボードのようにして使っていた。歩くより速いもんね。
DSC08384

そういえば、フィンランドのペットボトルの飲み物はやたら高いと思ったらリサイクル料金が含まれている。たとえば、1.5lの水は3ユーロぐらいするのだが、そのうち0.4ユーロはリサイクル代。
DSC08096

この空きペットボトルをスーパーのこんなところに入れて回収してもらう。
DSC08124

もう一つのスーパーのリサイクルマシンはこれ。
DSC08167

たいそうな回収機械なのかな?と覗いてみたら、なんてことない、隣の部屋につながっているだけの装置だった。
DSC08166

ボトルをいれるとこういうレシートが出てくるので、レジで返金してもらう。
DSC08168

あとはインターネットをしたり、昼寝をしたり、パスタを部屋のポットで作ったりといろいろやっていたら、気が付いたら夜になっていた。あまりにも何もしていないので、翌日犬ぞりをしようとホテルの隣の事務所で犬ぞり1時間を予約してきた。

そして夜8時過ぎ。再び冬の外出用の装備をして湖にいってみたが、やっぱり曇り空。全然だめだ。
DSC00266

結局この日も早々にあきらめて。12時前に就寝。夜更かしもせず、ものすごく健康的な生活だけど、なんでこんなに曇っているのやら!? 確かに、このイナリのあたり、普通はマイナス15度とか行く土地なのに、私の滞在中はいつも0度近辺で全然寒くなかったし、今年の年末年始は欧州全体が暖冬で、雲も出やすかったのかもしれない。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加