Day12:ヘルシンキのアカデミア書店&アアルトカフェとイッタラ本店訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2013/12/31

5泊したホテルイナリを朝チェックアウト。飛行機は10:45発なので、8:45ごろにホテルを出たが外はまだ暗い。ほんのりとそらが青くなってかろうじて朝が来たのがわかる。この太陽の出ない極夜の環境ともおさらば!日が昇らない土地での生活は貴重な体験ではあったが、一方で、太陽のありがたみを感じるよい機会になった。
DSC08261

空港には同じホテルに泊まっていた車を借りていた日本人トラベラーに送ってもらった。色々と助けてもらって感謝。イナリからイヴァロ空港は約1時間。入るとチェックインカウンターと搭乗ゲートが一目でわかるくらい小さな空港だった。
カメラロール-822

やることもないので手荷物検査をくぐりゲートの前で待機。木の暖かい雰囲気のする作りで北欧テイストって感じの建物。ここにはFree Wifiが飛んでいてインターネットで暇つぶし。フィンランドは大きな施設にはFree Wifiが飛んでいてとても助かった。その後行くヘルシンキでもしかり。
DSC08266

夜が明けてきたがこれで朝10時ごろ。搭乗は歩いて飛行機に向かう。赤い機体はNorwegian Air Shuttle。北欧を飛ぶLCCで片道料金でもフィンエアよりかなり安かった。
DSC08270

さようなら、ラップランド!今度は夏に来てみたいな。
DSC08271

Norwegian Air ShuttleはLCCながら、機内でWifiが使えるのは素晴らしい!しかし離陸直後から寝ていて、wifiがあると気が付いた時はもうヘルシンキまであと少し。
カメラロール-829

そして昼の12:45にヘルシンキ空港に到着。ラゲージを受け取ったら今回おろしたてのJAL Global Clubのタグが6回目のフライトにして壊れた・・・・ANAのより立派に見えたのに、中身は段ボール疑惑w 粗悪品だなぁ。
カメラロール-834

クリスマスの日にヘルシンキ空港には来ていたので、すんなり空港からはヘルシンキ中央駅に行くフィンエア―シティーバスに乗車。20分毎に走っていて中央駅まで30分で着くので便利。まずは荷物を置くためにトラムに乗ってホステルに向かった。歩けないことなかったけどトラムに2駅だけのってトラム駅からは歩いて3分ほどのホステルだった。中心地からそれほど離れてなくて便利。

荷物を置いてからは即観光開始。大晦日の日なので店がこの日は早く閉まってしまうので時間がない。今度は歩いて町中に向かう。ヘルシンキの街は古き良きヨーロピアンな建物と新しい建物が混在しているが、どっちもセンスがいいな、と思う。
DSC08279

北欧最大のデパート、ストックマンの本店。しかし向かったのはここではなくて・・・・
DSC08280

ちょうど奥にある、ストックマンの別館・アカデミア書店。日本で言う紀伊国屋書店みたいなものかな?
DSC08281

ここはフィンランドが誇る建築家・アアルトがデザインしたとあって、見に来てみたかったのだ。2階3階が吹き抜けになっていて、天窓がついたおしゃれなつくりである。
DSC08283

そして奥にはアアルトカフェ。お昼を食べてなかったのでここで食べることにした。
DSC08285

アカデミア書店の椅子もここアアルトカフェの椅子・テーブル・ライトもすべてアアルトがデザインしたものなんだそうだ。ライトがおしゃれだなと思った。
DSC08292

注文はサーモンキッシュにクロワッサンとシードル。ちょっとしたカフェメニューなのにこれで20ユーロと値段はかわいくなかった。でもクロワッサンはさくさくっとしてバターの風味がよく、サーモンのキッシュは北欧っぽくてこちらもおいしかった。
カメラロール-841

食べた後には本を・・・といってもフィンランド語はわからないので、目指すはこの児童書コーナー。
DSC08287

やはりフィンランドと言えば、ムーミンでしょう!こちらではフィンランド語のオリジナル本はもちろんのこと、英語版のムーミン本もたくさん置いてあった。
DSC08288

こちらはオリジナル挿絵集とお話本。
DSC08290

海のムーミンパパ、とか、こちらは英語の読み物。ムーミンのアニメはテレビで見た記憶しかないが、子供向けの番組ながら話は結構シュールというか、世知辛い世の中を説いたアニメ、という印象が残っている。大人になってから読んでも面白そう。
カメラロール-839

買って帰ろうかな、と思ったが、その場でアマゾンの値段を調べると日本から安く買えることがわかってしまったので、買わずに帰ることにした・・世界の本が手に入りやすくなった半面、旅先でどうしても買わなければならないものは少なくなってきたのかも??結局アマゾンでもなかったミーの語録(他にスナフキンとかいろいろある)だけ、買って帰ることにした。

アカデミア書店を出ると外はもう真っ暗。ヘルシンキの目抜き通り、エスプラナーディ通りを少し歩いてみる。
DSC08294

大晦日で人もぼちぼち減ってきた。
DSC08296

この通り沿いにはまずマリメッコの本店がある。しかし私はあまりマリメッコに興味がないのでスルー。あの派手な服とか着ないしw ファブリックはちょっとは興味あるけど・・・。
DSC08295

怪しい日本語のバス?イッテラッシャイ?
DSC08297

そしてこちらはイッタラの本店!まだ閉店まで1時間ほどあったので入ってみた。
DSC08301

すごくおしゃれな店内。このセンスは日本にはないわー。素敵。
DSC08302

このカップを逆さにした照明も素敵!
DSC08304

そしてNespressoがタダで飲めるのだ!しかもカップはタイカのシリーズ。素敵すぎます・・・。
DSC08303

フィンランドに来るまではそれほどイッタラに興味がなかったのに、デザインがとてもいいなーとすっかり好きになってしまった。ロバニエミでも買ったのに、このイッタラの本店でも安くなっていたタイカの赤のボウルを買ってしまった。ホントは白が欲しかったんだけど、値段考えると安い方で妥協してしまった。しかし、その後ストックホルムのアウトレットではこの安くなった値段で白売ってたので、ここで買わなければよかったというのは後の祭り。
3401_1_[1]

17時ごろイッタラの本店もクローズとなり、店は大体どこも開いていない。歩いて波止場の方に行ってみることがした。
DSC08305

ストックホルムに向かうバイキングラインはこちらから出航。ちょうど出航したところだった。
DSC08307

小高い丘に建つロシア正教会ウスペンスキー大聖堂。入ってみたかったけど、ここも大晦日のこの時間はクローズ。フィンランドって東のロシアと隣同士で文化的にはロシアの側面も街を歩いていると感じる。
DSC08313

トラム通りを歩いて中心に戻る。クリスマスイルミネーション。
DSC08323

歩くの面倒になったからトラムに乗ろう。
DSC08322

再びストックマン前に戻る。ストックマンも17時に閉店してしまったらしい。DSC08329

ストックマン前の銅像。三人の鍛冶屋像と名づけられているがなぜ裸なんだ!?
DSC08331

ライトアップがきれいなストックマン。
DSC08328

さすがリコリスの国だ、リコリス屋台があった。すごく好きなわけでもないし、黒いのは食べられてものじゃないので、もちろんスルー。DSC08325

この後、中央駅の方に歩いていたら、なんとイナリのホテルで会った日本人の友達と道でばったり遭遇!夜に年越しをしようとメールで連絡は取っていたものの、まさか道でばったり会うとは。そのくらいヘルシンキは首都と言えどもコンパクトで大体行くところが似ている、ということだ。

店が閉まってやることがなくなったので、ゆっくりと19時からのオペラを見に向かうことにした。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加