Day15:陶器の街・グスタフスベリで陶器アウトレットショッピング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/1/3

朝はゆっくり起きて、買ってきたマンゴーとポーラーブレッドを食べた。朝からマンゴーってぜいたくな気分。ポーラーブレッドはレンジで温めて、バターを溶かして食べるとおいしい。しっとりしていい感じ。
カメラロール-931

さて、ソース入りヨーグルトかな、と思って買ったこちらのRisifrutti。食べてみたら何か違う!調べてみたところ、ライスプディングだった。スウェーデンではよく食べるんだろうか?
カメラロール-932

スウェーデンに来てからずっと天気が悪くて、この日も雨模様。
DSC08771

アパートを11時過ぎにでて、この日向かったのはストックホルム郊外のグスタフスベリという街。ここはスウェーデンの陶器メーカー、グスタフスベリ(街の名前がそのままブランド)の工場があり、アウトレットがあるということで行ってみたかったのだ。陶器はそんなに興味があるわけではなかったが、フィンランドでイッタラに行ってから興味が出てきた。そして、グスタフスベリにはイッタラのアウトレットもあるということで、興味津々で向かった。

グスタフスベリにはメトロのスラッセン(Slussen)の駅でバスに乗り換える。スラッセンにはバスターミナルが地上と地下の2か所にあるのだが、グスタフスベリ行きのバスはメトロのプラットホームの端っこから出ないとつかない地下のバスターミナルなので注意。私は最初地上に出てしまって、駅員に聞いて、また改札からホームに行ってやっと着いた。グスタフスベリには425か474のバスが行くようだ。運賃ゾーンがBゾーンになるが、乗り放題チケットでいけるのは助かる。

降りるのはFarstavikenということで降りたらこんなところ。んーどこにお店はあるんだ?
DSC08774

しばらく歩くと湖が見えてきた。この湖畔の建物がグスタフスベリの一帯のようだ。
DSC08776

こちらが入口。何とかたどり着けた。
DSC08777

Hemkopのスーパーの左横を歩いていくと・・・・
DSC08779

ついた、グスタフスベリのアウトレット。
DSC08822

年末年始時期は営業時間に注意。普段は月曜~金曜は10:00-18:00, 土日は11:00-17:00だが、クリスマス前は少し営業時間が長くて、12/24-25, 1/1はお休みのよう。
DSC08782

中に入ってみると、色とりどりの食器が。しかし、お客いないな~。
DSC08783

入口から一番奥にグスタフスベリの人気シリーズ・スティグ・リンドベリの食器のコーナーがある。
DSC08784

スティグ・リンドベリといえばベルサ(BERSA)。しかし、売れ残ってるのがコーヒーカップじゃなくて紅茶のソーサーばっかりだった。残念。
カメラロール-943

しかも、結構柄のエラーが多い。いくらB級品だからとはいえ、ちょっとこれはないかなーと。
カメラロール-947

例えばこれは、アダム&エヴァシリーズのアダム。皿の外に色ドットがついていたり、まんまるの模様がかなり歪んでいたり。
カメラロール-946

エヴァのほうも真っ白の部分に液剤の模様があったり、赤が変な赤になってたり、いろいろ見たのだが、正直、値段は多少安いとはいえ、柄のエラー的に使えないものが多すぎた。アダムとエヴァのカップ&ソーサーを対で欲しかったのだが、夢破れたり・・・。
カメラロール-944

アスターブルーとアスターレッドのシリーズ。これも紅茶のソーサーばっかりでコーヒーカップはお皿が無かったりしたものが多かった。アダムとイヴァもだが、一般的にこういう柄物って作るのがすごい難しいようで、結構柄エラーのものを見かけた。なので、アウトレットで安い、と飛びつく前にちゃんと柄チェックはしといたほうがよい感じがした。
カメラロール-948

マグカップとキャニスターはたくさんあった、がマグカップは既にたくさん持っているので使わないかなーと。300クローネって4,800円ほど。アウトレットといっても結構いい値段するなぁ。
DSC08785

サリックス(SALIX)のシリーズ。一つ一つ手書きされた葉っぱの模様が繊細。自宅でアフタヌーンティーする人はこういう2段のお皿いいかもね。
DSC08794

グスタフスベリで沢山売れ残っていたこちら。黒いのは何かというと・・・・
DSC08793

ありんこ!いくらこれがデザインとはいえ、ちょっとこれは気持ちが悪い・・・・。
カメラロール-941

奥の方には王室グッツ。ヴィクトリア王太子とダニエル殿下の結婚式に作った売れ残りなのかな。
DSC08786

あら、こんなお皿まで。
DSC08787

お盆類はもってけ泥棒並の展示だった。ちょっとかわいそう・・・・。
DSC08790

食器以外にも自転車に積む用の買い物バッグとか売っていた。
DSC08789

あとは鍋類。
DSC08788

鍋つかみや謎の帽子。
DSC08823

ムーミンのお盆とか。ムーミン好きにはいいかも。
DSC08824

グスタフスベリは思っていた以上にB級品の質がよくなく、結局サリックスの赤の普通のお皿を2枚とコーヒーカップ&ソーサーを1つだけ買った。

グスタフスベリのアウトレットの周りはこんな感じ。湖の横に陶器博物館やギャラリー、食器のアンティックショップが並んでいて、食器好きなら飽きないかも。天気はあいにくだったけれども・・・。
DSC08795

こちらが陶器博物館。1Fの入場料を取らないエリアだけぐるっと見てきた。奥では子供たちが白い皿に絵づけするワークショップがなされていた。
DSC08796

陶器博物館よりさらに奥に行くと、イッタラのアウトレットもあり。REAってスウェーデン語でSaleのこと。イッタラ好きとしては覗いてみよう。
DSC08797

早速中へ。
DSC08798

うわー、これは広い。心躍る。しかもいたるところにREA REAのAdが。安いのかな~?
DSC08799

イッタラの透明なガラスシリーズの食器。キャンドル入れとかお皿とか。
DSC08801

アアルトの花瓶。でも、ここよりロヴァニエミ
のサンタビレッジの方が安かった。スウェーデンはやっぱり元の物価が高いからなぁ。
DSC08802

こちらはOrigoのストライプシリーズの食器。迷って買わなかったんだけど、やっぱり買ってくればよかったかなぁ。
DSC08803

タイカのシリーズもたくさん!ヘルシンキの本店よりも安かった。うーん、ボウルもこっちで買えばよかった。しかしボウルばっかりそんなにあってもなぁ、と思ってここでは結局買わず、エスプレッソカップ&ソーサーを買うことにした。
DSC08804

こちらはムーミンのマグカップ。たくさん!
DSC08806

同じアラビアグループの鍋など。
DSC08807

リサ・ラーソンの置物。
DSC08800

結局買ったのはタイガのモノクロと青のエスプレッソカップ。かわいくてお気に入り。基本カップ&ソーサーは1つづついろいろ集めているので、1つづつ買った。
カメラロール-942

11時過ぎについて、ランチのお店があまり充実していなかったので、ご飯も食べずに買い物していた。クリスマス後だったからか、駐車場は空いていた。
DSC08809

グスタフスベリ、イッタラ以外のアンティックショップも入ってみた。
DSC08811

沢山のメーカーの食器がたくさん。
DSC08814

緑で統一されたシリーズ。しかし値段はそれなりにする。
DSC08815

入口のドアの近くには掘り出し物。ロイヤルコペンハーゲンのYearプレートとか。でもあまりいい柄じゃなかったので買わず。DSC08812

あら、これは国王の即位のときの食器。私が生まれるより前w まだ売れ残ってるのかな。。
DSC08813

陶器博物館は入場料がかかるが、その向かいのギャラリーは入場無料なので、入ってみた。
DSC08816

ここはアーティストたちのギャラリーのよう。
DSC08817

不思議なガラスのライトがあったり、
DSC08818

ちょっと怪しいオブジェがあったり、
DSC08819

大きな空間では何やら創作活動中って感じだった。
DSC08820

14時過ぎには満足したので、さて、帰りはグスタフスベリの前のバス停から乗ればスラッセンまで行くバスがあるので待っていたら、なんとメトロ・バスの3日券がポケットにない!!!!またイッタラの店に行ったりしたがどうしても見つからない。。。。あああー、あれ高かったのに・・・・。がっくり。

しかも面倒なことに、現金でバスに乗ることができないのがストックホルム。バスには日本のような両替機なんかなく、強盗防止のため、現金のやりとりをしない、とのことで、じゃ、バスのチケットどこで買えるんだよー、とすぐ近くのスーパーに行ったら、「ここでは売っていない、10分ほど歩けばバスターミナルがあるから、そこまで行かないとないよ」と。バス停が目の前なのに、とぼとぼバスターミナルまで歩いた。

そしてバスターミナル到着。アパートの駅にもあった同じキオスク(黄色のライトのところの店)に入ればチケットが買えるに違いない、と思ったらビンゴ。仕方がないので1日券を購入した。余計な出費だよ、もう・・・。自分が馬鹿だった。
DSC08825

まぁ、でも、無くしたものは仕方がない。お金で解決したなら、まだよかったと考えることにして、買った陶器を持ちながらスラッセンまで再びバスに戻ることにした。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加