Day15: ヴァーサ号博物館とKulturhuset

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/1/3

スラッセン駅にバスで戻ってきて、地上に出ると目立つのがこの建物。レストランが入っているらしい。
DSC08773

そして、上の建物の左の方には「NYSTEKT STROMMING(焼き立てニシン)」と書いた看板のある、有名なニシンサンドイッチ屋さん。お昼を食べてなかったので、ここでちょっと食べてから行動しようと、15時過ぎに行ったらなんと売り切れ!私の目の前の人は食べていたのに・・・・。そうか、もしやアジア人だから差別した?んー微妙。せっかく食べたかったのに残念。
DSC08826

スラッセンの駅からは沈没船が引き上げられ、再現されたというヴァーサ号博物館に行きたかったのでバスに乗った・・・・しかし、何やら景色がおかしい。Google Mapを開いてみると逆方向に進んでるし!あわてて降りて、逆方向に乗った。あー時間がもったいない。このヴァーサ号博物館も17時までで、閉館30分前にぎりぎり到着。
DSC08828

入ってみると巨大な船が目に入る。
DSC08829

そのまえに、まずこのヴァーサ号の沈没した歴史と復元作業に関するビデオを鑑賞。
DSC08832

ヴァーサ号は1628年8月10日、ストックホルム港から出航した軍艦なのだが、これが出航間もなく、ストックホルムの湾で突風が吹いた時に船舶がうねり、砲台から海水が入って、あれよあれよと沈んでしまったという船なのである。バイキングの国だというのに、なんというかっこ悪い顛末なのだが、その後、300年以上の時を経て、1956年にこのヴァーサ号を引き上げた。復元作業を進め、船舶の95%を復元し、現在唯一現存する17世紀の船舶とのことだ。
DSC08834

船は身近で見ると建物4階分ぐらいの高さがある。船の横には博物館展示があるが、時間がなかったのでさささーっと。
DSC08836

船で死んだ乗組員のガイコツ。
DSC08837

朽ち果てた船とはいえ、300年海の中にあったとは思えないね。しっかりと復元されている。
DSC08839

階の上のほうに行くと船のデッキまで見下ろせる。
DSC08843

これは船の端についている彫刻。
DSC08844

多分こんな色がついていたのでは?という再現のよう。
DSC08849

最後「もう終わりです~」というような放送がスウェーデン語でかかるまで見て、最後の最後にヴァーサ号博物館を出た。それにしても17時の閉館は早すぎる。見終わって外に出るともう夜。
DSC08853

曇りだが、夜景は綺麗。
DSC08854

帰りはヴァーサ号博物館の近くからトラムに乗るとストックホルム中央駅の近くが終点だった。ぷらぷら歩いていると駅の近くの地下が上から見下ろせるところにでた。
DSC08858

そしてこの広場に面する建物でKulturhusetというガラス張りの建物があったので入ってみた。入ってみるとチケットブースのようなものがあったり、上の方に行くと図書館があったり。ここはストックホルム市民の為の演劇・映画・図書館・子供のワークショップなどを開催する総合文化会館のようなものらしい。図書館には私のような観光客でもフリーで入ることができたのでちょっと入ってみた。
DSC08869

図書館というよりはカラフルで明るい本屋のようだった。そして奥にはCD視聴コーナーがあったり。
DSC08865

そして素敵だな、と思ったのがこの中央駅の夜景をみながらの宙吊りの椅子!ここで本を読むなんて面白いだろうなぁ。
DSC08867

DVDのレンタルや雑誌コーナーもあったり。もちろん日本にもAV機器をそろえた図書館はあるけれど、空間の使い方がおしゃれだな、と思った。
DSC08864

図書館を出た下の階にはおしゃれなカフェ。素敵~。
DSC08870

しかし、このカフェには入らないで、Wifiの飛んでいるカフェのUrban Coffeeという店に入ってしばし休憩。DSC08872

このカフェもなんかおしゃれな感じ。
DSC08874

カフェメニューだけでなくて、食事もできるようだったが、食事はアパートで作るとして、とりあえずおやつにした。
DSC08873

カプチーノとドーナッツとクリーム入りコロネ。普通においしい。
カメラロール-955

夕方の時間をカフェでのんびりして、アパートに帰ってからの食事。サラダとスープは前の日と同じだが、パスタは日本から持ってきたたらこパスタ。パスタは海外だとソースの種類がトマトぐらいしか無くて、日本でよく売ってるゆでたパスタに絡めるだけのソースはとても重宝する。
カメラロール-957

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加