Day16:ストックホルム地下鉄アート巡り、帰国




旅行日:2014/1/4

空港まで行くのに残り2時間で向かったのは、どこでもない、地下鉄である。
DSC08993

実はストックホルムの地下鉄は地下鉄アートとして有名なのを滞在中にみつけ、最後の時間でまわってみる事をここ見た。行った順番に数字を振っておく。
T-Bana2

スウェーデンメトロの公式解説を引用して、訪れた駅のアートを紹介する。

1. Tekniska högskolan

Paintings, fi gures and sculptures symbolising and illustrating the four elements, the universe and technological development.
Lennart Mörk 1973.

スウェーデン王立工科大学の駅であるので、テクノロジーに関するアートが見物。5角形の入れ物に入った針金オブジェが天井から吊るされている。物々しい雰囲気を醸し出す。
DSC09001

横からみるとまた印象が変わる。
DSC08999

この駅はホームの端にも目を引くアートがあった。
DSC09002

ホーム中央。工科大学を意識した幾何学的なオブジェ?
DSC09003

三角形とそれを取り巻く絵。
DSC09004

天井には何故か翼。
DSC09006

2. Stadion

Large-scale wooden sculptures act as signs, and celebrate the 1912 Olympics, the Stockholm Stadium and Stockholm’s Royal College of Music. Bright colours on a blue marbled rock wall.
Enno Hallek, Åke Pallarp 1973.

ストッックホルムスタジアムと王立音楽院も最寄駅。天井の岩を蒼く塗り、空に例えた虹のアートが見物。
DSC09008

少し角度を変えてみただけでも印象が変わる。
DSC09016

アーチの中から。
DSC09017

プラットフォームの壁も青いストライプ模様だった。
DSC09012

3. Kungsträdgården

Design of platforms, escalator and ticket hall. Exposed rock face, green sprayed concrete, cement mosaic floor, cast sculptures from the Makalös Palace, petrifi ed waterfall, painted harlequin design on the ceiling, etc.
Ulrik Samuelson 1977

美術館や博物館の多いエリアの駅。ここはプラットフォームのデザインが斬新。椅子と床がつながったストライプ。
DSC09021

壁には彫刻が埋め込まれ、
DSC09022

エスカレーターのあたりは駅共通のクレーターのような天井。
DSC09024

この角度はいまいちだったかな。
DSC09025

誰もいないプラットフォーム。緑の天井と床の緑と赤白ストライプがきりりと引き締まる。
DSC09026

4. Akalla

Ochre grotto. Ceramic pictures illustrating the ideals, daily lives, leisure and work of men and women.
Birgit Ståhl-Nyberg 1977

クリーム色の壁色。
DSC09032

シンプルなんだけど、いい質感なのは元々のこの惑星風の天井と壁にもあるのだろう。
DSC09033

共産主義を彷彿させる壁画があった。
DSC09034

Exit方面は色が白に変化。この景色だけ見ていると、宇宙の世界だなと感じる。
DSC09035

5. Husby

Light green cave. Long frieze of
images depicting the archipelago and tree trunks.
Birgit Broms 1977.

ここも天井が薄い黄色なのだが、プラットフォームの線路側に壁画があるのが特徴。
DSC09043

船の絵。
DSC09040

ここも宇宙空間的Exit。
DSC09041

6. Hallonbergen

Enlarged children’s drawings, fi gures and text on a white background. Painted metal sculptures.
Elis Eriksson, Gösta Wallmark 1975.

Addition of a “fence” between the platforms.
Elis Eriksson, Gösta Wallmark 1982.

ここはとにかく楽しい壁画。子供の落書き風。
DSC09053

ここは子供を連れて来たりすると、感化されそう。DSC09049

線路を仕切る部分にも子供心たっぷりのオブジェ。
DSC09047

ヘタ絵かもしれないけど、なんだか味がある。
DSC09050

見ていても楽しいなぁ。
DSC09051

適当そうなんだけど、このプラットフォームの巨大空間を埋め尽くすとそれもまたアートだ。
DSC09054

7. Solna centrum

A red and green cave painted with motifs from 1970s Sweden, rural depopulation, the environmental movement, etc. Peepshow displays with stories told in sculpture. 
Karl-Olov Björk, Anders Åberg 1975.

赤と緑がテーマの壁画が多く、解説にもある通り、70年代の工業化等の環境の変化と過疎をテーマである。壁画からストーリーが感じられる。
DSC09073

プラットフォームの隅から隅まで壁画。
DSC09061

太陽なのか、月なのか?
DSC09060

工業化ですかね。
DSC09062

この空間は圧巻。
DSC09064

こっちから見てもいいね。
DSC09066

エスカレーターがやたらカッコよくみえる。
DSC09057

8. Västra skogen

Repeated faces in profi le in cement mosaic with cobblestone and tiles.
Sivert Lindblom 1975.

もう時間が無くなって来て、車両の中から撮った一枚。モザイクが綺麗。
DSC09075

9. Rådhuset

A sandstone grotto with imaginative “architectural finds” from different periods in Kungsholmen’s history.
Sigvard Olsson 1975.

茶色の砂岩がテーマの駅。
DSC09080

何故かこんなところに靴が?
DSC09079

謎のコンテナ?
DSC09085

ここエスカレーターがカッコいい。火星にいるみたい。
DSC09082

エスカレーターは東欧圏にあるような深いもの。
DSC09084

10.T-Centralen

Blue line:
Blue vines, fl owers and silhouettes of workers on a blue and white background on walls and ceiling.
Per Olof Ultvedt 1975.

“Take the A-train”, blue enamel frieze inspired by SL’s logo along the walls of the moving walkway tunnel.
Carl Fredrik Reuterswärd 1984.

中央駅のブルーラインのプラットフォームは白と水色がテーマの模様が印象的。
DSC08889

この角度は広角レンズの役割が十分に発揮できた。
DSC09087

同じカラーだけど、模様違いもある。
DSC09089

グリーンライン・オレンジラインとの連絡通路には工事現場の影絵のような壁画もあってこれがかっこいい。
DSC09092

こんなアートな通路を毎日通っているストックホルム市民、普通の街の駅だとつまらなく感じてしまいそう。
DSC08892

時間がなくても中央駅のこのブルーラインの方までは行ってみる事をお勧めする。
DSC08886

地下鉄アートは巡ってみると、これが実はストックホルムで一番面白かったんじゃないか、と思うくらいはまった!もう少し時間があれば、もっと行けたなぁ。気がついたのがストックホルム滞在の最後の方だったので、これだったら毎晩暇しているときにメトロにただ乗るだけで見る事ができる地下鉄アート巡りをもっとやればよかった、と思っても後の祭り。

メトロの中央駅から、空港鉄道の中央駅に戻り、荷物をロッカーから取り出して、アーランだエクスプレスへ乗り込んだのは15時半。離陸ちょうど2時間前なので、押し気味。
DSC08400

しかしTime is moneyで往復券買っていたし、これでささっと空港へ。
DSC08401

空港は夕方の忙しそうな時間なのだけど、なぜだかガラガラ。ストックホルム空港っていつもこうなの?
カメラロール-970

そうそう、忘れてはならない。ロヴァニエミで買ったイッタラの免税手続きをしなければ。前の日本人が英語もわからず、書類の書き方に手間取って時間がかかる。私は1発で通った。フランクフルトなんかは先に空港の通関のハンコをもらってからGlobal Blueなどの還付窓口に行くのだが、ストックホルムはここ一カ所で全部の手続きが終えられた。前回カード返金だと時間がかかったので、今回は現金で。10ユーロちょっと戻って来た。
カメラロール-971

免税手続きで時間がかかって、ゲートに行ったらもう10分で搭乗時間。長い旅ももう終わり。さようなら、ストックホルム。
DSC08402

ラウンジに入る暇もなく、お昼も食べてなかったのでお腹ぺこぺこのストックホルム→イスタンブールの機内。エコノミーだけどご飯がおいしくてトルコ航空グッジョブ。
カメラロール-974

そしてイスタンブール空港に到着したのは夜10時頃。往路の時は早朝でがら空きだったラウンジが大混雑。
カメラロール-982

東京行きの便は0:50で約3時間の待ち時間。チュニジア旅行をしていて同じ便で乗り継ぐMちゃんとラウンジの前で待ち合わせて一緒にラウンジタイムを過ごした。しかし、イスタンブール空港ってラウンジに入れないと席が足りなくてみんな床座りしていて本当大変そうだ。
カメラロール-976

トルコ航空のラウンジは夜はトルコピザの実演。すごすぎる!
カメラロール-978

小さくカットされて食べてみるとこれがまた美味しい。
カメラロール-981

グリルの方はペンネとサラダ。
カメラロール-980

冷菜サラダも朝とはメニューが違って豪華になっていた。
カメラロール-979

ケーキやレモネードまであって、もうとどまる事を知らないトルコ航空イスタンブールのラウンジ。世界一です。
カメラロール-983

東京行きの機内に乗り込んだら、缶のアメニティが配られた。往路はペンケースのようなファスナー付き入れ物だったのに、復路は缶と往復で変えるのがまたすごい。エコノミーでだよ。
カメラロール-984

中身はお眠りグッツと歯ブラシ、リップクリーム。ANAのビジネスクラスのグッツ相当のものをエコノミーで配っちゃうトルコ航空って素敵。
カメラロール-985

機内食はまたまた美味しかった。トルコ航空は安いのに機内サービスがいいからまた乗りたい。
カメラロール-986

着陸前。ちゃんとフムスが付いてあるのがまたいい。
カメラロール-987

そして成田に到着。2週間以上も旅行していたが、イナリでのんびり過ごしたり、アパートの生活マイペースだったので、いろんなところへは行ったので移動は多かったにしても、心身ともにストレスフリーに慣れたのはとてもよかった。さて来年の年末はどこへ行こうかな。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加