航空券手配をミスった香港行き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




本来は1月の3連休に行くはずだった香港。就航したてのLCC・香港エクスプレスがバーゲン価格を出していたので、それに飛びついたのだ。ちょうど10/7とかその辺の日のことだった。

しかし、買って数時間して、往路も復路も1日づつ遅い日を買ってしまっていたのに気が付いた。こんな間違いをしたことはないが、e-ticketを見ると確かに1日ずれている日付だった。

すぐに気が付いたので、香港エクスプレスに電話をした。しかし、10月あたりは香港エクスプレス自体がまったく態勢がなっておらず、まず、日本にコールセンターはないし、香港の番号にかけても全く電話がつながらなかった。そもそも、友達の中にはItineraryが即日発行されなくて、数日たってやっと送られてくるというありさま。しかもWebから自分の予約が確認できない、というしょぼいWebsiteである。

やっと何日かして電話をしたらつながったので本来乗りたかった1月連休に日付を戻した。間違った直後に通じたら変更料何とかしてもらえないだろうか、と言ったらやっぱりだめとのこと。そもそも、お宅電話通じないじゃない、と言ってもだめだった。しかし、日付を確かに戻したのだが、その後Itineraryが全く送られてこない・・・嫌な予感。

数日たってまた電話をかけたら、あなたの予約は変えられてない、とのこと。まったくあの予約を変更したオペレーターはなんだったんだ!!!しかも、今度は1月の連休に変えようとしたら、もう同じ値段のチケットはないと言われる。オペレーターがミスったために、1度は取れたらしいチケットを逃し大不満。これがLCCかと思わされる。

結局空いている日は3月の第1週の週末しかなさそうで、1月の予約を3月に移した。往復共の変更なので、変更料もかかるし、本来安く買ったのが全く意味がなくなってしまった。しかも、最後の変更も結局Itineraryはすぐには送ってこず、こちらからカスタマーセンターに問い合わせてやっと送られてくるというありさまだった。注意としては、予約番号とPayment numberは覚えておいて、Itineraryが送られてこなかったら、それらを伝えて問い合わせること。新興LCCはとにかく注意したほうがいい、という苦水体験であった。

結局の変更したスケジュールは以下。そもそも、私が予約してから数日たって100ドル位下がったのに、USD242.2で買ってしまったという、最初からタイミングが悪かった。。

香港エクスプレス 
03/01(土)羽田01:30 – 香港05:23@UO623 
03/02(日)香港19:50 – 羽田00:30+1@UO622 
USD242.2
変更料片道350HKD x 2 = 700HKD

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加