Day2:女人街散策、フォーシーズンズでのおひとりさまアフタヌーンティ、帰国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/3/2

九龍側について行ってみたいと思ったのは女人街のあたり。確か7年前の香港旅行では行かなかった記憶。移動はMRTでもいいのだが、1番のバスで近くまで行ってみる事にした。ネイサンストリートを北上するこのバス、景色を楽しむにはちょうどいい。
DSC09456

そして女人街。ごちゃごちゃしている感じが風情がある。
DSC09457

おでん屋台とか。
DSC09458

さて、この女人街のあたりというのは、専門店がエリアごとにまとまっている。こちらはペットショップ街。
DSC09460

そしてペットショップ街の当たりには金魚屋さんが多いのだ。
DSC09462

この袋にいれて金魚を売るのは日本人からみるととても珍しい。定期的に水を入れ替えているのかしら?
DSC09463

とってもカラフルな背びれの魚がいた。これ自然に存在するの?20HKDとかってことは300円弱。
DSC09464

女人街も歩いていると喉が渇く。。このあたりで来てみたかったのがこちらの椰汁大王。名前の通り新鮮なココナッツミルクのお店で結構人気がある。
DSC09465

タピオカ加えて大杯20HKD。とっても自然な味で本当においしかった。ココナッツミルクだけ、ペットボトルに入れてもらって買って帰る人が後を絶えなかった。これなら飲みたくなる味なのも納得。
カメラロール-1410

更に女人街歩きは続く。金魚を袋に入れるのはありとしても結構大きな魚まで入れるんだなぁ。豪快だ。
カメラロール-1412

また日本語の怪しいマッサージ屋の看板とか。
カメラロール-1413

途中から服とかアクセサリーの通りになった。
DSC09467

特に買いたいものはないので見るだけ。
DSC09468

こういう髪飾り系も種類が多い。
DSC09469

女人街歩きはこの辺にして、1本となりの現代風の道歩きに方向転換。ここは歩行者天国にもなっているようで路上での芸人とか多かった。
DSC09471

さっきSASAにも寄ったけど、ワトソンズも偵察。海外のドラッグストアって見るのが大好き。
DSC09477

ワトソンズではツバメの巣パックとコラーゲンパックを購入した。ついセールだったのでまとめ買い。
カメラロール-1415

さて、飛行機の時間は19時で、この時点で16時くらい。香港では最後にアフタヌーンティーに行きたかったのだが、1人だしどこの店に行こうかと迷っていた。ホテルだとちょっと浮くかもしれないし、1人はちょっとと思われそうで店選びで迷った。あと、アフタヌーンティは結構2人以上からのメニューしかないホテルのティールームもあって、1人用となると結構チョイスが少ない。

IFCモールにあるロブションのアフタヌーンティはカジュアルな感じとは聞いていたが、2人前からしか注文できなく、2人前でもポーションが小さいから食べられる、ということも聞いていたが、2人分で380HKD(5,000円)はちょっと高い。。ダメ元でやっぱり行ってみたかったフォーシーズンズに行こうかな、と決めて行くことにした。

フォーシーズンズホテルはIFCモールと直結。フォーシーズンズ=四季酒店。なるほど、そのまんまw
カメラロール-1423

突き進むとホテルの入り口。格調高い・・・のだが、この時点で私思いっきりカジュアルでバックパックまで持っていた。迷ったけどそのまま入った。預ければいいかなーとも思って。
カメラロール-1422

フォーシーズンズホテルのロビーは左側。
カメラロール-1420

しかし右側を見てみるとバーコーナー?ここの入口にメニューがあって、アフタヌーンティーも出すとあったので、こちらに入ってみることにした。Blue Barというらしい。
カメラロール-1419

そしてここからのフォーシーズンズホテルの対応に感動した。まず、一人客でも邪険に扱わず、対応は最初からよい感じ。バーに入ってすぐ店の人が来て、荷物はバーの入口で預けてカウンターに通された。 この流れがとてもスムーズで、こちらに不快感与えない絶妙のサービスだった。こういうところ、さすがフォーシーズンズホテル、って感じがした。

バーなのだが、アフタヌーンティーを出すThe Loungeのメニューがちゃんとあって、おひとり様でもアフタヌーンティーをちゃんと頼むことができた。アフタヌーンティーセットは250HKD(3,300円)、サービス料込で275HKD(3,650円)。紅茶はTeaの部分から好きなものを頼めるが、刺し湯はしてくれるものの、茶葉を変えてのお代わりは無いようだ。それにしても、カジュアルなロブションで無理して2人前頼むよりずっと安い。
カメラロール-1418

Blue Barは店員さんも若めで、みんなブルーのシャツを来ている。少しだけ敷居も庶民に近いので入りやすい雰囲気だった。フォーシーズンズホテルにバックパックを持ってくる客なんて私ぐらいのものだろうが、私は黒スニーカーで、ジーンズと言ったいでたちで、フォーシーズンズ行くの迷ったのだが、このブルーバーは結構カジュアルな人多くて、ジーンズにTシャツというカジュアル格好の人も多く見かけた。また周りの人は結構アフタヌーンティーを注文していて、知る人は知ってる穴場なのかもしれない。カジュアルな格好だけど一流ホテルのアフタヌーンティーを頼みたいときには、このフォーシーズンズホテルのBlue Barはとてもいい選択肢だと思った。
DSC09379

また、カウンターは一人のお客さんが多く、1人で入るのも気兼ねなく入れる雰囲気だった。さすがにアフタヌーンティーをカウンターで食べていたのは私だけだったが・・・。最初はテーブルが混んでいたのでカウンターでの案内だったが、テーブルが空くと私にもテーブルに移るかofferされたが、居心地のいいカウンターで食べ続けることにした。

さて、肝心のフォーシーズンズホテルのアフタヌーンティーだが、スコーンに付けるジャムとクロデットクリーム、そしてお茶とお皿が出された。カウンターでもちゃんとセットしてくれる。
DSC09378

そしてこちらが3段トレイ。一番下の手前右、肌色四角の上に白い四角のものは。食べてみたらフォアグラに上は卵白メレンゲ、間にベリーのジャムだった。美味しすぎ。スコーンも大き目で、しつこすぎないクロデットクリームもおいしく至福の時。ポーションは少な目だけど、どれも手を抜かないで一つ一つが丁寧な味がした。結果としては大満足。
カメラロール-1427

ちなみに同じIFCモールにあったロブションのカフェはこちら。モールの真ん中という感じでカジュアルだけど、景色が無いのでやっぱりフォーシーズンズに行ってよかった。しかも混んでてうるさいし・・・。
カメラロール-1417

こちらもIFCモールにあったLe Goûter Bernardaud。フランスの陶磁器メーカーのBernardaudが出したカフェで、こちらもアフタヌーンティーをやっているよう。ただ人通りが激しくて落ち着くって感じではなかったが、カジュアルに楽しむにはよさそう。
カメラロール-1424

フォーシーズンズがつながっているIFCモールは地下に降りるとMRTと空港鉄道につながっているので、空港に行く最後の買い物にも便利。この点でもフォーシーズンズでのアフタヌーンティーでよかったと思う。
カメラロール-1425

降りると空港鉄道の駅。30分くらいで空港着。
カメラロール-1426

香港エクスプレスは第2ターミナル。LCC専用ターミナルだが、すごく立派。
DSC09381

LCCターミナルの為か、空港の中では電車のようなものに乗り、更にバスに乗り、ゲートに着くにはかなり遠い。そして、普段キャセイとか乗るターミナルと違って免税店はかなりしょぼい。建物綺麗なだけ。
DSC09383

大したものは売ってないな。
DSC09386

簡単な免税店。
DSC09387

19:05の定刻に対し、香港エクスプレスは1時間前ボーディング。やっぱり空港には2時間前くらいに行くのがよい感じがした。
カメラロール-1433

帰り便のシートはずいぶんチャイナな雰囲気。
カメラロール-1436

羽田に着いたのは12時少し前。品川駅までは京急があったので行けたが、その後は電車がなくなってしまったので、京急の中から品川駅のタイムズプラスを予約して残りは自分で運転して帰った。それだけがこのダイヤの問題点。

日数にするとたったの1泊2日だったのだが、ものすごく色々なことができた香港旅行だったと思う。週末香港も不可能ではないな、と実感した。また安いチケットが出たらふらっと行ってしまうかも。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加