マドリッド出張2 – Museo del Jamon@マヨール広場, サンミゲル市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




出張期間:2014/5/19-22

到着2日目、街に出る仕事があったので、UK在住の同僚とマドリッド中心部へ。マドリッドで一番有名なマヨール広場に迷いながらも到着。見覚えある風景。
DSC02046

そしてこの広場に面するところにマドリッド市内では何店舗かあるMuseo del Jamonがあったので(というかTripadvisorで調べていた)、ここでランチにする事にした。客の入りもいいので、多分大丈夫。
DSC02035

昼からイベリコ豚に蝦のアヒージョに、サングリアに、幸せすぎる。しかし、寒い・・・。シャツ1枚だと寒くてしょうがない、との同僚氏のコメント。
DSC02040

シャンピニオン(きのこ)のタパスも頼んでみた。ここはハム屋だからハムが入ってくる。でも、これはやっぱり本場の近くのMeson de Champinionの方が美味しい気がした。あいにくあそこ、昼はやってないんだけど・・・。
カメラロール-3094

大満足のランチを終え、店の方にハム売ってるんじゃないかと入ってみる。
DSC02041

すごいハムの品揃え。さすがハム屋が本職のレストランだけある。
DSC02044

お土産用に便利なスライスタイプも豊富な種類。
DSC02042

ソーセージも辛いのから色々。
DSC02043

ロースのハムもすごいし。スペインの食は本当に充実している。
DSC02045

食べ終わってもまだシエスタタイム。食事後にいこうとしていた仕事の店も、全て15時過ぎまでは閉まっているため、もう少しマヨール広場のあたりを2人でうろうろする事にした。すごい雰囲気のいいテラスの店。
DSC02047

ああ、やっぱり素敵だなぁ、ヨーロッパって感じの町並みだと思った。
DSC02033

色々調べてみると、マヨール広場のあたりでは近年できたこの現代風のサンミゲル市場が人気らしいとのこと。まだ時間があるので、行ってみる事にした。
DSC02030

入ってみると、大きな通路の両側にお店がぎっしり。
DSC02050

しかもタパスがとても安くて1ユーロから。
DSC02048

オリーブたくさんだし、
DSC02052

ん、これ何のピンチョス?と思ったら、
DSC02053

どうも魚らしい。どれも2-3ユーロでとてもリーズナブル。
DSC02054

ナッツのお店があったり、
DSC02055

コロッケ揚げ物屋さん。
DSC02057

スィーツショップとか。もう目移りしてしまう。
DSC02056

しかし、私達が目に入ったのは魚介類。特にUKからの同僚にとっては大興奮状態。UKは魚充実してないもんね・・・。
DSC02059

生の貝なんて!!
DSC02061

お魚屋さんの状態でディスプレイされていて、注文してから調理するのが美味しいポイント。
DSC02066

マテ貝を注文してみた。
DSC02069

シンプルにオイルと塩だけで焼いただけだけど、すごく美味しい。
カメラロール-3100

ほんとこの、サンミゲル市場、色々な意味で危ない。食べ物どれも食べたくなってしまう。
DSC02060

今度はウニ!UKでなんてウニなんて食べられない(涙)と涙で語る同僚氏。食べてみたらウニの味がちゃんとするグラタンだった。これも4ユーロならあり。DSC02063

モッツァレラチーズ専門店もあった。巻かれてる白いのが全部モッツァレラ。
DSC02065

ワインバーもあって、もう、仕事さえ無ければここにずっと居たかったくらい。
カメラロール-3103

サングリアもあって誘惑の宝庫だった。
DSC02072

こんな感じでバルスタイルで立ち食いのはしごができて、なるほど、人気の場所なのもうなずける。マドリッドに来たら絶対に来るべき。
カメラロール-3101

サンミゲル市場で興奮したあとは、一応本来の目的通り、仕事に行った。
DSC02074

5月のマドリッドって木が生い茂っていて緑溢れる美しい街だった。
DSC02112

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加