ミャンマー旅行のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日程:2014/3/21-23, 3日間

スクリーンショット 2014-12-14 12.29.51

スクリーンショット 2014-12-14 12.25.05

旅の流れ
羽田→バンコク : ANA
バンコク→マンダレー : エアアジア
マンダレー→ニャンウー : エアカンボーザ
ニャンウー→ヤンゴン : エアカンボーザ
ヤンゴン→成田 : ANA

3連休でミャンマー、しかもバガンにも行きたい、と編み出した経路は往復で深夜便をうまく使うこと。ヤンゴンにはANAの直行便が飛んでいるが、往路は夕方発の夜着なので、午後休みをとる以外は1日を無駄に過ごしてしまうので、探し出したのはバンコクまで深夜便を使い、エアアジアでマンダレーに入る経路。ヤンゴンは2度も立ち寄る必要がないと思っていたので、マンダレーにも行けるし、いい方法だったと思う。毎日が移動だったが、遅延が恐ろしいといわれているミャンマーの国内線もほぼ予定通りの運航だったし、ラッキーだった。

急速に発展しつつ国・ミャンマーではあるが、人はやさしく、今のよいところが壊されないうちに行っておいてほしい国だと思う。

旅行記
ミャンマー旅行手続き(国際線航空券、ミャンマー国内線、宿、旅程)
ミャンマービザのまとめ

<バンコク→マンダレー>
Day1: 羽田深夜便でバンコクへ。サイアムの屋台で朝ご飯
Day1:ドンムアン空港からエアアジアでマンダレーへ
Day1:マンダレー観光(エインドーヤー・パヤー、旧王宮、シュエナンドー僧院、アトゥマシー僧院、クドードォ・パヤー)
Day1: マンダレーヒルからのサンセット、Moustache Brothers

<バガン>
Day2: マンダレー→バガン移動、馬車でバガン・パゴダ巡り(ティーローミンロー寺院、アーナンダ寺院)
Day2:馬車でバガン・パゴダ巡り(タビニュ寺院、ダマヤンジー寺院、ブーレーディ・パゴダからのサンセット)
Day3:バガンのシュエサンドー・パゴダでのサンライズ、ヤンゴンへ

<ヤンゴン>
Day3:ヤンゴンのアウンサンマーケットでロンジー作成、スーレー・パゴダの占い屋さん
Day3:チャウタッジー・パゴダ、シュエダゴン・パゴダ、ヤンゴンより帰国

マンダレーの宿・79 Living Hotel / バガンの宿・Zfreeti Hotel

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加