Day1:会社帰りに小龍包!? 35時間弾丸台湾旅行の始まり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/4/18

金曜日、仕事を終え、19時ちょっと前の成田エクスプレスに飛び乗った。翌週PCを持って行く仕事のためやむなくPCを抱えての台湾旅行なのだが、PCを除くと荷物は機内持ち込みのロンシャンのBag1つで、まるで国内旅行のノリ。出発日の東京は雨が降っていて、まだ肌寒かったが、台湾の気温は30度近いとのことで、丈短めのカプリパンツを履いて成田へ。
20140418-180418-18

バニラエアは実はこの時が初めての搭乗。かつてエアアジアだったユニクロ横の扉から半分外に出るの部分のFカウンターへ向かう。
20140418-200422-19

バニラエアー色の係員がいるカウンターでチェックイン完了。
20140418-200435-20

回転寿しをラストオーダー10分で食べ、LCCなので普段のラウンジは使えないけれども、Dinarsで入れるカードラウンジでビールを飲み、すんなり手荷物クリアして搭乗。荷物も少なく、ほんと会社帰りに小籠包のノリだ。
20140418-200438-21

4時間ほどの飛行時間はほぼ寝て過ごして、気が付いたら台北についていた。定刻0:10到着だが、10分ほど早く着陸した。しかし、入国審査が長蛇の列で、イミグレに0:10に到着したのに、通過したのは0:45で30分以上かかった。ほとんどが大陸から、もしくは香港からの客だった。イミグレのカウンターが2つしか開いておらず、思わぬところで時間がかかってしまった。
20140419-010414-23

やっとイミグレを通り抜け台湾入国。外にでるともわっと蒸し暑い。バニラエアは日系の航空会社が到着する第2ターミナルではなくて、第1ターミナルに到着する。バスターミナルは地下にあり、ここから台北駅に向かう最終の1:30の国光のバスには乗りたいと思っていた。しかし、ここにきても長蛇の列。結局何とか1:00前には来れたのに、1:00のバスには満員で乗れず、1:30の国光の最終のバスに乗ることができた。130TWD。約440円。
20140419-020430-24

バスは日本人はほとんどおらず、バニラエアで着いた日本人客は多分タクシーで台北市内に向かったのだと思う。30分待つはめになるならば、早く寝たいのを優先させて、タクシーに乗ってもよかったかも。確か桃園から市内までは3000円ほど。もしくは今回台中に行くことを考えていたが、台北駅行きの隣のバス停は台中行で、桃園空港から直接台中にいくのもありかもしれない。

バスは台北駅に2:20ごろ到着。今回泊まる宿は西面駅近くのホステルなので、台北駅からタクシーに乗り、宿到着は3:00ちょっと前。思った以上に時間がかかったな・・・。しかしホステルは24時間openでスタッフが対応してくれて助かった。ミアンダーホステルタイペイ(Meander Hostel Taipei/台北漫步旅店)はまだかなり新しい台北のホステルで、ホームページで見たイメージのまま、きれい。
20140419-030439-26

チェックイン後、ホステルの女子部屋に通され、ベッドメイクして、翌日も早いので即寝。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加