Day2:台北の定番どころ(カンペールアウトレット、微熱山丘、京鼎小館、6星集足體養身會館)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日:2014/4/19

台中から台北には18時に到着。台北ではこれまでの台北訪問で行っていたところを中心に周ることにした。まずはカンペールのアウトレット屋さん。MRTの北方面にある芝山駅から歩いて15分ぐらいのところ。(2011年に行ったときに話はここに書いてある)
DSC00937

到着したのは18:40ごろで、営業時間は21時までなので、普通に営業しているだろう、と来てみたら、なんと、外出中の札!!この後も忙しいのに、そりゃないよー。どうも夜ご飯を食べに行っているらしい。
20140419-190457-105

靴見たいのになー。しかし店員おらず。
20140419-190411-106

帰ろうか、とも思ったが、なんか悔しいので道の向い側のドリンクスタンドで時間つぶし。金柑レモンジュースが蒸し暑い夜にはぴったり。
20140419-190449-107

30分くらいは待ったと思う。19:10頃にやっと人が帰ってきたようで、行ってみたら店がやっていた。最近円安なので前ほどはお得感がなくなったが、それでも日本で買うより3-4割は安いと思う。サンダルが欲しかったがめぼしいデザインがなかったので、ヘタレ気味のスニーカーの新しいのを購入した。
20140419-200446-108

カンペールの買い物で思わぬところで時間が取られてしまった。買い物終了19:40。さて、ここから20時閉店のパイナップルケーキ屋・Sunny hills 微熱山丘に行きたいのだ。単純にMRTまで歩いて15分、そこからMRTで20分はかかるので、公共交通機関で行くと間に合わない。

そこで、最後の手段は、もうタクシー!!時間をお金で買う。

そして奇跡的に19:55に店の前に到着。まだSunny Hillsはやっていた!
DSC00944

もう最悪自宅用のが買えればいいよ、と思っていたのだが、閉店間際でもこの無料のパイナップルケーキとお茶のサービスをしてくれた。うれしいなぁ。
20140419-200438-109

私以外にもまだのんびりしている人がたくさんいた。
DSC00939

松山空港近くのこのお店でしか買えない、微熱山丘のパイナップルケーキ。台湾のお菓子にしては1箱10個入り350NT$は高いのだけど、日本だと1箱600NT$相当らしい。日本はやっぱり高いな。買うなら台湾!パイナップルの餡がより果実味があって、とても好き。
DSC00940

箱と、それが入っている布のバッグがまた素敵。台北のいいお土産だと思う。
20140419-200444-110

無事に微熱山丘で買い物を終えたのが20時過ぎ。夜ご飯は21時までしかやっていない京鼎小館で小龍包と考えていた。微熱山丘と京鼎小館は近くて、歩いて10分くらいの距離。前にこのあたりに友達が住んでいて、両方ともその友達に連れてきてもらったお店。なので、この界隈を歩くのはすごく懐かしかった。
DSC00945

営業時間は夜は17時から21時まで。
20140419-210439-115

京鼎小館は中心部にある京鼎楼の支店なのだけれど、京鼎楼は前に行ってみたら日本人の観光客ばかりで、全然地元のような感じがしなかった。こちらの京鼎小館は台湾の人も結構いて、私はこっちのほうの雰囲気が好き。まずは鶏肉煮込みスープ180NT$、蟹粉小包280NT$。いつもは普通の小龍包を頼むんだが、奮発して蟹入りにしてみた。メイン料理は1人だとこれで十分。鶏のスープも日本の小龍包店だと出てこないから、ここぞとばかり味わう。小龍包は期待通りのおいしさ。
20140419-210428-112

そしてデザートは私的定番の芋泥小包。通常は10個なんだけれど、私が一人ということで店の人がハーフサイズ5個を提案してくれた。ありがたい。
20140419-210434-113

このタロイモの餡がおいしいのよ。餡子のように甘すぎることもなく、ほんのりとした甘さが癖になる。ディナーは全部で610NT$。2000円か。円安だなぁ。1人だと高くつくけど、それでもおいしいな。
20140419-210443-114

食べたところで終わり、ではなく、まだまだ台北ではやることがある。京鼎小館の近くのバス停からバスに乗って中山駅の手前で降りる。台湾シャンプーをやりたくて、21時過ぎに開いている店を物色。台湾シャンプーはたいてい19時までのところが多くて、繁華街のヘアサロンは閉まってしまっているのだけど、ネットの情報より、林森北路に来ればやっている店があるかも、ということで林森北路に来てみた。
DSC00954

バスの通りから林森北路を北上して歩いていると、あった、やっているヘアサロン。洗髪200NT$って書いてあるからやってるか聞いてみよう。店の名前は笛鈴美髪。
DSC00958

店覗くと早速シャンプーやっている女性がいた。どうぞー、ということで夜の台湾シャンプー。
DSC00960

台湾シャンプーって何かというと、椅子に座った状態でシャンプーを泡立て始めるシャンプーの仕方。どういうわけか、ちゃんとたれないシャンプー液を使って、うまい具合に泡立てていく。頭を洗ってくれるのも気持ちよいのだが、洗髪の前後に首や肩をマッサージしてくれ、更に頭もマッサージしてくれるので、シャンプーしながら肩から上のリラクゼーションとしてはおすすめなのだ。そして最後はこんな感じで髪を立てるのがお決まりw シャンプー台ですすいでから、トリートメントして、ちゃんと最後にブローもしてくれて、220NT$(750円くらい)。ああ、すっきり!
20140419-230446-123

シャンプー終了は22:30。台湾シャンプー終わったら、最後はマッサージじゃない?目指すマッサージ屋まで歩く。
DSC00961

着たのはここ、6星集足體養身會館 台北民權會館店。このマッサージ店も前、友達に教えてもらったお店。友達の家の近くのお店ではないけれど、調べていたらちょうどいいところに支店があったので願ったりかなったり。
DSC00966

ここは全館マッサージビル。入り口も豪華。豪華なだけではなくて、出してくれるスリッパも使い捨ての新しいものだし、清潔な店内なので、誰にでもおすすめできる。
DSC00968

メニューは足裏60分にした。まずは足湯から。
20140420-000410-127

足裏マッサージ、といっても、足湯の時に相当長く肩、腕、首、といった上半身のマッサージをしてくれるので、足裏マッサージを頼むだけで、体の結構な部分をもんでくれるので、実は足裏マッサージって結構お得だと思うのだ。日本はこのサービスやってくれないけれども(某大手のリフレクソロジーは上半身のオプションマッサージにお金取るくらいだし)、中国や台湾では普通のサービス。
DSC00970

そしてしっかり足湯で足をふやかした後は、しっかり足裏。1日たくさん歩いたからマッサージが気持ちよかったー。
20140420-000447-128

マッサージを終えた時間は1時頃で、さすがにバスも地下鉄も動いてなかったので、タクシーで西門のホステルまで帰宿。宿着は1時過ぎ。1日中、よく遊んだし、よく食べた(笑)。弾丸旅行に悔いなし。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加