中国出張1 – 上海での食事(スタバ新天地店・上海老飯店・南翔饅頭店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




出張期間:2014/6/23 – 25, 3日間

6月に行った上海と北京の出張の様子から。

6月はまず東京から上海に飛んだ。その時、上海の新天地に立ち寄る機会があった。ここは1920-30年代に建てられた煉瓦の集合住宅をリノベートしてヨーロピアンな雰囲気を出している上海でも有名なショッピングエリアらしい。その中にあるスタバでクイックランチを取った。新天地のスタバはレンガ造りで建物がかっこいい。
カメラロール-2063

レジカウンターの上のステンドグラスもきれい。
カメラロール-2065

2階は落ち着いた雰囲気。ソファも十分に置かれており、一息つくにはいい空間だと思う。
カメラロール-2067

日本にいるとランチ目的でスタバって行かないと思うが、中国の同僚たちはよくランチにスタバに行こう、という。日本に比べたら多少サンドイッチの類が充実しているような感じもするが、日本と同じ値段設定なので、中国の物価を考えると結構高級品のような気もする。クロワッサンのハムチーズサンドは結構おいしかった。
カメラロール-2066

夜は豫園の近くで上海料理を上海老飯店で食べた。
カメラロール-2077

中国らしく、広いレストラン。しかし行ったのが8時過ぎと時間が遅かったせいか空いていた。
カメラロール-2079

青島ビールで乾杯。
カメラロール-2078

ここのレストランは写真付きメニューで日本語まで書いていたので注文は楽ちん。まずキクラゲ。中国のキクラゲは歯ごたえがあっておいしい。
カメラロール-2080

蟹味噌入り豆腐。蟹はさすがに高いので、麻婆豆腐風で蟹を堪能。まったく辛くないけど。
カメラロール-2081

ガイラン炒め。メニューはもう少し緑の野菜だったのだが、かなり見た目が違う。味はおいしかったけれども。
カメラロール-2082

蟹の爪とセロリの炒め物。これも普通においしい。
カメラロール-2083

最後は福建チャーハン。上海はチャーハンがぱらぱらしていてこれもおいしい。北京はチャーハン下手なので(べたべたしたのが多い)、チャーハン食べるなら上海より南というのが私のイメージ。
カメラロール-2084

青島ビールプレミア。味は多少濃厚?
カメラロール-2085

上海は1泊のみで翌日のランチは再び豫園へ。昼はとにかく人が多い豫園。
カメラロール-2119

豫園といえば南翔饅頭店の本店。1階はテイクアウト、2階3階と上に上がるに食堂スタイルからレストランスタイルと、この建物は上に行けばいくほど、同じ食べ物を出すのに、食べ物の値段が変わる。もちろん、下のほうが行列も長いが、日本円にすると少しの違いなので、空いていそうな2階の奥のほうのレストランに入った。まずは巨大小龍包(大龍包?)のスープ。ストローが刺さっていて直接スープを飲む豪快な一品。
カメラロール-2120

あわてて飲むとやけどするけど中味は蟹味噌スープでおいしい。スープを飲み終わったら皮を食べる。
カメラロール-2121

レンコンのご飯づめ前菜。少し甘い。
カメラロール-2122
そして小龍包。ハズレ無しにおいしい。
カメラロール-2123

上海はめったに出張ではいかないのだが、上海料理も食べたし、南翔饅頭店も行けたし、食事としては満足。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加