中国出張2 – 豫園と黄浦江プロムナード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




出張期間:2014/6/23 – 25, 3日間

上海は観光地としてはあまり見るところはないと思うが、上海で最も有名であろう観光地がこの豫園。今回、豫園の近くのホテルだったので、このあたりで夜ご飯を食べた後、食後の散策に夜の豫園を歩いてみた。豫園の周りの建物は屋根のふちにライトが仕込まれており、夜は結構きれい。
カメラロール-2093

薬局が渋い。
カメラロール-2095

豫園の内部へ。
カメラロール-2099

結局豫園は歴史的な建物を使った今やお土産屋が連ねる観光地でしかないのだが、雰囲気はなかなかいいと思う。
カメラロール-2101

豫園といえばこの池。
カメラロール-2102

感度のいいカメラで撮影したので、空から水辺までばっちり。
カメラロール-2103

写真屋の前のハリボテがやけにリアル。
カメラロール-2105

豫園から15分ぐらい歩くと黄河の河口である黄浦江に出る。この辺一帯が上海タワーも見え、上海の都会さを感じる。
カメラロール-2109

この辺一帯、川沿いに遊歩道が整備されており、また周りの建物も洋風の建物で、中国というよりは東欧の雰囲気。
カメラロール-2110

向こうまで行こうかなとも思ったが、思った以上に距離があったので、この辺で散歩は切り上げ、ホテルに戻った。
カメラロール-2112

6月の上海の気候はちょうど東京のようで、同様に蒸し暑く、雨が多い梅雨のような気候。一方、同時期の北京はカラッとした空気で北京と上海ではかなり気候が異なる。しかし、水分が多いのは上海のためか、街路樹の緑が青々としているのは上海のような気がいつもする。
DSC02953

上海での宿は豫園近くのルネッサンス上海豫園ホテル。部屋入ると鏡張り。
カメラロール-2076

全体的に部屋も新しく、近代的で居心地が良かった。マリオット系なので、マリオットのカードを出したらウェルカムドリンクとインターネットが無料になった。
カメラロール-2073

水回りも清潔。
カメラロール-2074

バスタブも大きめ。
カメラロール-2075

上海は1泊した後、夕方に北京に飛行機で移動した。実は中国国内線に乗るのは初めての経験。虹橋空港も普段は国際線ばかりだが、初めて国内線ターミナルに行った。着いてびっくり、虹橋空港は国内線のほうが全然綺麗で、おんぼろの国際線ターミナルとは雲泥の差。
カメラロール-2127

セキュリティー後の店も国内線でありながら、国際線より店があるんじゃないか、と思うくらい。中国人同僚に聞いたら上海万博の時に新しくしたとのことだった。なるほど、他国からの訪問者より、自国の国民へのメンツをまずは保ったということか。カメラロール-2130

上海から北京は2時間15分のフライト。夕方ではあったが、飛行機に乗ると眠くなってしまうので、ぐっすり寝て、ほぼ覚えていない。東京から熊本くらいの距離で、そう考えると中国ってやっぱり広いんだな、と思う。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加