Day1:サンフランシスコ・トランジット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/4/26 – サンフランシスコ到着4/25

出発の日は蒲田で飲み会をこなしてから、22時過ぎに羽田に到着。夜の羽田便は便利だ。JALのラウンジは4月からダイヤモンドラウンジが工事中で、サクララウンジの一角がダイヤ、という分け方ではあるが、3月まで同じような状況だったANAとは違って、ダイヤの場所、といってもダイヤカードのチェックもないし、無法地帯状態でただただ、ごちゃっとしている雰囲気でいまいちだった。まずはロゼシャンパンでも飲むか。
カメラロール-2365

ただ、ラウンジ食事はJALのほうが充実しているのは認める。えび餃子とすき焼き。
カメラロール-2366

そしてお決まりのカレー。JALのカレーはおいしい。
カメラロール-2367

よく食べたので、よく寝て、もう少しでサンフランシスコ。
カメラロール-2370

着陸前の食事はクラムチャウダー。なかなかおいしかったが、これは何食扱いだろう?朝食、といっても現地到着夕方だしな・・・。
カメラロール-2369

サンフランシスコ到着は定刻17:25に対し、ランディングが17時過ぎで少し早く着いた。深夜便で西海岸に着くと、日付が1日戻るので、4/26の1時に出たはずが、4/25の夕方に舞い戻った。そしてここでイミグレ。考えてみたら、サンフランシスコでイミグレは相当久しぶりだった。相変わらず長蛇の列になるのだが、それでもロサンゼルスの空港よりはましで、ランディングから約1時間の18時過ぎにはイミグレ通過できた。

さて、今回の旅は乗り継ぎが多いこともあり、トランクは持たずに30LのバックパックとPCバッグの荷物を機内持ち込みしていた。サンフランシスコ市内に出るにはバックパックでもいけないことはないが、荷物を預けたほうが身軽なので、サンフランシスコ空港の手荷物預かりはないかと見つけたのがここ、Airport Travel Agency。出発階にあり、朝6時から夜11時まで営業している。ここにバックパックを預けた。30ドルかかるが身軽さには変えられない。
カメラロール-2374

こちらがAirport Travel Agencyの営業情報と料金表。

airport
ちなみに近くにはシャワールームもあった。日本だと有料シャワールームや手荷物預かりは空港にあって当たり前のサービスだが、海外の空港にはないことも多く、サンフランシスコ空港はなかなか使える印象だった。
airport2_ページ_1
さて、荷物を預けて空港からはBARTに乗って移動。BARTの券売機は少し変わった切符で、行き先から料金を確認して、往復ならその金額の倍をカードにチャージして、そのカードを改札に通す、という感じだった。しかもちょっきりの金額のボタンがなく、たとえば往復16.75ドルなら、20ドルのボタンを押して、ひたすら25セントづつ減算して、ちょうどになったらカードに入金、という感じ。住んでいる人であればまとまったお金を入れればいいと思うが、片道用の切符発券機がなく、すべてがこのシステムなので、単純往復しかしない旅行者にとっては最初はちょっとわかりづらかった。
カメラロール-2376

何とか切符も買ってBARTに乗ってサンフランシスコダウンタウンへ。西海岸では珍しくサンフランシスコは公共交通で移動しやすい街だと思う。サンフランシスコの町中に出るのは6年ぶりくらい?その昔、アメリカに住んでいる頃に1度遊びに来たかな。その時はDaly Cityまでしか路線が無くて、SFOまで通るようになって便利になったと思う。6ー7年前に来た時にはもうBartはSFOまで通ってたと思うが。。
カメラロール-2377

モンゴメリーストリートで下車。今回はカリブ海に行くのに夏の格好でいいや、と実は夏服しか持ってこなかったのだが、往復で往路はサンフランシスコ、復路はニューヨークでトランジットを過ごすというのをすっかり忘れていた。この日のサンフランシスコ13度で私半袖の上にカーディガン1枚・・・サンフランシスコ市民はコートとか着ているのにかなり浮いていた気がする。
DSC00002

駅前からミュニ、と呼ばれる市バスに乗る。30番のバスでウォーターフロントまで2ドル。バスは下りるときにこのようなトランスファーチケットをくれる。ルールは90分間であれば、このチケットを見せると乗り継ぎ扱いで無料で乗り継げるものなのだが、下の切れた時間まで有効ということ。本来は19:20に乗ったので、21:00までが90分ルールだが、この切り方は22:30。アメリカもずいぶん適当ね。
カメラロール-2380

バスに20分くらいのり、ウォーターフロントの近くで降りて、10分弱歩いてウォーターフロント到着。もう20時近いが空はまだ明るく、虹がでていた。
DSC00011

ここに来たのも相当久しぶり。さて、何か食べようかな。
カメラロール-2382

この後の長いフライトと機内食を考えるとうんざりするので、ちゃんとレストランで食べたかった。入ったのはScoma’sという店。港側のいい景色の席に通してもらった。この店はチョッピーノというイタリアンのシーフードシチューが有名で、実はちょっと食べたいと思ったのだが、隣の夫婦を頼んでいる皿を見ると巨大丼・・・・あれは二人でも食べることができなそうな量だった。こういう時、1人だと損するね。仕方ないので、プリフィクスメニューにした。これだと一人でもいろいろ食べられるので。。
カメラロール-2383

そしてワインはカリフォルニアのソノマのシャルドネ。あーおいしい。至福。スープはクラムチャウダーもあったのだが、機内食で食べたたのでロブスターのビスクにした。
カメラロール-2386

メインはエビが載ったパスタ。アメリカにしては珍しく硬さもちょうどよく、おいしいパスタだった。
カメラロール-2387

デザートはカップに入ったティラミスにした。そしてカプチーノ。おいしい食事だった。
カメラロール-2388

暗くもなったし、そろそろ空港に戻る時間なので、またBARTの駅に戻ることにした。来た時のようにバスに乗ってもよかったが、これも久々にケーブルカーに乗ってみることにした。バスは2ドルだが、ケーブルカーは6ドルで観光客価格。
DSC00032

多分乗るのは10年ぶりぐらい?
カメラロール-2389

革の吊革が渋い。大混雑だった。
カメラロール-2390

坂のアップダウンがいいよね~。サンフランシスコ素敵。
DSC00045

サンフランシスコにも大きなユニクロ発見。
DSC00047

そしてPowell Stの終点に到着。久々で楽しかった。
カメラロール-2391

BARTに乗って空港に戻る。BARTの空港行は20分に1本ぐらいだが、待ち時間短くすぐ来てラッキーだった。
カメラロール-2392

チェックインしてAmerican Airlineのラウンジ。ダイアモンド特典でドリンク1杯無料券をもらったのでBlue Moonのビールをいただいた。0:20発のダラス行はこのターミナル最後の便なので、人がほとんどいなかった。
カメラロール-2393

ターミナルもガラガラ。
カメラロール-2394

この度2度目の4/26未明の深夜便にのり、今度はダラスまで飛ぶ。サンフランシスコ→ダラスの機内はWifiが有料ながら飛んでいて、アメリカではWifiが使えるのは普通のような雰囲気だった。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加