2014/6月・初めての寿司大、鯛でいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




2014/6月。友達が再び築地に行き、加えて寿司大に朝行くというので、この日私も寿司大から参戦することにした。築地の場内にある寿司大のオープンは朝5時。始発で行ったところで間に合わないので、終電で行って築地のジョナサンで待ち合わせ、ということになった。たまたまブラジルから一時帰国中の友達も拉致し、築地ジョナサンでしばし待つ。

朝2時50分頃、まだ暗い時にジョナサンを出て、寿司大に到着。我々は2列目で前から5番目くらい。開店と同時に入れる第1ロットの順番を確保。場内はまだこれだけ暗い。
IMG_4454

歴史ある寿司大の看板。3時に並んで約2時間、友達と話をしながらだったので意外と待っている時間は短く感じた。1人で行くならスマホをいじるか、って感じかな。
IMG_4457

5時と同時に入店。板さん正面の席。きれいに切りそろえられた切り身が目の前に。どれもおいしそう。
IMG_4462

ネタの入ったガラスケースの上のオレンジの物は、これは岩塩だそう。寿司大の、塩で食べる寿司に添える用の塩だ。
IMG_4464

初めてなのでお任せコース4000円を注文。基本、味付けはすべて板さんがしてくれて、出されたものをそのまま食べるといいので、これはとてもいい。ネタはどれも新鮮でうなるほど。左上から白身はアイナメ、その下金目鯛、とろっとしたウニ、右上大トロ、そして赤貝。
IMG_4504

赤貝なんて、まだ動いていた。

引き続き握り。左上もアナゴだけれども、下の巻物もアナゴの白焼き。友達が頼んだアナゴの巻物を少し分けてもらった。ふわふわ。
IMG_4507
卵焼きにその下はなんだったかしら?→鰆(サワラ)でした。右上は漬けマグロに鯵。
IMG_4505
最後はメジマグロを頂いた。大ネタ!大満足の寿司大だった。寝ないで並んだ甲斐があった。ちなみに店を出たら店の前どころか歩道でさらに折り返しができていたので、あれは3時間以上待つくらい人が並んでいた。人気店恐るべし。
IMG_4488

寿司の後は場内へ。ターレーがこの日も勢いよく走っている。
IMG_4491

今回は自分も買い物する気できたので、家で食べる用の買い出しを。こちらはマグロの切り落とし詰め合わせ。1パック500円は安いよね~。1つ買って家でマグロ堪能。
IMG_4492

もっと中に入っていく。通路が狭いので1列で。
IMG_4495

買わなかったが、初夏だったのでウナギが売られていた。自分で焼く気力のある人はこういうところで買うといいらしい。私はウナギは店で食べる専門だな。
IMG_4496

友達おすすめのエビ。1キロ買った。
IMG_4497

小ぶりのタイ。3匹購入。箱に入っているけど1匹単位で買うことができるとは知らなかった。
IMG_4499

浅利も500gほど購入。
IMG_4500

家に帰って仮眠して、夜外出したら浅利は勢いよく家でも塩を吐いていた(笑)最初は全く動かなかったのは塩の量が少なかったらしい。なかなか生きのいい浅利だった。
IMG_4532

鯛はクックパッドで見様見真似で初めて内蔵の処理をした。口の中にタイノエが入ってなくてほっとする。魚の処理は一度やると覚えるんだな、とこれまでいかに料理をしてなかったか実感したが、今はインターネットでなんでも検索すればやり方が載っているので、それの通りにやれば何とかなるものだ。鯛は小さいくせに鱗は一丁前に多くて、下処理もエラまで取らなきゃならないんだな、と手を動かしながら勉強になった。

3匹の鯛の使い道は2匹はアクアパッツアへ。同じく買ってきた浅利とエビとパプリカ、玉ねぎで全部入れて白ワインで煮込むだけ。簡単なのにおいしい。
IMG_4534

もう一つの鯛は鯛めし。小ぶりの鯛でちょうど2人用の土鍋ぴったり。ご飯も土鍋で炊くと早いね。たまに行く料理屋さんで炊き込みごはんに生姜が入っているのがうまいアクセントだな、と思っていたので私も生姜を入れて実践。見た目寂しいので出来上がったら三つ葉を散らすと鮮やかになる。
IMG_4547

しかし、鯛は小さいくせに骨が結構かたくて、侮れない。
IMG_4548

築地には果物・八百屋コーナーもあって、買ってきたライチがぷりぷりだった。同じく買ったアメリカンチェリーもおいしかった。
IMG_4550

もともと料理は嫌いではないし、やろうと思えばするのだが、つい忙しいと外食に走りがちなので、築地買い出しがいいきっかけとなって自炊のレベルアップにつながりそうな気がする。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加