Day5:カリブ海に面したマヤ遺跡・トゥルム遺跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/4/29

セノーテでのダイビングを終えてからは、引き続きベリーズからの腹痛をまだひきづっていたので、薬局で薬を買ったりしていた。どれが腹痛に効く?と言って出してもらったが、箱の裏を見るとイブプロフェンで、それだと自分の持っている薬と変わらないではないか、とがっかりしたが、とりあえず飲んだ。やっぱりサンペドロのコンク貝にあたったのだろうか?

それから、rentalcars.comで予約したレンタカーを受け取りにavisのレンタカー屋に向かった。しかし、予約の紙を見せると、おや?という顔をされた。なんと、私が予約した日付を間違っていたことが発覚。予約を入れたのは日本を出る直前だったのだが、予約した日の翌日の日付になっていた。なんということ!借りようとしていた車はなく、あっても100ドル近くしてしまうし、困っていたら、avisの係りの人がわざわざ友達がHertzで働いているから、と電話してくれ、avisより10ドル安いからHertzに行きなよ、もう話は通してある、とHertzを紹介してくれた!なんて優しいの!

avisとHertzは歩いて行ける距離だったので、こんどはHertzの営業所に向かった。メキシコは本当は日本の国際免許の対象国には入っていないのだが、国際免許証と日本の免許証とクレジットカードで車は借りることができた。出てきたのはヒュンダイの小型車。ATが結構高かったので、MT車にした。こういう時、マニュアルも運転できるといろいろと便利。しかし、驚いたのは、なんとガソリンが真ん中あたりまでしか入っておらず、返すときどうすればいいの?と聞いたら、真ん中ぐらいにして返してね、と。そんな中途半端なガソリンの入れ方難しいって!!!!メキシコ適当だな。
カメラロール-2529

車に乗ってすぐにチチェンイッツァに向かってもよかったのだが、すぐ近くにこちらもマヤ文明のトゥルム遺跡があったので、せっかくなので立ち寄ることにした。パーキングが40ペソ(330円)取られた。駐車してからはしばらく海に向かって歩く。
DSC00140

そしてこちらが遺跡入口。59ペソ(490円)。
DSC00141

チケットを買い、遺跡内に入って道を歩いていると、ごそっごそっという音。何かと思ったらイグアナ!!野生の本物初めて見たわ。
DSC00143

さらに歩くと、カリブ海と遺跡。なんてきれいな海の色!
DSC00149

こんな感じで遺跡内は公園のように散策が可能なのだが、日差しをさえぎる物がほとんどなくてかなり暑かった。
DSC00150

それにしてもこんな海の近くにあるマヤ遺跡はここだけらしい。砂もきれいで、ビーチにも降りれるのだが、あいにくこの日は風が強くて波が高く、ビーチに降りるのは禁止されていた。
DSC00154

そしてこちらが大神殿のカスティージョ。こちらも普段は上に登れるのだけど、風が強くて禁止になっていたのは残念。
DSC00157

と歩いていたらまたイグアナ。普段は爬虫類は嫌いなのだが、イグアナがのしのし歩くのは見ていて面白い。
DSC00158

ほんとカリブ海の海の色ってきれいだなーと。この後セントマーチンにも行くけれども、カンクンの海は見ずじまいで空港に行く予定だったので、トゥルム遺跡でメキシコの海を見れたのはうれしい誤算だった。
DSC00159

カスティージョとカリブ海。
DSC00161

そしたらまたイグアナが2匹も登場。
カメラロール-2545

みんなして記念撮影タイムw イグアナも迷惑そうだw
カメラロール-2550

海のそばの神殿というのもかっこいいな。昔の人はこの綺麗な海を一番いい高い場所から見ていたのかもな。
DSC00170

白い砂浜で波が打ち付けると砂が海に交じって、海の色が白いグラデーションになるのが何とも綺麗な風景だった。
DSC00177

往路は駐車場から歩いて遺跡に向かったが、帰りはこのトロッコ風の乗り物に持って駐車場まで戻った。
DSC00181

ここでいくばかりか、USドルが足りないと思ったので、お土産やのあたりのATMでお金を引き下ろそうとしたが、下せなかった。ちなみにメキシコにはペソをおろせるATMとUSドルをおろせるATM、両方あり、私がおろそうとしたのは売店のすぐ近くのど真ん中にあるATMだったのだが、今考えると銀行のマークもついておらず、怪しかった・・・というのも、帰国してから数日後、クレジットカードがスキミングされ、ニューヨークで900ドルの買い物を連続してしている、という連絡がカード会社から来たのだった。その後のハバナでは友達も一緒にお金をおろして、友達は被害がなかったので、あとスキミングで考えられるとしたら、このトゥルム遺跡の銀行名の書いていない汎用のATMしかないな、と思う。その前にダイビング代を払うのにペソをおろしたのはHSBCの銀行の中のATMだったので、あちらは白だと思われる。メキシコは他の友達もスキミングにあっているので、怪しいATMには注意がより必要のようだ。

さて、トゥルム遺跡からこの日の宿のチチェンイッツァまではこんな感じで内陸に入る。道は非常にシンプルで、ナビがいらないくらい。夕方18時にトゥルム遺跡より出発した。
カメラロール-2564

ひたすらまっすぐな道を運転していたので楽だった、というか退屈?夕日がきれいだった。途中はセノーテの看板がたくさんあった。
カメラロール-2565

翌日のチチェンイッツァの観光に備え、遺跡に隣接するホテル・Villas Arqueologicas Chichen Itzaに到着は20時半頃。大体2時間半のドライブ。このあたりは食べに行くのもおっくうなので、ホテル内で夜ご飯にした。
DSC51262

まずは運転お疲れ様なので、ビール。SOLはコロナのような口当たり。
DSC51265

まずは前菜でワカモレ。アボガド大好き。そしてトルティーヤチップスの入れ物がソンブレロでかわいい。
DSC51266

もちろんチップスも自家製。
DSC51267

夜も遅いし、腹痛もまだあったのでソパ(スープ)のみ。具だくさんでディナーとしてはこれで十分だった。
DSC51269

ホテルのネットの調子も途中で悪くなり、翌日はマヤ文明のハイライトでもあるチチェンイッツァなので、あまり夜更かしをしないうちに寝ることにした。旅行に出たほうが毎日規則正しい生活のような気がする。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加