Day10:アンギラへタッチアンドゴー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/5/4

アンギラとはセントマーチンの北に横たわるイギリス領の島。ここに朝の時間を使ってSさんと二人で行くことにした。KLM B747の到着時刻は11:15。それまでに行って帰ってこれるらしい。
カメラロール-2771

7時40分頃にホテルからアンギラに行く船が出ているフレンチサイドのマリゴの港までタクシーで向かう。ソネスタからマリゴは片道20ドルなので友達とシェアして1人10ドル。

8時ちょっと前、15分ほどでマリゴ港のアンギラ行船着き場に到着。
DSC01156

とりあえずスケジュールのチェック、窓のところに貼ってある。ここで船のチケットも買う。片道15ドル。
カメラロール-2748

時刻表が窓に貼ってあった。我々は8:15のマルゴ発に乗り、9時アンギラ発の船でとんぼ返りの予定。マルゴとアンギラ間の所要時間は大体30分。アンギラ滞在時間は15分かな・・・。クレージーなのは十分承知。
カメラロール-2749

しばし出航まで時間があったので、港のあたりをうろうろ。
DSC01158

たくさんのヨット。みんなお金持ちばっかりのようだ。
DSC01159

ヨーロッパ各国の国旗。
DSC01160

街はひっそりとしていた、まだ朝早いからかな。
DSC01165

看板がフランス本土そのもの。ダッチサイドとは異なり、マルゴはフランスの雰囲気がプンプン漂っていた。
DSC01168

ナンバープレートもフランスだしね。
カメラロール-2751

さて、時間になったので出国。出国税は5ドルか3ユーロ。
DSC01171

出国税とボーディングパスをもらう。
カメラロール-2752

そして乗船。
DSC01172

船は結構小さい。漁船を大きくしたような船。
DSC01173

船は結構揺れる。船酔いに弱い人は結構きついかも。

30分後、アンギラ到着。こちらもいい天気。とりあえず入国印もらって入国。
カメラロール-2754

大した時間がないので港の周りで写真撮影。
DSC01176

アンギラの地図。有名なビーチは北の方。行くのであればタクシーチャーターかな。
DSC01177

アンギラのナンバープレートもかわいい。Rainbow Cityなんだそうだ。
DSC01179

もしアンギラで何日か滞在するならいろいろ手配の会社が船降りたところに控えている。
DSC01185

もう少し海を。白い砂浜でセントマーチに負けず劣らずアンギラも海がきれいそうだった。でも本当に美しいビーチはここではないのだけど。
DSC01180

本当に楽しむには、また来るよ、アンギラ。
DSC01183

8:30に船が着いて、イミグレを経て、8:40頃アンギラ入国。その後、15分ほど遊んで9時の船で帰るため、8:55頃出国!ええ、crazyです・・・。アンギラ出国税は8ドル。セントマーチンより高い。
DSC01186

再び領収書とボーディングパス。
カメラロール-2759

小っちゃい待合室だった。
DSC01188

帰りはこの船。9時発。
DSC01190

フレンチサイドのマルゴとアンギラを結ぶ、という意味で2つの国旗が掲げられていた。再び30分揺られ、9時半頃マリゴ港に到着。
DSC01196

ここまで来てもらったスタンプの記録。上はセントマーチン、下はアンギラ。
カメラロール-2766

ホテルに戻る途中、フレンチサイドとダッチサイドの境界に停まってもらった。よくここで写真撮っている人がいる。
DSC01199

再び橋を渡って、フレンチサイドからダッチサイドに帰還は9時45分ころ。2時間でタッチアンドゴーのアンギラの旅だった。タクシーは帰りも20ドルで、シェアして1人10ドル。
DSC01203

結局アンギラ往復にかかった費用は
タクシー往復40ドル(シェアしたから1人20ドル)
セントマーチン出国税5ドル
船往復30ドル
アンギラ出国税8ドル
合計83ドル(タクシーシェアした分1人63ドル)

物好きな人はやってみるとよいかも。

さて、朝から一仕事?終わったので、満を持してKLM B747を迎えるべく、ホテルに戻ったら朝ごはんを食べて鋭気を養った。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加