Day10:セントマーチン・フレンチサイド(マリゴ~グランカーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/5/4

マホビーチでの大興奮のB747お出迎えとお見送りを終え、それぞれの地に戻る者ともお別れをした後、更にセントマーチンに留まる友達とセントマーチンをドライブ開始。最初に大型船の寄港地になっているフィリップスブルフにランチでも食べに行こうと車を走らせた。丘から見えた青い海の湾に皆歓声があがる。これは綺麗だ。
DSC01608

フィリップスブルフのYS-11を使ったレストランにいこうとして、やっと探して着いたと思ったら定休日!残念。記念写真だけとって立ち去る。フィリップスブルフは日曜日は本当、店が全くやってなくて、昼を食べられる場所すら無く、結局ここからフレンチサイドに行ってしまおう、と言う事になった。
DSC01610

今回借りた車はrentalcars.comで24時間4500円ほどのもの。ヒュンダイかなんかの韓国車の緑色の車だった。日本ではなかなか無い色ですな。目立って探すのには便利だったけれども。
DSC01611

結局また空港の前を通り過ぎ、朝に来たフレンチサイドの船着き場のマリゴに到着。ここなら店が開いていそうだ。
DSC01613

庶民的なこちらの店に入店。
DSC01617

アボガドディップうまーい。
カメラロール-2780

ランチは久々にカレーが食べたくなって蝦のカレーにした。ソネスタのご飯よりおいしいくて満足。シーフードの味付けも○。
カメラロール-2781

友達の頼んでいたノンアルコール・ピナコラーダのシェークが美味しそうで私も頼んでしまった。ボリュームあって満足。
カメラロール-2783

食べ終わったらフレンチサイドの観光。丘の上に見えるフォートに車で向かった。
DSC01620

フォートの入口が民家の裏道みたいなところだったので、入口がわからなく少し迷ったが、フォート・ルイスの城壁下に到着。車があるとらくちん。駐車場からは階段で登る。
DSC01621

上に登るとマリゴの湾が目に飛び込んでくる。湾の形がきれい。
DSC01624

丘の上の城壁は結構残っている。上にはフランス国旗。
DSC01627

ちょうどフォートにいるときにエールフランスが飛び立った。
DSC01631

カメラを慌てて構えてなんとかとらえた。
DSC01632

大砲なんかも残されている。
DSC01635

アンギラに行く船乗り場と先ほどランチを食べていたあたり。フォートルイスはちょうど食べ終わって食後のいい運動にもなった。
DSC01639

さて、フレンチサイドの宿に移動しようと、途中でスーパーによったら品揃えがフランスそのもので驚き。ここ、カリブ海のタダの島なのに、フランス人が入植するとまずワインの品揃えがむちゃくちゃよいことがよくわかった。
カメラロール-2798

しかもフレッシュチーズもフランス本土並みにそろっている。これ全部フランスから空輸なんだろうか。モンドールとかエポワスとかサンマルセランまで売っていたので感動した。他にもフランスによくある太いサラミのソーセージや、他のフランス食材も充実していて、カリブ海にいながらフランス食材の買い物ができてうれしい誤算だった。夜の宴会用にワインとチーズを仕入れて買い物終わり。
カメラロール-2795

マリゴから本日の宿のグランカーズは10分ぐらいのドライブ。メイン道路から1本はずれた道の両側に小さいブティックホテルとレストランが並ぶおしゃれなエリアだった。左側の宿の目の前はもうビーチ。
DSC01645

そして我々の宿Love Hotel(こういう名前の宿なのだ)にチェックインして、夕暮れ前にビーチに飛び込む!いやー、なんていうか、フランス人がバカンスしそうな土地のイメージそのものエリアだった。
DSC51699

沖には豪華そうな船が停泊していたりして、とても絵になる。DSC51704

グランカーズは西側なので、サンセットの景色がすばらしかった。そしてこの景色を見ながら、海に仰向けにプカプカ浮かんでいるのがまた快適で。
DSC01651

サンセットを見た後、夜の腹ごしらえへ。グランカーズをうろうろと散策。見渡す限り多くのフレンチレストランがあって迷う。
DSC01718

こちらのBistrot Caraibesに入る事にした。
DSC01723

入口にロブスターの生け簀があるのが目印。にしても高そうだ。
DSC51724

前菜
DSC51725

メインはラムにした。本土フランスなみのクオリティ。でも値段も本土並み。美味しかったから許すけど。
DSC01726

そして夜の我々のホテル。ライトが怪しいっての。
DSC51732

グランカーズのあたりはマホビーチとはまた全然雰囲気が違うので、これは来てよかった、と思える場所だった。セントマーチンもダッチサイドとフレンチサイド、両方楽しむと島のよさがよりわかるような気がした。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加