Day2:カンジャンケジャン、ソウルでレーザーシミ取りとその効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日:2014/5/18

カンジャンケジャンの安い店がエオゲ駅にあるということで来てみた。この方のブログ参考。
DSC01922

2つの地下鉄出口の間の道を上っていくのだが、工事中っぽくて本当にあっているか不安になりながら上る。
DSC01925

左側はずっと工事の壁。
DSC01926

しかし、店はあった。ワンカルビという店だけど、看板はワソカルビ。しかし、日曜日は定休日だった!
DSC01927

ここは市内だと3万ウォンぐらいするカンジャンケジャンを15,000ウォンで食べられるから気になっていたんだけど、日曜日以外に来ないとダメだということがわかった。反省。
DSC01928

カンジャンケジャンを食べたいモードだったのでその次の用事のことも考え、明洞に来てしまった。ビルの2階の明洞ヘムルタン&カンジャンケジャン
カメラロール-2997

初心貫徹でカンジャンケジャン定食25,000ウォン。おかずこんなにいらないんだけどね・・・・。プサンのようにカンジャンケジャンだけ1000円ぐらいで食べれる店だといいのに、観光客向けの店はおかずが大量について来て食べきれない。
カメラロール-3001

蟹はおいしかったけど、時間もあまりなくて急いで食べてしまった。
カメラロール-3000

今回の旅行の最後は実は皮膚科。そばかすをレーザーで除去しようと明洞駅近くのアルムダウンナラ店に14時に予約を入れていたのだ。ソウルの皮膚科は日曜日にやっているところが少なくて、数少ない日曜診療の店がここだった。Caffe beneのビルの5階が病院。入り口はコーヒー屋と一緒。
カメラロール-3016

エレベーターで5階へ。
カメラロール-3014

病院の受付。病院というよりはホテルのようなフロント。なんていうか病院という感じがあまりしない病院だった。やっぱり明洞にあるし、スタッフがやたら多いし、お金かかってそう。
カメラロール-3008

しばらくすると名前を呼ばれ医師の診断になる。ちなみに医師は韓国語しか話せないので、日本語を話せるコーディネーターが一緒に診察室に入ってくる。今となっての反省点だが、治療方針とそれにかかるお金は行く前にもっときちんと詰めればよかったというのがある。つまりのところ、思っていた以上にお金がかかったのだ。

私の場合、そばかすがほほだけでなく、顔の全体にあるということで、想像していた以上に広範囲の治療になるため、面で照射するIPLレーザーと濃いそばかすに効く色素レーザーの2種類を使わなければならないということだった。そして一旦医師のいる診察室を出て、また別の部屋にコーディネーターとお話しで、治療金額の提示とつまり治療をするのかしないのかの決断を迫られる。正直、3万円くらいで済むと思っていたのだが、8人くらい諭吉が逃亡する治療金額で、さて、どうしようか、と迷ったのだが、結局やってしまった(爆)治療費以外には再生クリーム30000ウォンくらいと美白の基礎化粧品セット(確か10万ウォンくらい)を進められるのだが、美白の方は断って、再生クリームだけ買うことにした。
カメラロール-3009

治療すると決まると、最初はIPLレーザーの部屋に通され、まず最初に麻酔クリームを顔全体に塗られ、30分ぐらい放置される。クリームを塗るだけで顔表面が麻酔される代物である。クリームの浸透を促すのにクリームを塗ったうえにサランラップで保護され、しばらく寝ながら待つ。そして時間になると目を光から保護する目隠しをされ、最初はIPLレーザーの照射を医師が始める。これはすごい明るい光が感覚的には3cm x 5cm位の広さで顔全体に照射する。髪の毛の焼けるような臭いがするが、これはそんなに痛くはなく、ばちっ、ばちっ、という音のほうがうるさかった。

IPLレーザーが終わると今度は隣の部屋に移動させられ、次は色素レーザーの照射になる。こちらは点で効いてくるので圧倒的に痛い。いたたた、いたたた、という感じで耐える。そして終了。2種類のレーザーの治療が終わると、顔全体に傷をいやすための冷たいパックを30分ぐらいさせられ、ベッドに横になりながら待つ。感覚的には治療時間よりも麻酔の時間とこの鎮静の時間が長い、という感じがした。しかも、どんどんと麻酔が覚めてきて、顔表面が痛くて痛くてしょうがない。あと数時間で飛行機乗るんだけど、本当にこの痛みで帰れるんだろうか?と不安になるくらい痛い。

30分から40分、ベッドにパックのまま寝てて、はい、治療終了ですよ、ということでお会計。終わった後の顔を見ると赤くなっていて、すっぴんのまま歩くとやばい人のように見える。たまたま帽子を持って行っていたので、それをかぶると顔上半分は陰になって隠れ、下半分は病院でマスクをもらって隠した。完全に怪しい人の形相。もしレーザーやるならマスクは持参したほうがいいかも。

そこから空港に向かう。顔は痛いし、怪しい風貌だし、あまり人に見られないように。でも、ここ別にソウルだから知り合いいるわけでもないし、途中からは、どうでもいいや、って感じになった。マスクはさすがに出国審査では外さないといけないのだが、出国審査官はぎょっとしたようだが、韓国だと整形で帰るなんてよくある話だろう、と勝手に拡大解釈してどうどうと通過(笑) バニラエアの乗り場はとても遠くて、モノレールにのって、さらに一番奥なので10分くらいは歩いた。ゲート前でCさんと再会し、ぎょっとした顔をされるが、やっちゃったんだよねー、ということを話しながら搭乗を待つ。ご親切にお水とキンパをいただき、機内で夜ご飯として頂いた。
カメラロール-3019

成田に到着してコインロッカーにいれていたトランクを出して、成田のホテルにチェックイン。
カメラロール-3022

成田ではAPAホテルに宿泊。駅前なのと、翌朝空港までの送迎バスがあるのでここにした。
カメラロール-3023

ベッドの部屋は寝るだけなので狭くてもいい。清潔感はある。
DSC01931

今回の韓国の買い物は日焼け防止のSPF50のスムのお粉。
カメラロール-3026

色は少しベージュっぽく、リキッドファンデーションの押さえにいいかなと思って買った。
カメラロール-3027

あとはスムのホワイト アワード バブルディマスク
カメラロール-3025

こんなクリームを顔に塗ると泡になって、美白とディープクレンジング効果あり。
カメラロール-3032

さて、ここからは顔写真をバンバン載せていくので、興味があれば続きを読んでみてください。

さて、こちらがスムの泡マスク。こんなにもこもこになります。
IMG_3639[1]

さて、ここからはレーザーシミ取りの効果について検証。こちらが施術前の5/18の昼段階。もともとそばかすが子供のころからあって化粧でも隠せないし、どうしようもないな、と思っていたところ。ほほが多いですが、顔全体にそばかすがあった。
IMG_3616[1]

そしてこちらが2種類のレーザーを終え、クールダウンした後の病院を出る直前。顔が赤くてやばい。そばかすもだんだん濃くなっている段階。そして顔中が痛い。幸い痛みは仁川空港に行く途中で何とかおさまったので、施術後1時間ぐらい耐えると何とかなる。
IMG_3618[1]

5/18の夜ホテルで。そばかすがどんどん濃くなっている。これに耐えられなければレーザーはやめたほうがいい。化粧でも隠し切れない。ちなみに私は翌日から海外出張で、普段会う会社の人とは会わないのでかえってよかったが、海外の同僚は変な目で私を見ていたかも。
IMG_3636[1]

下のピンクは治療費に含まれる再生クリーム。たったこれだけなので、オプションで3000円くらいの上の再生クリームを買った。傷の治りと新陳代謝をよくする効果があるので、気が付いたらぬりぬり顔に塗っていた。
IMG_3761[1]

5/20、施術から2日後の様子。そばかすが完全に浮かび上がってくる。
IMG_3699[1]

5/21、施術後3日後。自然にかなりそばかすが取れてきた。赤くなってる部分は皮膚がとれた場所なので、再生クリームをぬりぬりして鎮静を待つ。
IMG_3745[1]

5/22、施術後4日後、かなりそばかすが取れた。
IMG_3754[1]

5/25、施術7日後。完全に真っ白というわけではなく、引っ込んでいたシミも表面に出ているような気もするが、もともとあったほほの上のそばかすは完全に消えたと思っていいと思う。
IMG_3789[1]

逆側も同じような感じ。
IMG_3791[1]

左ほほ。上段:5/18施術前→5/18施術後→1日後(5/19)→2日後(5/20)。
下段:3日後(5/21)→4日後(5/22)→5日後(5/23)→6日後(5/24)。
IMG_3762[1]

瞼のあたり。上段:5/18施術前→5/18施術後→1日後(5/19)→2日後(5/20)。
下段:3日後(5/21)→4日後(5/22)→5日後(5/23)→6日後(5/24)。
IMG_3763[1]

右ほほ。上段:5/18施術前→5/18施術後→1日後(5/19)→2日後(5/20)。
下段:3日後(5/21)→4日後(5/22)→5日後(5/23)→6日後(5/24)
IMG_3764[1]
こうやって同じ部位を並べてみると1日づつの変化がわかると思うが、するっとそばかすは1週間かけて取れたということでやった効果はあった。ただ、施術したアルムダウンナラは高いのでもっと安くできる病院は探せばあると思う。ちなみにその後は、もともとあったそばかすが復活するということはないが、日焼け止めをしていても、完璧に日焼け止めをしていなかったのもあり、ちょっとばかし取れたところ以外のシミが浮かび上がっているような気がする。

レーザーシミ取りをまとめると、やったあと、一時的にシミがものすごく濃くなるので、それに耐えられるかどうかだと思う。私の場合は施術後、4日後ぐらいにぼろっとシミが取れ始めたので、見られたくない人は施術後3日間ぐらい会社や学校をお休みするのがいいのかもしれない。痛みはまだ耐えられると思ったが、施術後即帰国は無謀だったかもしれないので、痛みに悶絶することを考えて翌日帰国がベターだったかもしれない。

一つ、レーザーをやってシミが取れた以外によかったことは顔の産毛もするりと取れたことである。ただ、1か月半ぐらいすると生えてくるが、シミ取りのレーザーは顔の産毛の脱毛にも有効なようだった。

今回は体を張った投稿だったが、自分が調べてる時に、結局どれくらいシミが濃くなって、どうやって取れるのか、まとめているサイトがあまり無かったので、参考までにお役に建てれば良いと思う。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加