バンコク行き航空券からブータン行の決意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




2013年の11月に翌年のカレンダーを見ながら、3連休をうまく活用できるのはいつなのか、翌年の予定を立てていた。出張に邪魔されずに安定して休める3連休のうち7月の海の日3連休、ここは休んでどこか行きたいというのがあったので、JALの特典でバンコク往復深夜便を押さえることにした。バンコクの特典航空券は人気なので、7か月先の特典も空席待ちからのスタートだった。復路は成田着の朝便、往路は羽田便の空席待ちを入れていたら、往路の羽田便の特典が1月になって落ちてきた。ラッキー。

その後復路の成田深夜便が運休になってしまい、振替措置で羽田便の特典になり、こちらもラッキーということで、以下のバンコク往復特典を確保した。
JUL 19 HND 00:40 – BKK 05:00 @JL33
JUL 21 BKK 22:00 – HND 06:10 @JL34
諸税 27,890円

サーチャージ&税金だけで3万近くするのは高いが、3連休のバンコク便はインフレ傾向で10万近くするので、これくらいで出費を抑えられたのは助かった。

さて、バンコクからどこに行くか、バンコクで沈没するのか。どうせならほかの国に行きたいと思っていたので、ブータンはいけないかな、と考えてみた。ブータンはバンコクからパロ線を飛ばしているので、バンコクまで特典で取れるのなら総旅行費も節約できるだろう、という考えだった。往復でバンコク線が取れた1月以降、ブータン行をずっと考えてはいた、、が、直前、6月ごろになって、実はブータンは7月は雨季なのではないか、と気が付く。調べてみると「 6~8月頃が雨季で、9~5月頃が乾季」とのこと。あいやー、7月は雨季ど真ん中だ。

土砂降りのブータンに行くのはどうなのか?しかし、これを逃したらブータンにいつ行くんだ?2つの意見の狭間で迷った。そして結局出した結論は、「雨が降ったとしても、いい国だと思ったら、また行けばいい」。まずは、雨季でも行ってみよう、もしかしたら晴れるかもしれないし、、という望みにかけて7月海の日連休のブータン行を決めたのだった。

ちなみに、雨季には一ついいことがあって、ブータンの公定料金が安くなるのだ。1泊あたりの料金は以下。

3月~5月
9月~11月
1人 : 290ドル
2人 : 280ドル(宿泊時は2人部屋使用)
3人 : 250ドル(宿泊時は2人部屋使用)
1月~2月
6月~8月
12月
1人 : 240ドル
2人 : 230ドル(宿泊時は2人部屋使用)
3人 : 200ドル(宿泊時は2人部屋使用)

今回は現地2日滞在なのでこの2倍の料金が必要。1人でオンシーズンの旅行は高くつくので、少しでも安い時期に行きたい、と考えると雨季に1度いって考えるか、というスタンスだった。

さて、行くと決めたからには旅行手配。ブータンは公定料金に基づき、旅行会社に旅程を組んでもらわないといけない。日本の旅行会社は高そうなので、ブータンの旅行会社を次は探すことになる。その話はまた続きで。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加