Day2:伊右衛門サロンでの朝食、苔寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/9/7

朝食はこちらの伊右衛門サロン。8時から開店だが、開店前に結構待っている人がいた。我々も予約していたが、その中でも1番目に呼ばれ、一番最初に入店できた。
DSC03760

ここは、ペットボトル茶で有名な伊右衛門が経営するカフェラウンジ。京都にこんなところがあったんだ、へー、と。
DSC03761

我々のテーブルは中庭の庭園に面した窓側。素敵!
DSC03765

朝食はセット、お茶漬け、卵かけ御飯、サンドイッチとあるのだが、3人とも一番上のかまどで炊いたご飯に魚と小鉢が付くイエモンの朝ご飯950円を注文。私は更に薩摩赤玉の卵セットを200円足して追加。
DSC03766

伊右衛門サロンの店内。落ち着いた空間。
DSC03767

奥の方のテーブル席。程なく席は満席になった。
DSC03772

こちらが米を炊くかまど。お釜で炊くご飯に期待!
DSC03773

茶釜だね。
DSC03779

出てくるお茶も、心もち高級感?普通の伊右衛門よりは美味しい気がしたけど。
DSC03768

こちらは友達が頼んだ湯葉と抹茶醤油の単品。少し頂いたが美味しかった。
DSC03780

そして朝食セットが来た!健康的な朝食って感じ。
DSC03783

そしてこちらが薩摩赤玉の卵。
DSC03787

卵かけ御飯行っちゃいますよ。お米も釜で炊いたご飯で粒が立っていてとても美味しい。
DSC03789

海苔と一緒に卵かけ御飯。ちなみに卵かけ御飯をやるとご飯がスルスル消費してしまうので、ここは大盛り無料してもらった方がお勧め。おかわりはお金を取られるが、大盛りは無料なので。意外と食べられてしまう量だった。
IMG_5751

京都に来るならば和を期待するだろうし、そういう気持ちのときには和食を食べたいもの。ホテルに朝食が付いていれば別だが、朝食を付けなくても伊右衛門サロンにくればおいしい和食が1000円ちょっとで食べられるので、いい選択肢だと思った。大人気店なので予約は必須。

3人で伊右衛門サロンの朝食を食べた後、友達と2人で苔寺へ。苔寺はちょっと不便な場所にあり、バスが最寄なのだが、乗り継ぐ時間を考えると、近鉄電車で上桂で降りて歩いた方が行きは早かった。
IMG_5760

思いっきり民家なんだけど、あってるのか?でも地図はこっちっていうしな。
DSC03795

竹林の中を通って向かう。
DSC03797

早くも紅葉がはじまっており綺麗。
DSC03800

何となく苔が増えて来たような。。。もう少し。
DSC03802

そして到着、苔寺こと西芳寺。ここで予約の証明であるハガキを出して入場する。
DSC03807

西芳寺の門
DSC03809

敷地内は木が生い茂っており、風情がある。
DSC03811

こちらが本堂。本堂で受付をしており、拝観料3000円を払う。高いけど、仕方が無い、苔のためだ。。。
DSC03813

お金を払うとお札と般若心経のセットを頂き、本堂内の筆と卓のある席に着席する。入ると軽く100人以上の人が既にいた。本堂内は撮影禁止。
DSC03816

ところで、てっきりこの般若心境を写経するものだと思って来たのだが、この時は般若心境を読経するに留まり、写経はしなかった。お坊さんが3人出て来て、般若心経を3人のお坊さんと一緒にで木魚と鐘にあわせて3回繰り返し唱えた。
IMG_5761

その後、こちらの現代語の座禅和讃を再び3回繰り返しで唱えた。お経の後、一緒にもらった竹のお札に願いと住所名前を書いて、書いた人から本堂の真ん中に置いて奉納。終わった人から庭園にでて苔散策という流れだった。
IMG_5762

西芳寺の庭園は結構大きくて、こんな地図がもらえた。
IMG_5763

立派な竹林。これから苔鑑賞!それにしても前の日は大雨だったのに、苔寺では晴天で私達ついてる!
DSC03818

そして苔。苔は西芳寺には120種類ほどあるらしい。
DSC03820

ここからはひたすら苔の様子を。
DSC03825

結構質感も違うんですよね。
DSC03823

近くで見るとまとまりが無いように見えても、
DSC03828

遠目でみるとベルベットが敷き詰められたよう。
DSC03829

隙間無く、禿げることなく生きているのは見事。
DSC03831

木にも苔が生えている。
DSC03832

内部には池もある。
DSC03835

このもこもこが見事。
IMG_5765

太陽の当たる様子でも印象が変わるし、木の様子でも印象が変わるし、苔は奥深いな。
DSC03841

あと、特筆すべきはゴミも転がっていないのに加え、落ち葉すら落ちてないこと。これは維持を管理している職員さん達がこまめに落ち葉はきをしているためだと思われる。維持する労力は相当のものだと想像。
DSC03847

種類の違う苔が木の根元に。もこもこ系。
DSC03848

本当に、絨毯を敷き詰められたように苔が地面を覆いかぶしており、これが自然の産物だとは信じられない。
DSC03851

敷地内に茶室もある。
DSC03852

これだけの広大な土地も苔一面。見事としか言いようが無い。
DSC03859

斜面でもうまく生えてます。
IMG_5769

池の周りも苔だらけ。
DSC03862

島?も苔。
DSC03866

木の根元もすっかり苔に盛られてる。
DSC03868

西芳寺庭園はまだ紅葉が進んでなかったので、木も緑、苔も緑の景色だったが、紅葉が進むと紅葉の赤と苔の緑のコントラストが素敵だろうな。
DSC03872

これもまた変わった苔の種類のようだ。
DSC03875

もうね、どこ見ても苔なんですよ。
DSC03877

一面苔。これを維持しているから3000円の拝観料も仕方が無いのかな。世界遺産になるのも納得。
IMG_5772

苔寺は圧巻。素晴らしかった。力一杯散策したので、バスの時間までお茶屋で休憩。
DSC03799

散々緑を満喫して、ここでも緑色の抹茶かき氷を食べた。
IMG_5773

苔寺の予約申し込みは面倒ではあるけれど、一度は見た方がいいと思える場所だった。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加