Day2:化野念仏寺、嵐山、大阪アメリカ村でたこ焼き巡り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/9/7

苔寺からはバス移動だったので一日乗車カードをバス内で購入。結構広い範囲を市バスと京都バスの両方に乗れるので、特にバス移動が多い地域では便利。
IMG_5774

さて、苔寺のあとに我々はどこに向かったかと言うと嵐山を越えて、化野念仏寺というところ。化野はあだしの、と読む。旅友達がFacebookで、ここは何ともいえぬ霊を感じたという事で、怖いもの見たさで来てみた。歴史をひもとくと、この辺りは風葬をやっていたエリアで、つまり、無縁仏様が沢山いるということだ。化野の意味は、生が化して死となり、あの世にいく場所、という意味が込められてるとのこと。

バスが停まったのは山の中。降りる人は私達のみ。あだしの、と書いた看板の奥、道の左側から道の下に降りて、ぐるっと道をくぐって右側に寺がある。
DSC03887

寺に登る階段。霊、私あまり感じないのでのんきに向かう。
DSC03888

こちらが化野念仏寺の解説。
DSC03890

入ってみると仏像沢山。
DSC03891

苔も意外と綺麗。
DSC03893

謎のオブジェ。これはあまり古いものではないらしい。
DSC03894

そしてこちらが賽の河原を模して作られた西院の河原と呼ばれる無縁仏の安置場。
DSC03896

もしかして、何か見えておりましたら、すみません・・・。なかなか圧巻。
DSC03900

あと敷地内には水子の神社があり、そちらにはおもちゃなどがお供えされているのだが、お子さんを亡くされた人がお祈りしているため撮影禁止。ここはポジティブなことをお祈りするというよりは、死者を偲ぶ場所という雰囲気が全面に出ていた。

また、敷地内には立派な竹林があった。
DSC03901

この竹林の通路は結構いい絵になる。
DSC03905

突き進むと六面地蔵がある。この地蔵の周りを時計回りに周ると何かいい事があるらしい。
DSC03908

お地蔵の解説。
DSC03909

ここが一番の見所なので、もう一度見る。しかしバスの便が良くないので、到着後15分後の折り返しバスに飛び乗った。
DSC03914

そして嵐山で下車し、昼食とする事にした。穏やかな川だこと。
DSC03916

実は嵐山も京都では初めての訪問。しかし人が多いね。
DSC03938

よしむら、という川の側の蕎麦屋に向かった。少々待ったが割とすぐに入る事が出来てよかった。
DSC03929

2階の席からは川が見えて見晴らしもよい。我々の席は窓側ではなかったけれど、それでもいい景色は堪能できた。
DSC03922

看板メニューの石臼挽き十割そばを頂く。蕎麦はうまいね。
DSC03923

そば湯もとろーり系。
DSC03926

まぁ、嵐山といっても観光客ばっかりでお土産やばかりなので、しばし景色を堪能して、バスで京都駅に向かった。
DSC03927

今度は紅葉のときに来たいな。
DSC03933

バスで京都駅に行く途中、偶然にも別行動していたもう一人の友達がバスに乗って来て、すごい偶然!乗ったバス適当だったのに。友達は大阪在住の別の友達Kさんと行動していたのだが、Kさんとはこれまでツイッターでの間接的な絡みでしかなかったので、偶然にもバスの中で初めてお会いできて、よい出会いだった。

バスが京都駅について、私は荷物をホテルに預けていたのでホテルに取りに行き、友達はそれぞれ各自の飛行機の時間があるので、ここから再び個人行動。京都駅の大丸に入っている阿闍梨餅がお土産として必須と聞いていたので初めて買ってみる。人気のお菓子のようで、デパ地下なのに行列!しかし手際が良いので5分くらいで買う事が出来た。早速食べてみたが、皮がもちもちしてて、それでいて中の餡が甘すぎず、ぺろりと食べてしまった。これはもう1個、もう1個とつい手を伸ばしたくなる味だ。京都に行ったら八つ橋ではなくて、是非阿闍梨餅を!!
IMG_5776

京都をもう少し観光してもよかったが、友達が大阪にたこ焼きを食べに行く、というのを聞き、私も後から追いかける。JRとメトロを乗り継ぎ心斎橋着。
IMG_5778

京都とはうってかわって賑やかなアメリカ村。
DSC03943

まずは甲賀流。
DSC03946

ふわっととろっとしてる。大阪のたこ焼きは柔らかい〜。
IMG_5779

たまごせん、という物が大阪で流行っているようだった。へー。
IMG_5780

さて2軒目。先ほど京都のバスであった大阪在住Kさんお勧めのお店という事で早速行ってみた。たこ焼き屋というよりは居酒屋。
DSC03948

たこ焼きだけ頼むと変な感じがしたので、チューハイとたこ焼きを頼んだ。ここのは出汁で食べるたこ焼き。更にふわふわしており、外側の皮に味がついており、出汁を付けてとろっと頂いた。東京にはこういうふわふわしたたこ焼きが無いので、やっぱ、粉もんは大阪やね!!たこ焼きのためだけに大阪に来たい。
IMG_5783

たこ焼き2つ食べたところで私もそろそろ伊丹空港に行かなければならない時間になった。心斎橋のグリコは仮の看板で綾瀬はるかバージョンだった。今はもう新しい看板になったんだろうな。
DSC03952

おっと、551の肉まんも買わねば。
DSC03958

難波3丁目の新歌舞伎座。
DSC03960

そして、なんばから伊丹行きバスに乗り、空港にも順調についた。が、ここでやってしまった。定期入れが無いのである。定期自体は買っていないのだが、オートチャージのSuica付きJALカード、新幹線のEx-ic、映画のカードなど入ったままどこかに落としてしまった。あーあ、ついていない。とりあえずカードを止めようと、伊丹でカード会社に連絡し、カード停止。あとは翌日、多分大阪で落としたと思うので、たこ焼き屋2店に電話するかぁ、と、もやもやして帰京。

後日、結局たこ焼き屋には定期入れが落ちておらず、もう定期入れは無くしたと思いきっていたが、何と、数週間経って大阪の西警察署からあなたの定期入れが届いています、と郵便が届いた。どうも私は心斎橋の駅で定期入れを落としたらしく、定期入れに入ってた名刺が鍵で、会社に郵便が届いたのだった。警察に電話をしたら、書留扱いで郵送して頂けるという事で、大阪に足を運ばなくても定期入れは無事に戻って来たのだった。落とし物が届く日本は素晴らしい、ということで一件落着。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加