Day3:エローラ遺跡Part2、ヒムローお買い物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日:2014/9/22

ランチを食べてエローラの続き見学。続きはヒンドゥー教石窟だが、正直16窟を過ぎると少し退屈。
DSC00352

内部も彫刻はあるが、16窟と比べるとね。
DSC00354

山をくりぬいた窟。
DSC00355

このあたりになると似た建物の繰り返し感は否めない。
IMG_6194

ヒンドゥーの彫刻なので女性たくさん、胸が大きいw
DSC00359

第21窟はナンディー(牛)が窟の前に鎮座している。
DSC00361

第23窟と第24窟。上が23窟かな?ここで下にいる男に「ここから上に3分くらい行くと壁画がきれいなところがある」と言われて執拗に連れて行こうとされたのだが、もし二人っきりでなんかあると嫌なのでお断りした。実際のところ、その壁画はあるのかは謎。
DSC00364

それにしても、ほんと何もない森の中によくこんな遺跡を作ったものだ。
DSC00366

第27窟。遺跡はこの先でいったん行き止まりで、ここから戻らないといけない。
DSC00367

内部の彫刻。
DSC00369

第27窟の先はいけそうでいけない。かつては通れたのかもしれないが、滝の下は今は通れない。
DSC00371

第20窟あたりにいたタクシーに乗って、滝を超えて第29窟へ。ここは大きな遺跡で人も多い。
DSC00373

ダイナミックな彫刻が多い。
DSC00374

王と女王と家来と取り巻き。細かいなぁ。そしてやっぱり胸が大きいw
DSC00376

柱も立派。
DSC00377

これも別の構図の王と女王。
DSC00380

リンガを収めた堂。
IMG_6195

腕がすごいことになってるんですけど。
IMG_6180

ヒンドゥー教最後の29窟を見終えて再び車。今度はジャイナ教石窟の30窟からの見学。ここは固まっている。
IMG_6181

一番ボリュームのある第32窟からまずは。
DSC00384

古いながらも細かい彫刻がみられる。
DSC00388

柱の像。
DSC00390

2階のホール。柱の彫刻も細かい。
DSC00391

柱拡大。
DSC00392

奥の仏像が収められているところ。
DSC00394

彫刻は銅色をしている。
DSC00396

天井には壁画も残されている。
DSC00399

象に座る仏陀。
DSC00400

建物は2階建てで上から見た外の建物。
DSC00401

2階の窓の彫刻も細かい。
DSC00403

中を掃除しているおじさんがいて、こっちに来るともっとすごいよ、と教えてくれた。
DSC00404

おおー、天井画!
DSC00405

ここは色もきれいに残っている。
DSC00406

踊りの壁画?仏教と比べるとヒンドゥー教やジャイナ教の絵は動きが大きいように思える。
DSC00408

並んだ女性と男性の祈り仏。
DSC00409

ジャイナ教の第31窟と第32窟は内部がつながっていて行き来できた。
DSC00415

アジャンタ、エローラと連日で周り終わり、インドってすごいな、という感想。町は雑然としていながらも、残る遺跡は世界レベルですごい石窟だな、と思った。ただ、アジャンタもエローラも、ガイドブックのどこにも書いていないこととして一つ注意しておきたいことは、遺跡がトイレ臭い!!これに限る。多分ネズミとこうもりの糞尿のせいだと思うのだが、結構臭いがするので、インドの人もスカーフで口を覆ってる人が多かった。私は臭いには鈍感なほうだけれども、敏感な人は口を覆うハンカチは持って行ったほうがいいと思った。

エローラからの帰り道、むちゃくちゃトイレに行きたくなって、運転手にどこかいいところない?と言って止まってもらったのがここ、Silk Bazaarという店。パイタニ(サリー用の大きな生地)とヒムロー(綿やシルクを織り込んだ織物)を売っているようだ。
DSC00422

結構立派な店舗。
DSC00423

裏に織子さんが働いている工房があって、織物の機械があった。
DSC00421

手前の織子さんにおり方を教えている男性社員。何種類もの糸を使っている。
DSC00418

結局本来の目的のトイレはインド式のトイレで紙も無くて、えー、って感じで使わなかった。その後、店でいろいろ見せられたら、このヒムローがほしくなってしまい買ってしまった。やはり値段というのは正直で様々な色と細かい模様になればなるほど高くて、これで7000円くらい。やっぱり5000円くらいのとは違うのよね。ちょっと高い買い物ではあったが、少しはディスカウントしてくれたものの、まぁ仕方がない。
DSC00498

黄色のシルクの色をベースとした柔らかい色使いが気に入った。
IMG_6153

裏の模様もきれい。ヒムローはインドでもこの辺のアウランガバードの特産ということで、もう滅多なことではアウランガバードにも来ないだろうし、ということで記念に買ったと思い込むことにした。
IMG_6154

結局トイレはここからもう少し行ったホテルは洋式で、そちらは問題なかったというオチ。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加