Day8:アルメニア正教の総本山・エチミアジン




旅行日:2014/10/8

アルメニアは世界の中でも歴史が長い国で、世界で初めてキリスト教を国教とした国である。エレバンの郊外、西に30分ほど行ったところにあるエチミアジンは「キリストが降りたところ」という意味を持つ名前であり、広大な宗教施設の名前でもあり世界遺産。そして、エチミアジンがある街の名前自体がエチミアジンである。エレバンに来たならば、ここは必ず行くべき場所。

エレバン2日目にて最終日なので、朝起きたらまずエチミアジンに向かうことにした。ホステル近くのバス停は大通り沿い。
DSC01841

アルメニアの旗と目抜き通りのアパート
DSC01842

陰に隠れたアパートは共産国のような無機質な大型アパートだ。ソ連っぽい。
DSC01843

エレバンで泊まっているenvoy hostel近くのバス停からは5番のバスに乗ると、前日にヴァナゾールからのマルシュルートカが着いたキリキアバスターミナルに向かうことができる。キリキアバスターミナルでエチミアジン行のバスかマルシュルートカに乗り換える作戦。
DSC01844

そして再びこの団地があるキリキアバスターミナルに到着。道の向かい側に地下道を通って渡ってバスを探すことにする。
DSC01847

タクシーが古いっす。さて、エチミアジンに行くにはここから111番のバスに乗るとのことだが、203のマルシュルートカでも行くらしく、バスが見当たらなかったので、その辺にいた203番のマルシュルートカに乗ってエチミアジンに行くことにした。
DSC01848

マルシュルートカの料金は250ドラム(約70円弱)。安いね。
DSC01850

マルシュルートカはエチミアジン横のバス停で停車し、エチミアジンの敷地内に入る。宗教施設なのではあるが、緑地が広くて公園のようだ。
DSC01851

ここを歩いていると3人のアルメニア人に呼び止められる。この3人は姉弟で左から姉兄弟。「アルメニアはどうだい?いい国でしょう」と話しかけられ、ついでなので、エチミアジンを案内してあげるよ、と案内される。
DSC01853

敷地内の奥の方に向かって歩いていくとこちらがエチミアジンのカテドラル。しかし外観修復中だった。
DSC01919

入口の装飾が美しい。
DSC01856

エチミアジンとは「キリストが降りたところ」という意味で、カテドラルの正面にあるこの台座にキリストが降りたといわれている。
DSC01860

聖職者・巡礼者はここに向かってお祈りをしている人も多かった。
DSC01880

正面のイコンもカラフル。
DSC01877

大理石になぞられたマリアと12使徒。
DSC01863

巡礼者はろうそくを奉納する。このスタイルよくあるね。
DSC01867

正面の半ドーム部分の装飾。結構色が残っているので修復しているのかな?
DSC01869

アルメニア語でのエチミアジンの説明かな?
DSC01870

塔のドーム部分もあまり古さを感じないので修復後だと思われる。
DSC01875

さて、右側の方に扉があって、こちらの向こうは宝物館になっている。チケットはいったん教会の外に出てお土産店で購入する。
DSC01876

エチミアジンで過去に使われた神父の法被やミサに使われる十字架等の道具が飾られている。
DSC01887

ミサで使われる十字架とミサの時のお香を入れて振り回す香炉。トビリシのシオニ教会でもこのようなものを使っていた。
DSC01883

巨大な香炉と十字架。
DSC01884

黄金の法被
DSC01885

こちらは聖書を置く台なのかな?黄金だし装飾も宝石を使っているので豪華。
DSC01894

宝物館の天井のペイントもきれい。
DSC01886

アルメニア語の聖書。きれいな色使い。
DSC01888

アルメニアでも総本山と呼ばれるエチミアジン。アルメニア人にとっては世界で一番古いキリスト教の歴史は誇りでもあるのだろう。
DSC01898

入口の天井模様。顔顔・・
DSC01901

こちらはキリスト?エチミアジンの聖人?
DSC01902

床に埋め込まれている大理石に刻まれたアルメニア語の聖書の言葉なんだろうか?
DSC01904

エチミアジンは男性修道院なのか、男性の聖職者をよく見かけた。体を覆う黒い法被を着ているが、携帯電話で話しているのはやっぱり現代だな、と思う。
DSC01907

エチミアジンのカテドラルの横に、新しいカテドラルがあるのでそちらも覗いてみた。
DSC01906

入口。
DSC01912

中に入ると十字架のスリットが十字に配置されており、光で十字架が浮き上がる構造になっている。アルメニアの教会は教会内の光を外部の光を取り込むような、スリットの窓があいていることが多いが、この十字架のスリットも過去から現代への発展形。新しいけどuglyではない建物だと思った。
IMG_6880

エチミアジンの敷地内には様々なハチュカルも展示されていた。
DSC01914

十字架とクロスの模様が細かい。
DSC01916

エチミアジンは敷地が広く、カテドラルだけでなく、オフィス等、いろいろな建物があるようで、敷地は大学のようだった。
DSC01921

中東のオバQ装束ではないけれど、この法被はなんか好き。
DSC01922

なんとなく大学キャンパス風。
DSC01924

こちらは本&お土産屋。
DSC01926

1時間半ほど滞在し、正門から退却。この塔はなんなんだ?
DSC01934

エチミアジンの市の旗かな?黄色地に紫の十字
DSC01936

エレバン市内の車は新しい車が多かったが、エチミアジンはソ連時代?と思う車が通常使用。
IMG_6852

帰りも結局適当に道でマルシュルートカを止めて、「エレバン行く?」と聞いて帰ってきた感じ。エレバン-エチミアジンはかなり頻繁にマルシュルートカが走っているようだった。エレバン市内に近づく橋の手前にコニャック工場のアララトを見かけた。日本でいうと富士山のような山がアルメニア人にとってのアララト山であり、その名前を付けたコニャック。
DSC01943

アルメニア国旗が並んでることなんてそうそう見ることが無いだろうな、と橋横断中にとった一枚。
DSC01946

エレバンからエチミアジンは所要時間としたら移動も入れて半日あれば行けるな、という感じだった。午後からはエレバン市内を観光しよう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加