Day2:南大門市場のウンホ食堂でコリトマッ、おしゃれなカロスキル散策とドラム缶カルビから弘大入口→空港コース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日:2015/3/29

寝たのが3時で翌日の日曜は夜の便だったのもあり、自然と目が覚めるまで寝ていて、起きたら9時半だった。朝風呂浴びたりしてたら10時半にシロアムから退却。かなりのんびりスタートのソウルの朝となってしまった。何食べようか。いつも朝と言えばソルロンタンなのだが、何か変わった物を食べたいとガイドブックでみつけたのはコムタン。ソルロンタンと同じく牛のスープだけれど、骨をいれないから透明スープだとか?

シロアムから近いところでどこがあるかしら?と調べたら南大門市場にあるとの事で、行った事無いし、2日目のスタートは南大門市場に行く事にした。シロアムからはソウル駅まで行かないうちにあるここのバス停から463番バスに乗ると南大門市場に行くらしい。
DSC06540

そして南大門市場に到着。見た感じ服屋ばっか。
DSC06541

まずは腹ごしらえ!こちらのウンホ食堂に来てみた。
DSC06548

ウンホ食堂は創業70年の古い店らしい。コムタンもあるのだが、この店は牛テールスープ=コリトマッが有名とのことで、お昼も近くなって来たし、予定変更でコリトマッを食べる事にした。
DSC06555

店の中は庶民的。まだ11時半前だったので人は少なかった。
DSC06551

キムチ・カクテキは食べ放題。そして出て来たよコリトマッ。ソウルナビとかでは19000ウォンと書いていたが、今跳ね上がっていて21000ウォンだった。ちょっと普段のソルロンタンより高いけど肉がすごい。
IMG_0472

牛のしっぽのぶつ切り。真ん中の骨の周りは軟骨コラーゲン。そして肉が結構付いている。ちょっと食べにくいけどスープもこってりしてて美味しかった。韓国はスープがおいしくて好きだわ。
DSC06554

さて食べた後は実は南大門市場は始めて来るので少し散策。屋台のお店が賑やかになって来た頃だった。南大門市場の地下鉄駅すぐの所にいるおばさんのこのホットック人気のようで買っている人が多かったので私も覗いてみる。1個1000ウォンからって安い。
DSC06559

そして私も野菜ホットック1000ウォンを注文。
IMG_0474

野菜ホットックは中にチャプチェが入っている。美味しい。
IMG_0476

他にはおでん屋台もあったり
DSC06560

フルーツ屋台もあった。見ていて楽しい。
DSC06561

あとはこのように食材が野ざらしで好きな物を焼いてくれる屋台とか。ちょっと魚の野ざらしは怖いけれども・・・。
DSC06566

価格帯はこんな感じ。
DSC06562

他には朝鮮人参のお店があったり。おまけバリバリしてくれるんだw
DSC06568

道の真ん中で揚げドーナッツやスイーツを売るおじさんがいたり。
DSC06569

端の方には、おや、これは広蔵市場で見た事があるピンデのお店ではないか。同じポニーテールのお姉さんの看板。
DSC06570

正直衣類は興味ないけれど、屋台の見学が面白い南大門市場だと思った。
DSC06574

もちろんセルカ棒も売っているけれども、最近はこのアナログ電話風にする受話器が流行ってんのね。
DSC06575

南大門市場に怪しい通り発見。
DSC06577

「タチウオの路地にある」って日本語がまず意味不明。
DSC06578

入ってみると太刀魚の看板ばっかり。
DSC06586

そしてこの通りのディープさと言ったら。まず、ローカルの人しか入ってなさそうな店ばっかりなのと、店のキッチンが人が通るこの通りに面しているのだ。なんだこれw
DSC06587

日本だったら絶対に消防法でアウトになりそうな店の作りだ。人が通る通路の横がこんなんなので、キッチン丸見えw
DSC06588

こっちでは魚焼いてるしw
DSC06589

あいにく太刀魚がソウルでどんな調理をされるのかは食べる事が出来なかったが、このディープな太刀魚通りを体験できたのは面白かった。
DSC06590

ちなみに太刀魚通りの出口にはこんな包装紙屋さんがあったり。
DSC06592

再び外にでるとコーナーに混んでいる店があった。
DSC06585

饅頭?を売っている店らしい。
DSC06584

すぐ隣では揚げドーナッツ。
DSC06583

そのまま歩いていくと豚足がゴロゴロ。
DSC06579

コラーゲンがプリプリしていて美味しそうだったけれど今はお腹が一杯。韓国は食の誘惑が凄まじい。
DSC06581

通路の衣類に目をやると、「にせものの」と正直に申告している看板あり。これ売れるのか?w
DSC06593

南大門市場、というには南大門があるんです。とりあえず見ておいたw 東大門といい、一度やけたのを復興したんだっけ?あまり面白みの無い建物だ。そもそも韓国に歴史的なモニュメントはあまり期待してないけどね。
DSC06594

こちらもソウルで流行っていた食べ物。たい焼きの形に焼いたワッフルなんだけど、アイスクリームのコーンのように立体的でタイの口が空いたところにソフトクリームを入れているもの。これ日本でも流行ったりして?
DSC06597

太刀魚横丁に引き続き、カルグクス通りも一応偵察。おばちゃんの開ける扉の向こうがそう。
DSC06604

この通りに沿ってカルグクス=うどん屋が固まっている。屋台スタイル。
DSC06601

ここを通るだけでもう客引きがすごい。
DSC06602

カルグクスの麺はその場で作っている。お腹に余裕があれば食べたかった。
DSC06603

なかなか楽しかった、南大門市場。食べ歩きするには良いね。
DSC06607

さて、南大門を後にし、あまり行った事の無いところに行こうと今度はカロスキルに向かった。地下鉄3号線新沙駅の近くの新沙洞にある通りをカロスキルと呼ぶらしい。若い女性に人気の通りだとか?新沙の駅にあった美容整形の広告が・・・みんな整形すると同じ顔って感じで怖かった。変わり過ぎだろw
DSC06608

駅でるとre:skinのお店が目立つ。ここでも再生クリーム売っているらしいけどまだ家にあるので場所だけ。
DSC06609

更に歩いて行くと背の高いビルが見えてくる。ここを左に曲がるとカロスキルらしい。
DSC06610

カロスキル入口。あらなんかカフェとかおしゃれな感じ?School Foodというカフェがあったり、
DSC06614

Korean Dessert Cafeの雪氷(Sulbing)。
DSC06615

オープン風で3階建てのこのカフェもおしゃれだった。
DSC06616

こちらはヨーロピアンの田舎風?
DSC06617

時々行列があったりしてみてみたらLINEのショップだった。この熊w
DSC06621

基本、カロスキルの通りに沿って1階は雑貨等のお店、2階がオープンカフェが多かった。まだ3月でやっと暖かくなってきたばかりなのに韓国の人はオープンが好きみたい。
DSC06622

VOLVOの北欧展が人気で大行列だった。そんなに面白いのかな?
DSC06623

カロスキルをふらふら歩いていたら1本はずれた道にすごく目立つカフェがあった。コーヒーというよりは紅茶の気分なので入ってみる事にした。
DSC06624

店内が紅茶の缶で一杯。こちらはBASILURというスリランカの紅茶の茶葉の会社がやっているカフェとのことらしい。日本では茶葉がかろうじて通販で買えるだけでカフェ店舗は無いようだ。ソウルの方がこういう世界展開している外資は日本より早いよね。
DSC06637

お土産にも良さそうな包装の紅茶。
DSC06627

座席の奥のオブジェアップ。
DSC06625

さて、私は紅茶を注文。5800ウォンで結構良い値段。ちなみにアフタヌーンティーセットもあるようだ。
DSC06626

箱の模様がきれいだなと。
DSC06628

ケーキは値段を見てみると6500ウォンとか普通でちょっと高すぎ。美味しそうだけど。
DSC06629

窓際の席は紅茶の缶。これが外から見えて、あ、ここ紅茶の店かな、と気がついた。ちょっとTWGあたりを意識したインテリアかな。
DSC06635

紅茶はカップとポットが重なる茶器で出される。お茶っ葉からの香りが強くて美味しい紅茶だった。
DSC06636

紅茶休憩している間にツイッターでフォロアーさんから、その近くに美味しいパン屋さんがありますよ、と教えてもらった。BASILURから少し北で小学校の北側にあるALASKAというお店。この店もおしゃれだわ。
DSC06641

パンがいっぱい。
DSC06644

値段はそこそこするけどどれも美味しそう。
IMG_0478

フォロワーさんお勧めのエクレア。この日はキャラメル味しか無かったけれど普段はコーヒー味もあるようだ。3つあったので2つ買ってしまった。小さくてほんのり甘いキャラメルのクリームが美味しかった。私は帰りの地下鉄で食べちゃったけれど、時間のある人はイートインで食べるのもよさそう。
DSC06645

これ美味しそうで買っちゃった。クイニーアマンかな。
DSC06647

オリーブ入りフォカッチャも翌朝用に購入。どちらも美味しかった。ソウルでもかなり洗練されたパン屋さんだと思った。
DSC06650

さてさて、カロスキルを後にする頃でもう3時過ぎ。飛行機は夜の7:20なのでまだ時間があるけれど、そろそろ巻きに入ろう。朝のような昼のような牛テールスープの後食べてなかったので、少し早めの夜ご飯。かねてから気になっていた新村のソソモンヌンカルビチムッへ。ここは通称・ドラム缶焼き肉と呼ばれる、立ち食いのカルビ焼き肉屋だ。新村の駅から歩く事5分ほど。ラブホテル街のはずれに店がある。時間は3時40分ぐらいだったのだけど、それでも行列。DSC06654

私も並んで待つ事にした。中の様子をうかがうと皆立ち食いで肉食べてる!そして煙モクモク!
DSC06656

向こうに見えるはラブホテルでありますw
DSC06657

さて、ちょうど15分くらいで店の中に入ることが出来た。ドラム缶の焼肉コンロ!
IMG_0480

さて、ここは注文はカルビ2本からが最低で、お店の人にも2本からだけど、というようなことを韓国語で聞かれる。もちろんそのつもりで来たのだ。2本ってこのくらい。1本15000ウォン。
DSC06660

最初はおばちゃんが切りに来てくれ、後は頃合い見て自分で焼いて食べる。
DSC06662

みんなこんな感じで、ビールとかショジュとか飲みながら焼肉つまんでる。
DSC06666

ちなみに衣類とバッグはこのような状態。煙がすごいのでゴミ袋に入れたらにおいの影響は少なかった。
DSC06671

だんだんとやけて来た。でもこれおばちゃんひっくり返してくれるのかな?→正解は最初だけしか切ってくれず、切った跡は自分で食べなさい、という事らしい。
DSC06667

ぼーっとしていた私をみた隣のお客さんが私の焼き網で肉をひっくり返してくれた。一人にしては肉が多いから、たれの中に半分入れて、あと残り食べたら、こちらを食べて、と指示付き。どうもありがとう!
DSC06673

食べごろ。柔らかくて美味しいわ。肉好きには最高ね。ニンニク入りのたれに浸して食べるのもまた美味しい。
DSC06674

ここのビールはdと大きく書かれたビールだった。
IMG_0482

唐辛子は生でも食べてみたけど私は焼いた方が好きだった。肉の箸休めに最高。
DSC06676

更にラストスパートで新村から弘大入口までバスで移動。空港鉄道は弘大入口にも駅があるので、この辺で時間調整すれば乗り遅れる事は無いだろう。
DSC06679

こちらが弘大こと弘益大学校。大きな建物だ。

DSC06701

弘大入口は学生街。若い子向けの店が多い感じ。
DSC06682

最後にカフェに立ち寄る事にした。カロスキルにもあったSulbing。
DSC06690

店内はセルフ式で注文をレジで取って自分で運ぶシステム。
DSC06691

季節限定のイチゴのかき氷。確か9000ウォン。イチゴの餡に大福乗っかって更にイチゴ。ほんのりコンデンスミルクもかかっている。基本韓国って複数人で食べるの前提だからこれも2人用ぐらいの大きさ。
DSC06696

このかき氷、中が白い。牛乳を凍らせた氷なので、ほんのり牛乳の味がするのが美味しかった。氷がふわふわしていて量が多いと思っていながらも食べられてしまった。中にはあんこも入っていた。
IMG_0486

明洞とはまた違った雰囲気の弘大付近。観光客が少なくて地元の20代の子達が多かった。
DSC06693

そして帰りのお土産用キンパはかき氷を食べた弘大のSulbingの真向かいにあるBaPuriで買う事にした。
DSC06686

こちらの豚肉入りキンパは炭火焼を売りにしており、美味しいとの事で試してみる事に。3500ウォン。
DSC06687

これは翌日食べた物なのだが、確かに中に挟まっている肉は炭火で焼いた香ばしい味がしていて、具もタクワンとかじゃなくて美味しかった。おすすめ。
IMG_0514

ソウルはまだ桜の時期ではなかったけれどモクレンかなにか、白い花の木が見頃だった。
DSC06704

弘大入口から帰りの金浦空港までは30分程度で近い!そして帰りはJALのエコノミーがビジネスクラスにインボラされてラッキー。
DSC06710

思わぬところでビジネスクラス。
IMG_0512

そして思わぬところで食事も良かったので食べてしまい、後で食べようと思っていたキンパは翌日に食べた。和食の機内食は品数も多くて美味しかった。
IMG_0513

ソウルで食べるだけなら本当週末だけでも十分。また食べ歩きしたいな。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加