アメリカ転職(9)不要な服・本・CDの買取

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




ごみは捨てるだけだとお金がかかる。しかし、お金に替える方法もある。時間があればヤフオク・アマゾンでじっくり売ればいいのだけど、手っ取り早く、手のかからない方法での処理を紹介する。

服<Mode Off>

服はusedで価値は無いかな、と思いつつも、ブランド物だけをセレクトしてまとめてMode Offで服を売りにいくことにした。もって行った量これくらい。
IMG_1748

下北沢のMode Offに持っていった。査定するのに1-2時間かかるとのことで、近所でランチしながら気長に待っていた。査定完了のお知らせを携帯で受け取り、店に再度戻る。

IMG_1749

査定結果はこちら。ごみにしかならないかと思ったら意外にもMax&Coのコートの威力で買い取り額4,846円。うれしい臨時収入。
IMG_1752

本とCD<Book Offの宅本便>

本は後述するAmazonでの代理販売とBook Offに買い取ってもらうのに仕分けした。Amazonで高そうに売れる本はAmazonで売ることにし、それ以外とCDをBook Offで売る作戦とした。Book Offは店舗もあるが、車がないと店舗まで持っていくのも大変なので、自宅に引き取りに着てくれる宅本便を使うことにした。申し込みはBook Off Onlineから。Takuhon

ホームページには「翌日にすぐ集荷」とあるが、実際5/27に申し込んだら、5/28の午後の集荷に来てくれたので、ホームページ通りに翌日集荷対応をしてくれた。箱は自分で用意した箱に入れ、佐川急便が集荷に来た。送料は無料だし、重い箱をわざわざ店に持っていく必要はないし、とても楽だった。 5/28に集荷をし、査定結果が出たのが6/4。1週間で査定をしてくれるのは早いと思った。   

実際の査定結果は以下。買取額10%アップクーポンがあり、1割り増しで買い取ってくれ13,356円の収入。送った品数の2/3が値段が付かなかった割にしてはなかなかの金額で馬鹿にはできない。

bookoff  

本<アマゾン代理販売・代理販売ドットコム>

ブックオフよりは高く売れるかな、と思った本をセレクトして代理販売ドットコムを通じてアマゾンに出品してもらうことにした。これは受け付けた本を3ヶ月間、アマゾンに代理で出品してくれ、発送まで含めて代理でやってくれるというもの。

dairi

集荷に関してはこちらも佐川急便が引き取りに来てくれ送料は無料。しかし、1箱あたり集荷手数料として箱のサイズに応じて1箱あたり190円から440円の手数料が買い取り額より引かれる。

Book Offとは異なる点は、時間が結構かかるということ。本が先方に到着してから、アマゾンで実際出品が開始されるまで値付けに1ヶ月かかり、そこから3ヶ月かかって代理販売になる。私の場合は5/28に先方に本が届き、出品準備が整ったのが7/2、そこから9/27までアマゾンに出品がなされた。

実際アマゾンに出品が開始されると、売れると「注文が入りました!」というメールが飛んでくるので、実際どの製品がいくらで売れたのか確認できたのは面白かった。自分が何もしなくてもアマゾンでそれなりの値段で売れるので、1冊10円とかよりはよいのだが、ただその分手数料は取られる。手数料の詳細はこちら

取引終了後のサーバーのデータが消えてしまったので、最終振込み額だけになってしまうが、結局私は14,083円に換金できた。捨てれば0円の本がこれだけになったのなら御の字。

まとめ

①服(Mode Off):4,846円
②本・CD(Book Off):13,356円
③本(代理販売ドットコム):14,083円

合計:32,285円

不要物も売ればまとまったお金になることがよくわかった。しかも今回は日本出国前の最後の週に全部処理し、服以外は実際の査定と買取はアメリカにいながら金額を銀行振り込みで受け取れたのもよかったので、最後にあきらめて捨てる前に、ブックオフや代理販売ドットコム売ってみると、意外な臨時収入に繋がるのでやってみて損はないと思う。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加